[CML 037333] 『季刊ピープルズ・プラン』68号<特集:人口減少――何が問題か>ご注文を!

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2015年 5月 5日 (火) 17:17:06 JST


みなさま

PP研事務局の大和田です。
『季刊ピープルズ・プラン』最新号68号、いよいよ刊行されました!

今号の特集は、「人口減少――何が問題か」です。
全国の半数にあたる市町村を「消滅する可能性がある」と名指しし、多くの人びと
に衝撃を与えた「増田レポート」ですが、その主張ははたしてどれくらい説得性をも
つものなのか。人口減少という危機、が煽り立てられるとき、具体的には何が、誰
にとって問題とされているのか?
千田有紀さん(社会学者)、大橋由香子さん(soshiren/編集者)、伊藤みどりさん
(働く女性の全国センター)が「女の生の現場から」徹底的に語る座談会をはじめ、
多角的な視点から考察されています。

由井晶子さんによる沖縄からの最新レポートや、シャルリ・エブド襲撃事件および
その後の状況について、当時フランスに長期滞在されていた鵜飼哲さんに平井玄
さんがスカイプインタビューを行った「イスラームの混沌/世界の混沌」など、特集
外も充実しています。

以下に目次を貼り付けました。
ぜひご一読ください。
どうぞよろしくお願い致します!

ご入用の方は、以下のフォームを使って、<ppsg at jca.apc.org>  までご注文くだ
さい。
(※このメーリングリストに返信しないようにお願いします)。

【代金】
1冊1300円+税
送料は1~2冊:86円、3~4冊:164円、5冊以上は無料です。

【お支払い方法】
季刊誌を送付する際に同封する郵便振込票をご利用ください。銀行振込もご利用
になれます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『季刊ピープルズ・プラン』68号を注文します。

【注文数】    冊
【送付先】〒


【お名前】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ++++

☆★以下目次★☆
============================================
『季刊ピープルズ・プラン』68号
             2015年4月30日発行
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd0/index.php?id=72
============================================

【現場から】

30年目のボパール訪問報告(谷洋一)

〈福岡サウンドデモ裁判〉表現の自由をめぐって――警察が捨てた公文書、弁護士なしの本人訴訟(いのうえしんぢ)

【いまを読み解く】

◎再稼働阻止のために――福島の女たちとともに/青山晴江

◎緊迫する沖縄の攻防――新しい時代の出発/由井晶子

*人口減少――何が問題か*

◆特集にあたって/白川真澄

◆「増田レポート」を読む――「輝き」と「死」のはざまで/千田有紀

◆座談会「人口減少」異論――女の生の現場から/千田有紀×大橋由香子×伊藤みどり

◆人口減少社会における社会保障――「緑の福祉国家/持続可能な福祉社会」の可能性/広井良典

◆響き合う農村〈ムラ〉と都市〈マチ〉/小口広太

◆国が押しかぶせる成長志向の「地方創生戦略」に未来はない/白川真澄

◆子どもを産む人・育てる人を増やしたいのなら、シングルマザー支援に力を入れて同性パートナーシップを法制化すれば?――渋谷方式を越えて/青山薫

◆ローカルな労働者と外国人労働者をめぐる問題の連関――「人材」の受け入れと「人」の排除/大橋史恵

*グローバル討論空間(4)*

緊急対談 イスラームの混沌/世界の混沌(上)/鵜飼哲×平井玄

*【特集外】*

◆「21世紀の資本」へ挑戦するGSEFグローバル社会的経済協議会が誕生!/丸山茂樹

*【連載シリーズ】*

◆ご当地「脱原発」ローカル・デモ!!(8)
 平和に生きる未来へ(くらしにデモクラシーを!板橋ネットワーク)/和田悠

◆路地裏のアベノミクス(3)
 ――飽満な消費者社会と広がる格差(上)/平忠人

◆沖縄・分断にあらがう
 1970年前後の沖縄における米日石油資本の進出(2)/上原こずえ

◆連続インタビュー 3・11以後のフェミニズム 
第5回:「神話」に抗って(下)
      米津知子/聞き手:千田有紀

◆只今闘病中――読書ノート(22)
〈象徴天皇制国家〉批判という視座の不在――「天皇制を論ず」・『戦後史再考』・『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を読む/天野恵一

◆《運動》の思想を読む(44)
 富山県立近代美術館問題を考える会編者『公立美術館と天皇表現』/北野誉

◆さようなら、ピオネールたち 第5回
 言葉そしてことば/サニャ・トリプコヴィッチ

◆『敗戦後論』再考 第2回
 戦後日本国家論の争点/松井隆志

*【書評】*

◆新崎盛暉著『沖縄を越える――民衆連帯と平和創造の核心現場から』/松田潤

*Culture Review*

*[art]*

アート・アクティヴィズム76:「大東亜戦皇国婦女皆働之図」/北原恵

*[column]*

ながさわセンセイの高校白書(9)/長澤淑夫
  



CML メーリングリストの案内