[CML 037414] 日系アメリカ人の太平洋戦争

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 5月 12日 (火) 22:23:06 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 太平洋戦争が始まると、ハワイを除くアメリカ本土に住む日系人は、敵性国人
として強制収容所へ収容されました。スパイやテロ活動をする恐れがあるという
理由でした。イタリア系やドイツ系に対しては強制収容は行われませんでした。
明らかな人種差別でした。

 収容所に入れられた日系人に対し、アメリカ政府は「アメリカ人としての忠誠
心を示したいならば、軍隊に入ってドイツや日本と戦え」と言いました。それに
応じて、日系二世の若者たちはアメリカ軍に志願しました。
第442部隊などの日系人部隊が編成され、ヨーロッパ戦線に送られまた。白人
兵士の弾よけとして激戦地に送り込まれた日系人兵士たちは、
「Go for broke!(当たって砕けろ!)を合い言葉にドイツ軍やイタリア軍と激
しく戦いました。白人部隊よりも桁外れに高い死傷率を出しながらも戦い続けま
した。その奮戦ぶりはアメリカで大々的に報じられました。白人が持っていた日
系人に対する偏見を大きく変えました。

 太平洋戦線においては、日系人兵士は情報分析で大きな成果を上げました。日
本語を理解する者が多かったため、日本軍の暗号や秘密文書の解読、日本人捕虜
の尋問で活躍しました。アメリカ軍が日本軍との戦いで有利に立ったのは、日系
人兵士の情報分析おかげでした。
 太平洋戦争後、日系人兵士は人種差別克服の象徴として賞賛されました。

 それから70年。90歳代になった元日系人兵士たちは、自身の体験を語り始
めています。また新たな資料が発掘されています。
 
 アメリカ日系人の太平洋戦争です。

 NHK総合
 クローズアップ現代
 「“Nisei”たちの戦争 〜日系人部隊の記録〜」
 http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3650
 放送日:5月13日
 放送時間:19時30分〜19時56分
  再放送:午前1時〜午前1時26分
  
 坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内