[CML 037328] 【報告】第1476日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 5月 5日 (火) 09:03:03 JST


青柳行信です。5月5日。

【転送・転載大歓迎】

 <6.7 3万人大集会メッセージ>
☆ 鎌仲ひとみ(映像作家)さんから:
たとえ安全運転できても
仕様済核燃料はやっかいな物
私たち自身の原発依存をへらしていこう

 == 集会成功のため ご賛同 ご協力 お願いします。==
 ●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
    〜川内原発のスイッチは押させない!〜
※出店(マルシェ)・出展ブースも募っています。5/12締切
詳細: ウエブ・HP http://bye-nukes.com でダウンロード。
チラシ・賛同・メッセージ
 
  ・再稼働阻止の意思表示カンよろしくお願い致します。

郵便振込み:口座記号番号  01710−4−143553
 加入者名   原発いらない九州実行委員会

他銀行から:  店名(店番)  一七九店(179)
        預金種目    当座
        口座番号    0143553

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1476日目報告☆
      呼びかけ人賛同者5月4日合計3859名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★私たちの声と行動で原発・再稼働 は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆イギリスの労働党は名折れなり 労働よりも原潜が好き
      (左門 2015・4・5−1012)
※《スコットランド民族党 原潜撤去訴え 労働党は拒否
「私はSNP(スコットランド民族党)の要求に屈することは
ない。それはトライデントについてもだ」(ミリバンド党首言)
朝日、本日3面。歴代の労働党がこの調子だから世界の
平和は遠いのだ。今のヨーロッパの事態で核ミサイルの
必要はないのだから、この国にも日本と同じように「原子力
ムラ」が地獄の魔王だ。王室ベビーに放射線の祝御儀?

★ 福永弘恵 さんから:
いつも、貴重な情報を頂きありがとうございます。
自分でできること、続けながら心の折れることは度々ですが
青柳さんの行動をうかがうと、勇気をもらいまた前進できています。

★ 田中一郎 さんから:
(メール転送です)広瀬隆さんからのメール
 昨日5月3日は、晴天のもと、横浜臨港パークで、憲法記念日の大集会が開かれました。
 3万人と発表されていますが、緑の芝生が見えないほど、ギッシリの人、人、人の波で、
憲法を守る・集団的自衛権反対・沖縄の辺野古基地建設反対・
原発再稼働阻止・貧困の問題・TPP反対の声をあげる人々が、熱気を持って結集しました。

 東京新聞の一面トップの写真もすばらしいですが。
みなさまからの資金でスタートした「正しい報道ヘリの会」では、久しぶりにヘリコプターで
上空からの撮影をおこない、山本太郎さんがインターネットで解説をお伝えし、
野田雅也さんがすばらしい写真を撮影してくださいました。

◆野田雅也さんの撮影写真は以下にあります。どんどん自由に使って、広めてください。
 http://fotgazet.com/news/000345.html

◆山本太郎さんのヘリからの解説は、下記です。 
  http://tinyurl.com/odltkhz    

 ビデオ撮影の後半では、参加者が減ったように見えますが、
これは参加者が色々な運動のブースに動いたためです。夕刻まで、熱気が続きました。

★ 味岡修 さんから:
 <経産省前テントひろば1331日商業用原発停止595日>
・「平和といのちと人権を!5・3憲法集会に行こうよパレード」動画。
https://www.youtube.com/watch?v=M35PXb1BmpE
・集会を映像アップ。手話つきプレコンサート
https://www.youtube.com/watch?v=-_Er2BU8Ljw
・メインステージ
https://www.youtube.com/watch?v=2DiJL_Yimq0

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会) さんから:
青柳 さま
安倍のアメリカでの発言は聞くだけでも醜いものでした。
日本で権力を維持するためには、アメリカに従属するしか
ないということを祖父から学んでいたのでしょう。
アメリカのお墨付きを貰って、一層の反動的攻勢を強めて
来るのでしょう。

この夏から年末へかけての闘いを頑張らなければならない
と今一度思い直しました。頑張りましょう!!!

