[CML 037548] 石炭の光と影

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 5月 22日 (金) 22:35:59 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 世界遺産登録に向けて安倍政権が強力にプッシュしている日本の近代産業遺産。
近代化に向けて奮闘した日本人の輝かしい記録として世界遺産にしようとしてい
ます。

 しかし、光には影があります。

 日本近代遺産には、炭鉱施設が数多くあります。明治以降、繁栄を極めた炭鉱
は、1960年代のエネルギー革命でほとんどが潰れました。世界遺産にしよう
としている長崎の端島は、島そのものが廃墟と化しました。地域社会は崩壊し、
労働者と家族は生きながらスクラップにされました。後には、陥没や水質汚濁な
どの鉱害と、労働者の身体を蝕むじん肺が残されました。

 街そのものが廃墟になろうとしている北海道のある炭鉱町を描きます。

 テレメンタリー
 「シリーズ戦後70年(4) 落日の炭都(まち)で〜石炭の光と影」
 http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
 放送日:5月25日
 放送時間は各地で異なります。 
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内