[CML 037397] 「ストーカー」殺されないため実践記 遙洋子だ筑摩書房と

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 5月 11日 (月) 20:22:20 JST


「私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ」
<http://www.haruka-youko.net/%E6%9C%AC%E5%87%BA%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%BC%EF%BC%81/>
遙洋子 <http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/8b9dc1740777f0898a73001dea56b0a0>
筑摩書房 <http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480815231/>

門を壊された(40頁)、千回家に押し掛けられた(45頁)、すさまじい被害だ。

警察なんて役に立たない。所長の前で演説したり、あらゆる方法を使っても駄目。

ストーカー男の車に逆走して激突しても、男たちは男に優しい(96頁)。

そんななかで模索した実践記。

------------ 目次 --------------------

序章 なぜ今、伝えたいのか

第1章 *ストーカーは近所にいる*―ケース1 不法侵入(警察で見た犯罪者の顔―冷酷な奴ほど、泣くストーカー規制法前に登場した男 ほか)

第2章 *「好き」が抑えられない*―ケース2 ひきこもりストーカーの暴走(私もまたストーカーにどこまでも卑劣になれるストーカー ほか)

第3章 *「ヤクザ未満」のタチの悪さ*―ケース3 暴力団系ストーカー(ストーカー規制法後に登場したストーカー警察本部のリアリティ ほか)

第4章 *生還するために*(そもそも、ストーカー被害を“防止”できるかストーカー規制法の助言を頼りにしずきない ほか)


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内