「脱原発・放射能汚染を考える」ニュースNo98ができました
    <川内原発・高浜原発の再稼働を許さない!>
http://tinyurl.com/m6kmlns

安倍首相は28日夜に開かれたホワイトハウスでの公式晩餐会で、
オバマ大統領の俳句への返歌として、米国黒人歌手、ダイアナ・ロスの
「乗り越えられない山はない」を引用し、「どんなに険しい山でも恋人
同士を隔てることはできない。これが日本と米国の関係だ」と応じた。
この歌の先頭には、「必要なら呼んで下さい。どんな遠くにいても私は
駆けつけます」とあることは周知のうえであろう。

   ・・このことは、その後の報道ではほとんど隠されている・・・

翌29日に、安倍首相は米議会で演説し、まだ国会にも提出されていない
「戦争法案」を「この夏までに、成就させます」と約束したのである。
安倍首相は、米国政府には卑屈なまでに迎合し従属しながら、
辺野古基地建設に反対し、原発再稼働反対に対する国民に対しては、
意見は聞かない、話し合わない、権力で押さえ込むという強攻策を展開している。

5月17日には、大阪市と大阪府の地方自治と民主主義を破壊する大阪「都」
構想住民投票が行なわれる。大阪市民はぜひ投票に参加して反対しましょう。

5月は15日と29日に関電本社前で、再稼働反対の抗議行動が行なわれます。
19時からの1時間、ぜひ集まって声をあげましょう。

★ 京都の菊池 さんから:
下記の投稿を書きました。
よろしければお読みください。
チェルノブイリ事故…子どもたちへの影響は が5/4今夜、全国的に放送予定ほか
http://list.jca.apc.org/public/cml/2015-May/037495.html
                           
★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
連休中で記事は少ないです。ネット上で検索できた記事をざっと紹介します。

川内(せんだい)原発関連、
この新聞がこんな報道を、
1.「いい加減な計画に付き合えぬ」怒られる九電 原発審査はなぜ進まない?」産経新聞?5月4日(月)19時25分配信 
http://www.sankei.com/affairs/news/150504/afr1505040002-n1.html
長〜い記事「原発の審査がなかなか進まない。平成25年7月に新規制基準が施行され、審査が始まったが、丸2年を経ても1基も動かないことは確実になった。審査申請が出てい
るのは現在、15原発24基。審査では一体、何が行われているのか。何が審査を遅らせているのか。15原発の審査を総ざらいチェックしてみた。(原子力取材班)
■先行原発、つまずきっぱなし  「計画(書類)の出来が遅くなって申し訳ありません。いま頑張って作っているところなのですが…」4月末に開かれた審査会合で、九州電力の
中村明・上席執行役員は、消え入りそうな声でそう答えを振り絞った。規制委は一向に書類を出さない九電に対し、業を煮やしていた。川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働には一
部の機器を供用している2号機の工事計画認可が必要。その計画が出ていないばかりか、現在行われている1号機の使用前検査の計画も無理な日程が詰まっていた。原子力規制庁の
幹部は「いい加減な計画にお付き合いできない。われわれの審査官や検査官は公共財だ。資源を無駄にできない」と一喝した。いち早く新規制基準の適合性に合格した川内原発
ですらこうだ。・・・・以下は検索してどうぞ。規制委も原子力ムラ出身者ばかりなので九電も過去と同じように対応しているのでしょうね!

川内原発の立地する自治体が、
2.(薩摩川内市)「3割お得な旅行券 薩摩川内市が市外者向けに販売 [鹿児島県]」西日本2015年05月05日 00時06分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/166947
「鹿児島県薩摩川内市は、市内のホテルや旅館で利用できるプレミアム付き旅行券「薩摩川内ふるさと旅行券」を4月27日から販売している。30%のプレミアムが付き、1万円
で購入し額面1万3千円分の券として利用できる。市は「国定公園に指定されたばかりの甑島への旅行などにぜひ活用してほしい」と話している。
旅行券は額面千円の券が13枚つづり1セットで1万円。購入できるのは原則市外在住者で、市観光物産協会や券を利用できる加盟店11店舗で販売する。5月20日〜7月20日
は全国のローソンの端末でも購入できる。国の地方創生交付金を活用し、プレミアム分を市が助成する。
市は計1万セットを発行し、プレミアム分を含めた総発行額は1億3千万円。市内の旅館やホテル、物産館など約50施設で利用できる。甑島への高速船運賃や同協会が企画する旅
行商品にも使える。使用期限は来年1月31日まで。1人当たりの購入上限は10万円(旅行券10枚セット)。市観光物産協会=0996(25)4700。」
・・・・●●補てんするお金はどうまかなっているのでしょう?!

