[CML 037549] 野党幹部に「中谷大臣の暴言撤回と辞任」を求めるよう要請を!

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2015年 5月 22日 (金) 23:17:31 JST


★野党幹部に「中谷安保法制担当相の暴言撤回と辞任」を求めるよう要請を!
 http://kosugihara.exblog.jp/21255196/  [転送・転載歓迎/重複失礼]

東京の杉原浩司です。

本日5月22日(金)午後、中谷元・安保法制担当相による「自衛隊員のリ
スクは増大せず、隊員の安全性は高まる」との信じがたい大暴言を受けて、
野党各党の幹部にあてて、緊急要望書(後ろに貼り付けました)をファッ
クスしました。

民主党の岡田代表は午後の記者会見で、「自衛隊員の命に最終的に責任を
持つ防衛省のトップである大臣のことばとして非常に残念」「リスクが高
まるという単純なことすら認めないのであれば、議論が成り立たない」と
厳しく批判しました。

岡田代表 自衛隊員のリスク高まると認めるべき(5月22日、NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150522/k10010088601000.html

「議論が成り立たない」大臣に対しては、その辞任を要求するところまで
踏み込んでほしいと思います。

そして現在、特別委員会での審議入りをめぐる与野党の攻防が緊迫の度を
増しているようです。

安倍・中谷発言を追及へ=安保法案、26日論戦入り-野党(5月22日、時事)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015052200830

最新状況を伝える上の記事のポイントは、
・「与党は27日に特別委員会を開き、実質審議入りを求めたが野党は応じず」
・「野党は、(1)今夏までの成立にこだわらない、(2)菅官房長官も委
員会に常時出席する、などを要求したものの折り合わず、25日に再協議へ」
・「25日には民主・維新両党の幹事長・国対委員長が、26日には政調会長
らが会談し、国会対応などについて意見を交わす」

週明けの25日(月)から、衆院本会議で趣旨説明と質疑が行われる26日(火)
にかけての審議入りをめぐる攻防がどうなるのかは、このウルトラ違憲立
法の行方を大きく左右するのではないでしょうか。

出来ればこの週末のうちに、野党、特に鍵を握る民主、維新のキーパーソ
ンに対して、ファックスなどで声を届けてください。数で圧倒的に勝る与
党の強引かつ傲慢なやり方を食い止めるために、市民の強力な後押しが緊
急に必要です。

「中谷大臣の暴言の撤回と辞任要求を」「中谷大臣の辞任なしには26日の
本会議での審議入りは中止すべきと要求を」「一括法案の撤回要求を最後
まで貫いて」などについて、短いものでも構いませんので(ご自分の言葉
で)、一通でも多くの声を集中してください。

なぜ戦争法案に反対するのかについて、ご自身の思いを添えられてもいい
と思います。ツイッターやフェイスブックなどでお知り合いにも広めてい
ただけると助かります。

【民主党】
◆岡田克也・代表(衆議院・三重3区)
(FAX)03-3502-5047 (TEL)03-3508-7109
(メール) webmaster at katsuya.net
(ツイッター) https://twitter.com/okada_katsuya

◆高木義明・国対委員長(衆議院・比例九州)
(FAX)03-3503-5757 (TEL)03-3508-7420
(メール) g02653 at shugiin.go.jp 
(ご意見フォーム) http://www.y-takaki.jp/SendMail

◆枝野幸男・幹事長(衆議院・埼玉5区)
(FAX)03-3591-2249 (TEL)03-3508-7448
(ご意見フォーム) http://www.edano.gr.jp/inquiry/inquiry.html

◆細野豪志・政調会長(衆議院・静岡5区)
(FAX)03-3508-3416 (TEL)03-3508-7116
(ご意見フォーム) https://www.goshi.org/contact
(ツイッター) https://twitter.com/hosono_54

◆長妻昭・特別委員会筆頭理事(衆議院・東京7区)
(FAX)03-3508-3286 (TEL)03-3508-7456
(メール) akira at naga.tv
(ツイッター) https://twitter.com/nagatsumaakira

【維新の党】
◆松野頼久・代表(衆議院・比例九州)
(FAX)03-3508-8989 (TEL)03-3508-7040

◆馬場伸行・国対委員長(衆議院・大阪17区)
(FAX)03-3508-3322 (TEL)03-3508-7322
(メール) info at baba-nobuyuki.com

◆柿沢未途・幹事長(衆議院・東京15区)
(FAX)03-3508-8807 (TEL)03-3508-7427
(ご意見フォーム) http://bit.ly/1HyDEuG
(ツイッター) https://twitter.com/310kakizawa

◆今井雅人・政調会長(衆議院・比例東海)
(FAX)03-3508-3866 (TEL)03-3508-7086
(メール) support at imai-masato.com
(ツイッター) https://twitter.com/imai_masato

◆下地幹郎・特別委員会筆頭理事(衆議院・比例九州)
(FAX)03-3508-3403 (FAX)03-3508-7103
(メール) g15592 at shugiin.go.jp
(ツイッター) https://twitter.com/mikioshimoji

------------------------------------

【私がファックスしたものです】

緊急のお願い

中谷安保法制担当相による「自衛隊員のリスクは増大せず、隊員の安全性
は高まる」との暴言に抗議し、発言撤回と辞任、26日の戦争法案審議入り
の中止を求めてください。

 中谷元防衛大臣兼安全保障法制担当大臣は、本日5月22日の記者会見に
おいて、

「今回新たに任務は増えるが、リスクを軽減する措置はしっかりと規定し
ており、増大することはない」
「法整備によって得られる効果は、残るリスクよりもはるかに大きい」
「抑止力で隊員の安全性も高まる」

と述べました。

 これはおよそ信じがたい暴言です。戦闘地域での兵站支援や武力行使に
よって、自衛隊員の命の危険が飛躍的に高まることは火を見るより明らか
でしょう。私が中谷事務所に電話で抗議したところ、大島秘書も「おっし
ゃる通りです」と賛同されました。

 それでもこの法律が必要だというなら、リスクが高まることをきちんと
説明したうえで、その必要性を誠実に訴えるのが、所管大臣としての最低
限の責任ではないでしょうか。

 ところが、「リスクは増大しない」ばかりか、「隊員の安全性も高まる」
とまで言ってのける。自衛隊員の生命を軽んじるこうした暴言を吐いて恥
じない人物が、安全保障法制を所管し、26日には法案の趣旨説明を行う。
こうしたことを許してはいけないと思います。

 野党は今こそ中谷大臣に発言の撤回と辞任を強く要求すべきです。そし
て、それなくしては26日の衆議院本会議での法案の審議入りは中止すべき
であると政府与党に表明すべきです。今からでも緊急に記者会見を設定し
て、そのことを力強く表明していただきますよう、よろしくお願いします。

    杉原浩司 

  (TEL)090-6185-4407 (メール) kojis at agate.plala.or.jp

------------------------------------

 杉原浩司
 
 携帯 090-6185-4407
 E-mail kojis at agate.plala.or.jp
 FAX 03-6312-0640
 ブログ http://kosugihara.exblog.jp/
 ツイッター https://twitter.com/kojiskojis
 フェイスブック https://www.facebook.com/koji.sugihara.10 



CML メーリングリストの案内