[CML 037369] <テント日誌5月9日(土) 経産省前テントひろば1337日目、商業用原発停止601日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2015年 5月 9日 (土) 22:19:53 JST


(転送します)

テント日誌5月9日(土)
経産省前テントひろば1337日商業用原発停止601日

川内テント 久見崎海岸から

1)鯉のぼり(写真1)
3年前の子供の日に経産省前テントひろばを飾った手作り鯉のぼりは今、久見崎海岸の空を楽しげに泳いでいる。
川内原発間近のここ薩摩川内でもあちこちで立派な 鯉のぼりを見かける。子供が健康にすくすく育つことを願うという鯉のぼりを掲げた親たちに原発再稼働はどう写っているのだろうか。
2) 「久見崎海岸ビューティフルビーチ大作戦」(写真2)
久見崎海岸は、テントが建った昨年9月頃に比べ格段に綺麗になった
。訪れる人もそう言うが、海ガメが産卵できる場所になったかといえば、まだまだ不充分だ。ということで地元の方々の参加を得て、ご覧のチラシのようなイベントを行うことになった。
清掃廃棄すべきは原発だ。ビューティフルビーチ作戦には原発も含まれる。

薩摩川内市久見崎町久見海岸番外地 脱原発川内テント
     mail:image9 at docomo.ne.jp
     問い合わせ先 090-5339−2243 090-3203-7897


そろそろ連休が終わり、再稼働阻止の闘いも正念場を迎えます。
全国一斉行動の呼びかけから…
連休も終わりました。川内原発の再稼働に向けた動きが急ピッチで進んでいるようですが、これに対する闘いも準備されています。地元の九州では5月16(土)鹿児島から5月27日(水)福岡までの九州縦断デモが予定されています。5月27日は九電との最終交渉(5月7日のテント日誌で紹介)。これに呼応した行動が各地で予定されています。

規制委員会の動き
4月28日に2号炉の工事計画認可修正の補正書を提出したので、
5月13日以降の規制委定例会議(毎水曜)で次のことが行われると思います。
(1)2号機の工事計画と1,2号機の保安規定の審査書の確認
(2)川内原発設置変更許可審査への異議申立(福岡などから)の却下確認
(3)川内原発再稼働の最終承認
((2)の後に異議申立内容を公表しないといけないので、規制委は(2)と(3)を続けてやるかも知れません。)

そのような状況の中で、次の「全国一斉規制委抗議行動」を計画しています。
是非ご参加願います。
(呼びかけチラシ文)
川内・高浜の再稼働をやめろ!
全国一斉規制委抗議行動
〜全国の規制庁事務所に抗議の声をぶつけよう〜

川内・高浜の再稼働をやめろ!全国一斉規制委抗議週間
期間:2015年5月15日(金)〜5月25日(月)
全国の原子力規制事務所に抗議・要請行動

川内原発・高浜原発の再稼働をやめろ!全国一斉規制委抗議行動(東京行動)
日時:2015年5月20日(水)12時〜13時
場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前(http://www.nsr.go.jp/nra/map.html )
     港区六本木1丁目9番9号   TEL:03-3581-3352(規制庁)
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分日比谷線「神谷町駅」徒歩8分
主催:再稼働阻止全国ネットワーク 
協力:原子力規制を監視する市民の会
  
私たちは、新規制基準の施行日以来連続的に原子力規制委員会への抗議行動と院内ヒアリングを実施してきたが、規制委は、川内原発(昨年9月10日)、高浜原発(2月12日)と設置許可の審査書を決定し次に伊方原発も秒読み段階に入っている。先行の川内原発1,2号機については、1号機の工事計画を九電資料を秘匿したままで3月18日に認可し、保安規定も2号機と併用施設の認可はまだで審査中であるのに3月30日には使用前検査を開始し、8月の営業運転を目論んでいる。
(但し、九電が使用前検査の日程変更(遅延)の見込み)
そんな中で、4月14日には福井地裁が高浜原発運転差止仮処分を決定し、「新規制基準は合理性を欠くものである」と断じ原子力規制委員会の規制行政を強く批判した。それにも拘わらず、規制委は、訴訟の当事者ではないと逃げるばかりか決定をこき下ろし、新規制基準を見直すことも高浜原発の審査を止めることもしない。
多くの「国民」の心配も多くの専門家の痛切な指摘も無視して、原発の再稼働を促進する原子力規制委員会に対して今こそ抗議の声を集中し、再稼働に待ったをかけよう。
既存原発を稼働させるための新規制基準で、地震対策も火山噴火対策もプラント評価も全く不十分なままで、避難対策も住民理解も得られないままで、再稼働容認は許せない。まして、十万年以上放射能を持つ使用済み核燃料の保管管理の方法も場所も決まらず(トイレなきマンション)、福島第一原発の放射能汚染水対策も廃炉への道も見えずイチエフをコントロールできていない中で、原子力規制委員会の再稼働促進は許せない
私達「再稼働阻止全国ネットワーク」は、昨年に続き、再稼働促進組織・原子力規制委員会を糾弾するために、原子力規制委員会(六本木一丁目)のみならず全国の規制庁現地事務所に対しても各地の仲間が抗議する「全国一斉規制委抗議行動」を呼びかける。
首都圏及び原発現地・周辺の方々の同時行動への参加を呼びかけます。
なお、阻止ネットは、5月、6月の毎週水曜日に水曜昼休み抗議行動もやります。

川内原発・高浜原発の再稼働をやめろ! 水曜昼休み規制委抗議行動
日時:2015年5月13日、27日、6月3日、10日、17日、24日(水)
   12時〜13時
場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前(http://www.nsr.go.jp/nra/map.html )港区六本木1丁目9番9号 
  東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分、日比谷線「神谷町駅」徒歩8分 主催:稼働阻止全国ネットワーク



CML メーリングリストの案内