火山が活発化、
3.「鹿児島・桜島:爆発的噴火、前年超える」毎日新聞 2015年05月04日 東京朝刊 
全文「鹿児島市の桜島の爆発的噴火(爆発)が2日夜、451回に達し昨年(450回)を上回った。鹿児島地方気象台によると、前年を超えたのは4年ぶり。451回目は2日午
後11時50分に昭和火口であり、噴煙の高さは約1000メートル。気象台は「活動が活発化している」として、注意を呼びかけている。観測史上最多だったのは2011年の
996回。今年は4月23日に400回に達し、観測史上3番目のペースという。」

4.◎(鹿児島)「平和憲法を守ろう」 駅伝でアピール 鹿屋」朝日デジタル2015年5月4日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH533TVLH53TLTB001.html
「鹿屋市では3日、大隅地区の平和運動団体などが「平和憲法を守る駅伝大会」を実施した。今年で49回目。11チームが「憲法9条を守れ」などと記したゼッケンを着け、鹿屋
市役所前をスタート。雨の中、市街地を巡り市役所に戻る7区間8・4キロのコースを走り、「平和憲法を守ろう」と市民にアピールした。競技前には「地域住民とともに憲法改悪
阻止の運動と合わせ、反戦・反核・反原発の取り組みをすすめ、国民生活を守ろう」という大会アピールを採択した。」

原発立地・周辺地域、
5.(宮城県)「塩釜市 防災ガイド10年ぶり改訂 全戸に配布」読売新聞2015年05月04日
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyagi/news/20150503-OYTNT50266.html
◆原発事故対応も記載  塩釜市は防災ガイドブックを10年ぶりに改訂し=写真=、全戸に配布した。2014年3月に市の地域防災計画を見直したことに伴うもので、これまで
盛り込んでいなかった原子力発電所の事故時の対応についても記した。
ガイドブックはA4判、28ページのカラー版。05年4月に発行した冊子を改訂し、「日ごろの備え」「津波対策」「風水害等対策」など7編で構成した。津波対策編では、避難
場所に関する表示マークを解説。風水害等対策編では、水圧で建物や車のドアが開かなくなる場合があることや、あらかじめ周辺の危険区域を確認しておく必要性を指摘した。
また、東北電力女川原発(女川町、石巻市)から35キロ離れているものの、事故時の対応も紹介。屋内退避の指示が出た場合、換気扇やエアコンなどを止め、外部の空気を入れな
いようにすることなどを求めた。」

福島第1原発
6.「<福島原発>汚染水の廃液容器14%で漏れ ガス排出口から」毎日新聞?5月4日(月)22時0分配信
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20150505k0000m040068000c.html
「福島第1原発で、汚染水を処理した際に発生する放射性廃棄物を入れた専用容器について、点検したうち1割超の容器から放射性物質を含む廃液が漏れていたことが分かった。漏
れを防ぐ見通しは立っておらず、放射性廃棄物の管理の難しさを改めて示す結果だ。
漏れが見つかった容器には、汚染水から放射性物質を取り除く多核種除去設備「ALPS」(アルプス)の処理後に出る汚泥や廃液を入れる。直径約1.5メートル、高さ約1.9
メートルの円筒形で、容量は約3トン。東電が、第1原発構内の容器1354基のうち105基を抜き取り調査したところ、15基(約14%)で漏れやにじみが見つかった。
この容器については、4月上旬に点検中の東電社員が、容器の下の床面やふたに水がたまっているのを発見。容器上部にある内部のガスを抜く穴から廃液が漏れていることが分かっ
た。東電は、水素などのガスが廃液中にたまって容器内の容積が増し、ガス抜き用の穴から漏れたとみている。
漏れた廃液の放射性セシウム濃度は1リットル当たり最大約9000ベクレル、ベータ線を出す放射性物質は同390万ベクレルと、それぞれ高い濃度だった。容器は第1原発敷地
内にあるコンクリート製の施設で遮蔽(しゃへい)されており、東電の白井功原子力・立地本部長代理は「廃液が敷地外に漏れることはない」と話す。
容器は使用前に落下試験などを実施しているが、実際の廃液を入れる試験はしていなかった。東電は「ガス抜き用の穴から中身が漏れ出すことは想定外だった」と話す。
今後は、中に入れる廃液の量を現在よりも約10センチ低くするなどして漏れを防ぐ計画だ。一方、アルプスの処理を続ける限り汚泥や廃液が発生するため、今後も容器の数は増
え、保管場所の確保や耐用年数(約20年間)を超えた後の劣化の問題も懸念される。
原子力規制庁の担当者は「漏れた水は同原発内の汚染水の中で最も濃い。数も多いので早期の対策が必要」と指摘。容器周辺は放射線量が高くなっているため、確認作業などにあた
る作業員の被ばく管理の徹底を東電に求める。・・・・」

