[CML 037552] 【報告】第1494日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 5月 23日 (土) 08:05:12 JST


青柳行信です。5月23日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

<6.7 3万人大集会メッセージ>
☆蜆閑蔵 さんから:
原子力発電は核発電と云うのが真実のようです。
 騙され続けて来ました。
フクイチの事故は核事故です、広島長崎、第五フクリュウ丸と同様な核犯罪です。
 核発電の再稼働に強く反対します。

 == 集会成功のため ご賛同 ご協力 お願いします。==
 ●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡● 
    〜川内原発のスイッチは押させない!〜
ホームページ http://bye-nukes.com 
       チラシ・賛同・メッセージ
再稼働阻止の意思表示カンパ賛同金ご協力のお願い。
  http://bye-nukes.com/info/donation.php

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1494日目報告☆
      呼びかけ人賛同者5月22日合計3872名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
     
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働 は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 
 青柳さん
お疲れさまです。
安倍首相の「ポツダム宣言を読んでいない」、発言にはあきれるばかりです。
「戦後レジームからの脱却」を言いながら、戦後体制のもとになった
ポツダム宣言を押さえてないのですから、何をかいわんや、です。
そのような無定見な人に この国は 委ねられません。
あんくるトム工房
アンシャン・レジーム   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3481

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆日本が提案するころ中国が反対に回る核兵器の反省
      (左門 2015・5・23−1030)
※「己の欲せざるところ人に施すなかれ」は世界的な徳である。
しかし、「造反有理・革命無罪」などという反道徳をごり押しした
「文化大革命」以来、有徳の国は途絶えて、批判された4人組
は消えたが、親玉の毛沢東の肖像画が天安門に掲げ続けら
れてのさばっている。白猫・黒猫という資本主義だけではなく、
大海軍を持ったら世界の海を支配したくなって蠢いている。
明治維新で軍国主義になった大日本帝国の二の舞に陥って
いる。括目せよ、「広島・長崎」は世界倫理の起点である!!

★ 久保田 さんから:
  川内・原子力発電所再稼動差止めにおいての、重要資料です。
■ 原子力施設における火山活動のモニタリングに関する検討チーム
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/kazan_monitoring/00000018.html
宜しくお願いします。 (2015/0522) 

★ 舩津康幸 さんから: 
5月23日の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号34.まで)
記事全体は⇒ http://tinyurl.com/n25bdae
こちらのFBにも書き込んでいます⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
鹿児島から川内(せんだい)原発再稼働に反対して北上を続けている「311キロ・リレーデモ」、熊本3日目。
予定表では、きょうは、熊本駅東口前9:00→坪井川公園12:00〜13:00→山鹿市役所前16:50となっています。
今朝は、冒頭に昨日の1.の川内原発の続報からはじめます。

1.●●「川内2号機も工事認可=1号機に続き−規制委」時事通信2015/05/22-15:49
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015052200554
原子力規制委員会は22日、九州電力川内原発2号機(鹿児島県)について、再稼働の前提となる工事計画を認可した。原発の新規制基準が施行されて以降、工事計画の認可は同原
発1号機に続いて2基目。
 規制委は昨年9月、川内1、2号機の設計の基本方針が新基準に適合していると判断。設備や機器の具体的な設計内容を示した工事計画が、基本方針に沿っているかどうか審査を
進めてきた。
 先に工事計画の認可を受けた1号機は、7月下旬の再稼働を目標に、規制委の使用前検査を受けている。2号機の工事計画には、1号機の再稼働に必要な非常用発電機などの共用
設備も含まれている。
 再稼働には他に、通常時の運転管理や事故時の対応手順などを定めた保安規定の認可も必要で、規制委の審査が続いている

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<伊方原発審査書案の(4)-1.2.2 格納容器破裂防止対策部分の検討>を報告します。