7.「正門周辺の大気中の環境放射線量毎日新聞2015年05月05日
「4日正午現在 1.060マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力の計測結果から 前日は1.057マイクロシーベルト毎時」

原発事故被害地域、
8.(政府が)「地域振興策、被災地も負担 区画整理や除染、全額国費 16年度以降、復興庁方針」朝日デジタル2015年5月4日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S11738067.html
「東日本大震災の来年度から5年間の復興事業をめぐり、復興庁が全額国費で行ってきた事業を4分類し、計約2兆円分について地元の一部負担を求める方針を固めた。負担の総額
は数百億円で、自治体の貯金にあたる財政調整基金の範囲内で調整するという。
 政府は2015年度までの5年間の集中復興期間について、・・・・」
・・・趣旨は他紙既報です、会員限定記事か?

9.(楢葉町)「<準備宿泊>帰ろうにも三重苦 楢葉・波倉地区」河北新報?5月4日(月)10時25分配信 
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201505/20150504_63010.html
「東京電力福島第1原発事故による避難指示解除に向け、全町避難した自治体で初の準備宿泊が行われている福島県楢葉町には、帰町の環境が厳しい地域もある。福島第2原発が立地
する北部の波倉地区は、巨大津波と原発事故による複合災害の爪痕がそのまま残る。除染廃棄物の仮設焼却施設なども計画され、帰町の足を鈍らせる。・・・・・・・
国策にも翻弄(ほんろう)された。国は2012年8月、波倉地区を中間貯蔵施設の候補地に挙げた。14年3月に候補を外れ、代わって示されたのが、除染廃棄物などの仮設焼却施設と焼
却灰固形化施設の建設計画だった。焼却施設は用地交渉が進む。
原発事故に加え、中間貯蔵施設の候補地になった影響などで、津波被災者の地区内での防災集団移転は実現しなかった。「津波で家族も家も失った上、国が次から次へと問題を押し
付ける。国の姿勢は私たち弱者に寄り添うどころか、懸け離れている」と四家さん。
波倉は里山に貴重な植物が自生し、海釣りの穴場だったという。大和田さんは「歴史的にも由緒ある土地。みな本当は古里に帰りたいが、避難指示が解除されても戻るのは数世帯だ
ろう」と指摘。「一口に楢葉町といっても地区で状況が異なる。解除を一律に考えるのは疑問だ」と語る。」

10.(双葉町)「福島・双葉町を二分する“原発PR看板撤去”問題の賛否、“負の遺産”を隠蔽するのか?」週プレNEWS?5月4日(月)6時0分配信 
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150504-00047335-playboyz-soci
長い記事「・・・・妻のせりなさんが看板そばのアパートを見やり、ぽつりと漏らした。「ここで人が暮らすのは本当に厳しいですね…」
看板には、さほどの傷みは見られなかった。錆(さび)つきもなければ、土台部分のコンクリートにも亀裂は入っていない。本当に町が主張するように、老朽化して危険なのか
――?そんな疑問が頭をよぎる。その気配を察したのか、大沼さんがどうしても案内したい場所があると言う。
ついていくと、民家が倒壊し、その残骸が道路の半分以上をふさいでいた。そのそばには自動販売機がつっかえ棒役となり、辛うじて倒壊を免れている家屋も…。危険すぎて、うか
つには近寄れない。大沼さんが口をとがらせた。「おかしくないですか? 看板が危険だから撤去すると町は言うけど、こうした家屋のほうがずっと危険です。何しろ、道路をふさ
ぐほど壊れてしまっているんですから。看板よりもこれらを先に撤去すべきでしょ」・・・・・
双葉町の住民は原発PR看板撤去の動きをどう受け止めているのか? いわき市南台(みなみだい)にある双葉町応急仮設住宅を訪れてみた。
50代の男性住民はこう言う。「俺はあの看板、撤去してもいいと思う。だって、あれを見るたびに原発事故を思い出すんだよ? そろそろ、あのつらい記憶から解放されたい」
一方で、撤去に懐疑的な住民も少なくなかった。30代会社員が吐き捨てる。「あの看板は復興を望む住民にとっては目障りなんだろ。原発事故はなかったことにしたい。だから、
さっさと片づけてしまうんだろうよ」
何人かの住民に聞いてみたが、賛否は半々というところだった。だが、井戸川克隆(いどがわかつたか)前町長(09年から13年2月まで)は厳しい批判を町議会に向ける。「双
葉町住民は3・11の原発事故で全町民が避難生活を強いられた。原発を受け入れた結果、故郷をなくした悔しさ、後悔を胸にみんな日々を過ごしているんです。あの原発PR看板
はそうした町民の思いの象徴となり得るものなのです。モニュメントとして残すべきでしょう。町は独断専行がすぎます。せめて事前に住民にアンケートをするなど合意を取りつけ
る努力をするべきでした」・・・・
双葉町からの帰途、大沼さんがこう語りかけてきた。「あの標語を作ったことを僕は後悔しています。恥ずかしい。でも、その間違いを隠したり、消すことのほうがずっと恥ずかし
く卑怯(ひきょう)なことです。自分の至らなかった点も含めて、ふたりの子供には親たちの過ちをきちんと伝えたい。ただ、それだけなんです」」

11.(桑折町)「屋内運動施設「イコーゼ!」オープン 子どもたち伸び伸び」福島民友新聞?5月4日(月)12時3分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0504/news9.html
「桑折町は3日、国の子ども元気復活交付金を活用した屋内スポーツ複合施設「イコーゼ!」をオープンした。初日から多くの子どもたちが訪れ、運動に親しみながら歓声を響かせ
た。原発事故で外遊びを控えがちな子どもたちに、伸び伸びと体を動かしてもらおうと建設。2階建てで、25メートルプールやキッズランニングコース、子育て交流スペースなどを設
けた。集会や文化活動で利用できる多目的スタジオもあり、災害時には避難所として使用する。初日は同施設でセレモニーを行い、高橋宣博町長が「施設を利用し、復興に向けて魅
力あるまちづくりを進めていきたい」とあいさつした後、関係者がテープカットしオープンを祝った。プールは中学生以下、その他の遊び場は小学生以下が無料。町外の人も利用
できる。」

12.(広野町)「二ツ沼公園に歓声戻る 全面再開、広野で「フェスタ」満喫」福島民友新聞?5月4日(月)12時2分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0504/news8.html
「東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後、一部施設の休園が続いていた広野町の二ツ沼総合公園が3日、園内の再整備を終え全面的に再開した。再開した公園では大型連休に合
わせた交流イベント「ふれあいフェスタ」も開かれ、たくさんの家族連れが新しく生まれ変わった園内を楽しんだ。同公園は原発事故後、事故収束作業などに携わる事業者の宿泊施
設などが建設されたため休園。パークゴルフ場や児童向けの遊具施設など一部施設は昨年11月までに再開したが、事業者の移転後に再整備を行っていたサイクリングロードや芝生広
場などは、開放されていなかった。・・・」

13.(二本松市)「京都の大学生が仮設住宅訪問 福島・二本松」福島民報?5月4日(月)11時46分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015050422585
「京都の大学生でつくる京都学生祭典実行委員会のメンバーは3日、福島、二本松両市の仮設住宅を訪れた。踊りを通し、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の避難者と交流
を深めた。学生約90人が2班に分かれ、福島市の笹谷東部、南矢野目、松川工業団地第一、二本松市の杉内多目的運動広場の各仮設住宅を訪問した。・・・
実行委は京都・平安神宮で踊りを中心とした祭りを運営している。所属する京都、同志社、立命館など10大学の学生は、本県の現状を京都の人たちに伝えようと2年前から仮設住
宅を訪問している。」

14.◎(双葉郡内のどこかで)「「風追わぬ」芸術家たち 福島、見られない展覧会 東日本大震災5年目朝日デジタル2015年5月4日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11738040.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11738040
東京電力福島第一原発の事故により、無人の街になった福島県の帰還困難区域で、芸術作品の展覧会が開かれている。放射線量が高く、国の立ち入り制限が続く地域なので、一般の
人は見ることができない。制限が解除される見通しもない。いったい何のために催されているのか。
4月中旬の朝。福島県いわき市の温泉街で待ち合わせた20〜40歳代の男性4人が1台のレンタカーに乗り込み、約50キロ北にある第一原発の方角へ向かった。4人は人が見に
行けない展覧会の実行委員会のメンバーだ。この日は帰還困難区域に展示してある作品の位置の調整などをするという。「途中の道で、アーティストも合流する予定です」展覧会を
構成、管理しているキュレーター(学芸員)で、筑波大学准教授の窪田研二さん(49)がメンバーに説明する。
「開幕」は今年3月11日。それ以降も作品を次々に、区域内に運び入れている。協力している芸術家は国内外の12組。それぞれ一〜十数点の作品を提供する。彼らの名前は公表
されているが、作品の内容や、展示場所は避難指示が解除されるまで秘密だ。作品を置く家屋や施設の関係者らも、口外しない決まりになっている。原発避難者でも、展覧会の存在
を知る人はわずかだ。・・・・」
・・・以下は検索してどうぞ。