2015年5月18日に原発さよなら四国ネットワークから田中俊一原子力規制委員会委員長宛に要請書が提出されています。
 その中に
************
2.また、昨年11月の川内原発再稼働の地元同意プロセスの中で明らかとなりましたが、立地県の伊藤鹿児島県知事は、「5.6テラベクレルの放射能を放出する事故が100万年
に1回の確率に抑えることができる」旨の現状認識を示しています。
 「伊藤知事に説明はしていない」、旨の田中委員長の国会答弁が先日あり混乱していますが、この「100万年に1回の確率」という発言は原子力規制委員会が平成25年の第1回規
制委員会会合で議論し合意を取ったことに基づいていますから、公開された議事録を読んで伊藤知事がそう判断しても不思議ではありません。
 このような低い確率は、「万が一」という範囲より十分小さいから、伊方最高裁判例に新規制基準が適合していると判断するのは規制委員会にとっては妥当とお考えかもしれませ
ん。
 しかし、川内原発、高浜原発については「100万年に1回の確率」に適合するかどうかを、規制委員会自身が審査し、合格を出してはいません(記者会見において田中委員長が審
査したと認める発言をした後、発言の訂正文が出されています)。この確率を合否判定をする基準として使っていない現状で規制委員会が合格を出していること自体が、安全性をない
がしろにした、再稼働のための形式的審査に堕している証拠ではありませんか。
************
2015年5月20日に伊方原発の審査書案が公布され、5月21日からパブリックコメントの公募が始まりましたが、四国ネットワークの要請文が指摘されている、伊方原発3号
炉の過酷事故発生時、セシウム−137の放散が5.6テラベクレルになるのか、チェルノブイリクラスになるのかの審議は、審査書案の?(4)-1.2.2 格納容器破裂防止対
策がP176〜P212で審議されていると思われます。
この審議内容は、川内原発の審査書案は?(4)-1.2.2 格納容器破裂防止対策がP170〜P206、高浜原発の審査書案は?(4)-1.2.2 格納容器破裂防止対策がP
178〜P214と読み比べると、個別の炉の仕様が変わっている数値は少し違いますが、(滝谷紘一さんが指摘されている高浜原発のMCCIによる水素発生量のごまかし以外
は)全体の論旨も各文章もほとんど同じでした。
ただ、3つの審査書案で目立つのは、高浜原発の作業員が2炉で「? 本評価事故シーケンスの対応及び復旧作業に必要となる要員は、3 号炉及び4 号炉合わせて84 名である。これに
対して、重大事故等対策要員は118 名であり対応可能である。」に比べて伊方原発は1炉で「? 本評価事故シーケンスの対応及び復旧作業に必要となる要員は28 名である。これに対
して、重大事故等対策要員は32名であり対応可能である。」
これは川内原発の「? 本評価事故シーケンスの対応及び復旧作業に必要となる要員は、1 号炉及び2 号炉合わせて52 名である。これに対して、重大事故等対策要員は52 名であり対
応可能である。」とも合わせて考えると、福島第一原発の過酷事故当時の要因に比べて、関西電力は少ないといってもそれでもまだましで、2炉ある川内は52名で、1炉の伊方は
32名と実に頼りない状態と思われます。
 川内原発のパブリックコメントと高浜原発のパブリックには、原子力規制委員会はそれに対する考えを説明していますが、審査書案の非はまったく認めていません。
 其のことを、原子力規制委員会に異議申し立てしていますが、原子力規制委員会は異議申したての審議を非公開にする事を決定し、今日までほおかむりして、しらぬふりをしたま
ま、川内原発の再稼働をさせようとしています。
 異議申し立ての内容や、イグナイターによる水素爆燃は明らかなトリガーなので、実炉にはトリガーが無い等の詭弁も徹底的に追及したらと良いと思います。

★ M.Shimakawa さんから:
東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、福島県内で実施し
ている県民健康調査の検討会が18日、福島県内で開催されまし
た。事故当時18才以下の子どもを対象に実施している甲状腺検
査で、悪性または悪性疑いと診断されているのは10人増えて
126人となり、そのうち103人が手術によって甲状腺がんと
確定しています。

 事故前には、100万人に1〜2人と言われていた小児甲状腺
がん。委員会では、それが数十倍に増えたことを認めていますが、
被ばくの影響とは考えにくいとしています。

 健康に関する不安が払拭できなまま、政府は2年後の2017年
には、年間50ミリシーベルトを上回る帰還困難区域以外の全ての
地域の避難を解除しようとしています。同時に、自主避難者の住宅
支援を打ち切るとの報道もなされています。

 避難者をゼロにして、五輪を迎えたいー。そんな思いが見え隠れ
します。避難者の多くが、今政府の方針に反発を覚え、怒りを抱え
ています。

News「福島県『国と協議中で言えない』〜住宅支援、県の姿勢見えず」
http://ourplanet-tv.org/?q=node/1916

News「福島の小児甲状腺がん疑い例含め126人に〜鈴木眞一氏は退任」
http://ourplanet-tv.org/?q=node/1915

★ 京都の菊池 さんから: 
下記の投稿を書きました。ぜひお読みいただき、多くの人に伝えてください。よろしくお願いします。

[CML 037544] 京都・市民放射能測定所開設3周年の集いの動画(白石草さんのお話河野康弘さんのピアノ)河野さんのライブ
http://list.jca.apc.org/public/cml/2015-May/037717.html