15.「(プロメテウスの罠)Jヴィレッジ:10 なでしこ社員たちは」朝日新聞デジタル?5月4日(月)7時30分配信 (有料記事) 
http://www.asahi.com/articles/DA3S11738066.html
「◇No.1263 国内で節電がひときわ叫ばれていた。福島第一原発事故からまだ4カ月余り。一つの快挙が伝えられた。2011年7月、ドイツで開かれたサッカー女子ワー
ルドカップ(W杯)。日本代表(なでしこジャパン)が世界の頂点に立つ。男女、年齢別の大会を通じてサッカーでは前例がなかった。Jヴィレッジ副社長の高田豊治(67)は避
難先の東京で、快進撃を見ていた。世界一の輪の中に、Jヴィレッジで日々の練習を重ねた選手の姿があった。全試合に先発した左サイドバックの鮫島彩(さめしまあや)
(27)。なでしこリーグの東京電力マリーゼに所属していたが、原発事故を境にチームは活動を停止。本拠地のJヴィレッジも使えなくなっていた。「私のつらさは大したことで
はな
い。サッカーができる環境を周りが整えてくれた」この時、米国のチームに移籍していた鮫島はドイツで事故後の道のりをこう振り返った。マリーゼの選手26人は全員が原発など
で働く東電社員だった。・・・
4月のなでしこリーグ開幕後は、他の選手のチーム移籍も進めた。多くは東電社員のまま、移籍先がある各地の支社に配属してもらい、仕事を続けながらプレーした。「会社がこん
な状況なのに、サッカーをやっている場合か」。職場でそう言われる選手もいた。選手たちはサッカーでの貢献が前提で会社に入ってきたのに――。小野はチーム丸ごとの移管に動
く。「またみんなで一緒に」という選手たちの思いもくんだ。年末、ベガルタ仙台が新チームで引き受けると発表した。被災地の映像を見て試合に臨んだなでしこジャパン。彼女た
ちが鮮烈な記憶を残した夏が終わる頃、Jヴィレッジも事故前の姿を少しだけ取り戻すことになる。」

16.「(福島県)4日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量測定値」福島民報5月5日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
紙面に、
「廃炉の陰 落とした命 遺影に語りかける母 福島第1原発労災事故」
・・・昨年3月に起きた死亡事故のその後の家族を伝えています。

17.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野新聞5月4日17:35
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150504/1949086
「▼空間放射線量率(4日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・」

18.(山形県)「マタギ猟の安全願う 山形・小国「熊まつり」」河北新報2015年05月05日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201505/20150504_55043.html
「400年にわたりマタギ文化が息づく山形県小国町小玉川地区で4日、第36回熊まつりがあった。観光客らは国民宿舎飯豊梅花皮(かいらぎ)荘近くの広場で繰り広げられた伝
統の儀式を楽しんだ。・・・・
福島第1原発事故で山形県全域にクマ肉の出荷制限が出されているため、名物のクマ汁の販売はことしも見送られた。まつり実行委によると、人出は例年の3割程度の1000人に
とどまった。」

19.(宮城県)「避難ポニー再出発 山元に新牧場オープン」河北新報?5月4日(月)15時35分配信 
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201505/20150504_13009.html
東日本大震災で被災した宮城県山元町の沿岸集落に3日、東京電力福島第1原発事故の影響で南相馬市から避難したポニー3頭を飼育する手作りの牧場「山元夢ファーム」がオープンし
た。住民らが世話に加わり、交流の拠点や癒やしの場を目指す。
牛橋地区の県道相馬亘理線沿いの被災宅地跡など約3300平方メートルに、復興支援に携わる地元のNPO法人「未来に向かって助け合い」が整備した。原発事故前まで南相馬市で牧場を
運営した公益社団法人「ハーモニィセンター」(東京)が、関東などに避難させていたポニーを提供した。・・・」

20.(埼玉県)「ウナギに負けない「S級グルメ」 泥臭くない清流ナマズづくし 埼玉・吉川市「割烹ますや」」産経新聞?5月4日(月)10時56分配信 
http://www.sankei.com/region/news/150504/rgn1505040001-n1.html
東に江戸川、西に中川が流れ、江戸時代から水田地帯として米を生産してきた埼玉県吉川市。市内では、かつて水田などで獲れていた名物、ナマズを使った一級品の料理が現在でも
味わえるという。「浦和のウナギにもひけを取らない」というナマズの味やいかに。・・・
広い玄関先には水槽が置かれており、中で飼われている小さなナマズが出迎えてくれた。その脇には、今年2月に県の「S級グルメ」に認定された際の証書が輝く。・・・
昭和30年代以降、企業の工場建設や生活排水といった環境の変化などから漁獲量が激減した。さらに、平成23年の福島第1原発事故を受けて県が24年に行った農産物の放射性
物質検査で、市内で獲れた天然ナマズから基準値を超える放射性セシウムを検出。天然ナマズについては現在も出荷・販売が自粛されている。昭和30年代以降、企業の工場建設や
生活排水といった環境の変化などから漁獲量が激減した。さらに、平成23年の福島第1原発事故を受けて県が24年に行った農産物の放射性物質検査で、市内で獲れた天然ナマズ
から基準値を超える放射性セシウムを検出。天然ナマズについては現在も出荷・販売が自粛されている。吉川市では8年から地下水を使ったナマズの養殖に取り組んでいる。・
・」
・・・・川は、放射性物質で汚染されているという記事ですね。

海外、
21.「米国科学者協会、「韓国は5年以内に数十個の核兵器製造可能」」中央日報日本語版?5月4日(月)13時10分配信 
全文「韓国が核兵器開発に乗り出せるという米国の専門家の報告書が出された。韓国の聯合ニュースは3日、米国科学者協会(FAS)のチャールズ・ファーガソン会長が米国の代
表的非拡散専門家と官僚、議会関係者などが参加した会合で「韓国がどのように核兵器を取得し配置できるか」という題名の報告書を入手して報道した。
聯合ニュースの報道によると報告書は、「現在韓国は国際非拡散体制の強力な守護者であるだけでなく米国から拡張抑止力を提供されており、核武装に出ないという見方が支配的だ
が、北東アジア情勢の変化の中で国家安保が重大な脅威に直面する場合、核武装の道に進む可能性がある」と明らかにした。
報告書は韓国が核爆弾を製造するのに必要な▽核物質▽核弾頭設計▽運搬体系を簡単に構築できるだけでなく、すでにいくつかの核爆弾を作れる能力を備えたと分析した。また、現
在月城(ウォルソン)に位置する原子力発電所の4基の加圧重水炉(PHWR)で416個の核爆弾を作れる準武器級プルトニウム2500キログラムを生産し5年以内に数十個の
核弾頭を作ることができると予想した。」

参考記事、
22.「【社説】15年後の電源 まだ原発に頼るのか」東京新聞2015年5月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015050402000137.html
「・・・・再生可能エネルギーを導入すると電力料金が高くなるので、原発を使うという方針だが、これも疑問だ。計算には実際の原発ではなく、モデルプラントを使った。発電コ
ストは三〇年で「一〇・一円以上」。各電源の中でもっとも安いが、「以上」と付くのは原発だけだ。「青天井ではないのか」と疑問を呈した委員もいたが、上限が示されることは
なかった。再稼働に際しては、個々の原発の発電コストの公開を求めたい。リスクがゼロではなく、被害は電力会社だけでは負いきれないのだから、当然の要求だと考える。福島第
一原発事故調査委員会(国会事故調)の黒川清委員長は「事故は『変われなかったこと』で起きた」と指摘した。有識者会合を見ていると、3・11後も政府は変わっていない
。ただ、希望もある。同案は需要を過大に見込んでいるといわれる。原発の20%超は、需要の下振れと、家庭と職場での省エネで大幅に減らせるかもしれないのだ。国に頼っても
ダメ、というのも3・11の教訓だ。」

23.「<大間原発>「今だから考えて」 函館のライター、ルポ出版」毎日新聞?5月4日(月)10時10分配信 
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20150504ddr041040002000c.html
「北海道函館市に住むフリーライターの野村保子さんが、青森県大間町のJパワー(電源開発)大間原発周辺をルポした「大間原発と日本の未来」を出版した。地域情報誌「青いぽ
すと」の記者として働いていた野村さんは20年以上にわたって同町や対岸の函館市を取材。「函館市による(同原発の)建設差し止め訴訟で関心が高まっている今、多くの人に原
発問題を知ってもらいたい」と話している。野村さんは函館市出身。・・・」