この中より、
・・・
当日の様子については下記から動画でご覧頂けます。
回線が安定している方はIWJさんのUSTREAMを、回線が少し不安定かもという方はツイキャスの方をご覧ください。
(USTREAMの方が高画質ですが、その分だけデータも重く、簡単に見たいという場合にはツイキャスがオススメです)
 
● ツイキャス
 白石草さん講演・上映会「チェルノブイリ 28年目の子どもたち」 
http://twitcasting.tv/soundsandrooms/movie/169241815
 河野康弘さんピアノコンサート(前半)
http://twitcasting.tv/soundsandrooms/movie/169274056
 河野康弘さんピアノコンサート(後半)
http://twitcasting.tv/soundsandrooms/movie/169282118

● IWJさんのUSTREAM
2015/05/17 【京都】市民測定所開設3周年の集い(動画)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/245893

「行きたいけど行けなかった」
「行ったけれどもう1度見たかった、聞きたかった」
という皆さま、お時間のある際に是非どうぞです。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2489】2015年5月22日(金)
┏┓
┗■.「除染しても戻れないとわかっている、帰れない」
 |  原発事故の責任追及・検察審査会頑張れ集会
 |  5月21日福島原告告訴団が集会と院内集会
 └──── 坂東喜久恵(たんぽぽ舎)

  福島原発告訴団は、福島第一原発の事故と被害について、責任追及のため数次にわたり東京電力や旧保安院の担当者を告発しています。
 検察が不起訴を決めた案件を検察審査会で再度審議し、起訴を求めています。
「審査会頑張れ、きちんと起訴相当を決定してほしい」と、毎度福島からも駆けつけて激励行動をしています。
 5月21日は春というよりは初夏という感じで、審査会が開かれる東京地裁前には、200人弱の人が昼過ぎから集合。「検察審査会頑張れ」と集会を持ちました。
 武藤類子さんのあいさつから始まり、今も避難している方々からの、「除染しても戻れないとわかっている、帰れない」等々の切実な訴えが続きました。また国の被害者切り捨て
の政策に大きな怒りが訴えられました。
 担当の弁護士(海渡、安田両氏)からは、各告訴の流れや状況についての説明。
 広瀬隆さんは、「今も、そしてこれからガンが増えてくるという心配がある。裁判については疑問だったが、このところ少し信じられるようになった。でも、裁判も出来ないなん
て変だ。」と訴えました。次回は、6月18日(木)です。

★ 坂井貴司 さんから:
 沖縄県本当北部はヤンバルと呼ばれています。アメリカ軍のジャングル戦訓練
場があり、ヘリパッドが建設されているこの地域は、過疎化が進んでいます。

 那覇への一極集中が進む中、本島北部、国頭村にある与那集落の人々が「無い
もの以外はすべてある」をスローガンに、地域振興に立ち上がりました。

 「コンビニもない。映画館もない。ジャスコもない。だけど、与那が好き!」
を合い言葉に、自力で活性化に努める人々を描きます。

 九州沖縄限定の放送です。 JNN九州沖縄ドキュメント ムーブ
 「何もないけど与那が好き!〜“故郷愛”で地域を再生〜」
 http://rkb.jp/move/move_next.htm
 放送日:5月24日
 RKB 5:15  NBC 25:20  RKK 26:20  OBS 25:20
 MRT 24:50  MBC 5:45  RBC 25:50

 −−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

 ●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
      新作 九電前ひろば 音楽と詩
   https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●<私のフェイスブック>●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  〜川内原発のスイッチは押させない!〜
    福岡市舞鶴公園: 福岡市中央区城内1番
     地図 http://tinyurl.com/n6wl32h

<事務局会議>
  1)日時 6月1日(月)18時30分〜21時
  2)場所 福岡市人権啓発センター
        福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

 <<九州電力による川内原発再稼働を目前にして、
6月7日(日)、史上最大規模の集会を開催>> 大成功のため
 ホームページ http://bye-nukes.com で登録・ダウンロード。
    チラシ・賛同・出店(マルシェ)・メッセージ

・再稼働阻止の意思表示カンパよろしくお願い致します。

郵便振込み:口座記号番号  01710−4−143553
 加入者名   原発いらない九州実行委員会

他銀行から:  店名(店番)  一七九店(179)
        預金種目    当座
        口座番号    0143553
                        
● <連続講座「原子力発電と私たちのくらし」第9回講座>● (対話のつどい)
 「テント広場から見えてきたこと〜九電本店前ひろば1501日目の報告〜」
 と き  2015年5月30日(土) 13:30開場  14:00開会
 ところ  大牟田文化会館研修室
      (大牟田市不知火町2-10-2 TEL 0944-55-3131)
案内チラシ http://tinyurl.com/q7xzhbv

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第13回裁判判 6月11日(木)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数9244名 (5/22日現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内