◆西日本新聞電子版のこれまで掲載された特集記事がまとめて公開されましたので紹介しておきます、会員限定?か不明ですが、
24.「【欧州の脱原発】スウェーデン 核のごみ、共存への覚悟」2015年05月05日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/61427/1/
24’.【欧州の脱原発】「大転換」のドイツ、道半ば[05月05日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/61463/1/
24”.【欧州の脱原発】アイスランド 地熱大国、再生エネ100%[05月05日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/61505/1/

25.日本の最終処分場 選定難航、保管余力なく[05月05日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/61428/1/
25’.日本のエネルギー政策 「原子力回帰」鮮明に[05月05日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/61504/1/

26.「【全電源喪失の記憶 証言・1F汚染】第1章(1) 「やはり来た」西日本電子版2015年05月03日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/61188/1/
26’.「【全電源喪失の記憶 証言・1F汚染】第1章(2) 1400トン沸騰の恐れ」西日本ン電子版2015年05月03日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/61189/1/
26”.【全電源喪失の記憶 証言・1F汚染】第1章(3) 「日本は隠している」[05月04日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/61191/1/
26”’.【全電源喪失の記憶 証言・1F汚染】第1章(4) 国の存在感[05月04日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/61192/1/
26””.【全電源喪失の記憶 証言・1F汚染】第1章(5) ヘリ合流地点に向かえ」2015年05月05日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/61195/1/
26””’.【全電源喪失の記憶 証言・1F汚染】第1章(6) 上空は「毎時2シーベルト」[05月05日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/61198/1/

◆今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、関連記事は見当たりません。

今朝は以上です。(5.5.4:59)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。ご意見などは⇒ ysykf at yahoo.co.jp へ 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 前田 朗 さんから:
ウォルドロン『ヘイト・スピーチという危害』(2)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/05/blog-post_3.html

ウォルドロン『ヘイト・スピーチという危害』(3)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/05/blog-post_4.html

★ 井手さんから:
辺野古アクション(沖縄・辺野古新基地建設反対アクション・福岡)
5月の行動です。●毎週火曜日18時30分〜19時30分まで
・福岡天神パルコ前、
・街頭宣伝行動(横断幕、マイクアピール、ビラまき、プラカードなど)
皆さんの奮っての参加を訴えます。
現地沖縄では米軍キャンプ・シュワブゲート前で辺野古新基地建設阻止の連日の行動が続いています。
4・28沖縄福岡行動は皆さんの参加で、街頭アピール行動と天神デモを行いました。
5月の沖縄行動への寄せ書きも寄せられました。意気軒昂と天神デモを行いました。
4・28沖縄では辺野古ゲート前現地では300人の早朝集会と終日の行動と夕方から
那覇市内で雨の中で県民集会が2500人の結集で行われ、国際道りのデモが行われています。
菅官房長官は今後、4・28を「主権回復の日」として節目ごとに記念式典を行うと発表しています。
4・28に日米首脳会談を行い、辺野古建設推進を確認しています。
沖縄を米軍政下に売り渡したこの日を自民党は「祝日」にしようとしています。
とんでもないことです。
安倍の動きに辺野古新基地建設阻止の沖縄、全国の力と運動で風穴を開けていきましょう。

 −−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●<私のフェイスブック>●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第13回口頭弁論 5月15日(金)13:30〜福岡地裁「301大法廷」 
          原告側証人尋問
  門前集会 13:00〜 入廷 13:15〜 口頭弁論 13:30〜16:10 
報告集会 16:30〜 福岡市中央市民センター第一会議室
            福岡市中央区赤坂2-5-8 

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  〜川内原発のスイッチは押させない!〜
    福岡市舞鶴公園: 福岡市中央区城内1番
     地図 http://tinyurl.com/n6wl32h

<事務局会議>
  1)日時 5月19日(火)18時30分〜21時
  2)場所 福岡市人権啓発センター
        福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

 <<九州電力による川内原発再稼働を目前にして、
6月7日(日)、史上最大規模の集会を開催>> 大成功のため
 HPホームページ http://bye-nukes.com で登録・ダウンロード。
 チラシ・賛同・出店(マルシェ)・メッセージ
 
  ・再稼働阻止の意思表示カンよろしくお願い致します。

郵便振込み:口座記号番号  01710−4−143553
 加入者名   原発いらない九州実行委員会

他銀行から:  店名(店番)  一七九店(179)
        預金種目    当座
        口座番号    0143553

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第13回裁判判 6月11日(木)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9180(4/23日現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内