[CML 037266] 物語の背後に物語あり:ドル覇権とイラン核問題

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2015年 5月 1日 (金) 02:25:45 JST


みなさまへ   (BCCにて)松元

今月2日、イラン核問 題の6月最終合意にむけた「ローザンヌ枠組み合意」が発
表された。世界はイランの 譲歩に注目したが、その直後、世銀に30年務めたエ
コノミストで地政学アナリスト のペーター・ケーニッヒ氏が、背後にあるドル
覇権の凋落に注目すべしと帝国アメリカの病巣を突いた論考をインフォメーショ
ン・クリアリン グ・ハウス誌に投稿した。

時期を重ねて、すでに57か 国が参加しているAIIBにも注目が集まったが、
ペーター・ケーニッヒは、このAIIB(アジアインフラ投資銀行)と
BRICS開発銀 行、中南米圏のバンコ・デル・スールをあげて「IMF,世
銀、米州開発銀行に直接挑戦するもの」であって「事実上、帝国の腐敗した宮殿
は 崩壊している」と警告している。拙訳ですが紹介させていただきます。
(2015年4月30日記)

【訳者注記:原著者が文中で( )に挿入したところはすべて[ ]に、訳者が挿
入したところは すべて( )とした。またhydrocarbon(炭化水素)は、「石
油・天然ガ スなどの炭化水素」と表記した。】

/*Dollar Hegemony and the Iran Nuclear Issue: The Story behind the Story*/
*物語の背後に物語 あり:ドル覇権とイラン核問題***

Url of this article:

http://www.informationclearinghouse.info/article41512.htm

/**/

/*By Peter Koenig*//**/

/ペー ター・ケーニッヒ(松元保昭訳)///

/2015//年//4//月//10//日///

インフォメーション・クリアリング・ハウス(ICH)誌

//

/「国 際協定は西側の人質となっている。イラン内部にはワシントンから多くの
干渉があった。核問題はまさにイスラム共和国を貶める口実で あって、ほかに
関係することなどほとんどない。」ソラヤ・セパプール・ウルリッヒ[RTイン
タビュー、2015年4月6日](このインタビュー動画(英語)のURL://https:
//youtu.be/88WmJ4Zv5EY// )///

//

こ の発言は、まったく当を得ている。故意につくられた核問題は―まさにレジー
ム・チェンジのための口実であり…たぶんそうだろう。だがそれ 以上のことでも
ある。実際もたらされた最近の「ローザンヌ(枠組み)合意」に表明された見解
にかんしては、イランと5+1(安保理常任理事国+ドイツ) の関係国のあいだ
でかなりの違いがあるだろう。物語の背後のもうひとつの物語に気づく必要がある。

だ れも詳細については語らず、おそらく大部分の専門家たちが―正直な人たちで
さえ―気づいていない。2007年 にイランは、イラン国営石油証券取引所
(IOB)を開設しようとしていた。―石油・天然ガスなど炭化水素の国際取引
および同種品目の備蓄 交換が、生産者であろうとなかろうとあらゆる国が[依
然とした]この主要エネルギー資源をUSドルに代わる手段としてユーロで取引
できる ものであった。

こ れはもちろん、ドル締め付けからの世界の解放、―ドル覇権の終焉を意味し
た。ワシントンはこれを承服できなかった。世界の主要準備通貨と してのドル
の終焉、またいたるところで制裁を加える道具でありワシントンの指令を受け入
れるよう世界に強要する手段の放棄、を意味するこ となど―とんでもない!

石 油・天然ガスなどの炭化水素は何千億ドル相当の価値で、米国経済では何ら
正当化する理由を見いだせない膨大な量のドルで毎日取引されてい る。しかし―
彼らはFED(連邦準備制度)に自在に紙幣を乱発させており―すべての新ドル
紙幣は国際債務のドルである。それが世界中の国 家の準備金財源を満たしてお
り、その結果また、徐々に米国通貨価値を切り下げてまともに米国経済に跳ね
返ってくることになる。

石 油とガスに限り―カーター政権下の70年代前半、軍事的保護と引き換えにサウ
ド家 の友人である父ブッシュによってサウジアラビアに課された「取り決め」
で―世界がその産業に燃料を補給する炭化水素が必要なかぎり、また 世界の意志
がドルをそれもばかげた量のドルを必要とするかぎり―ドルで取引される。いわ
ゆる量的緩和政策[QE]は、地球上のいたるとこ ろで戦争と紛争に融資する
ため、また無慈悲なシオニスト=アングロ=サクソンの嘘とプロパガンダの機関に
資金供給するため、何兆ドルとまでいかないまでも何 千億ドルもの紙幣乱発を
米国に許してきた。いいじゃないか。それはただの負債だ。結局はその備蓄のた
めにドルを保有する国々に対し帝国が 戦いかつ嘘をつくのだが、まさにそうい
う国々によって負債が―逆説的にもたらされてきた。

「履 行しない義務」から成り立っている実際の米国負債が過去7年間で約48兆ド
ルから、2014年の[GAO(米会計検査院)]によれ ば130兆ドル、米国GDPの
約7,5倍に達していることをほとんどだれも知らない。比較して言うと、ギリ
シャを苦しめ打ち砕 いた「トロイカ」[EU-IMF-ECB(欧州連合-国際通
貨基金-欧州中央銀行)]のそれよりも倍 以上の負債である。

石 油・ガス取引用のドルを放棄する主権決定の行使は米国覇権の権力基盤を破
壊するものでありイランのような国に許すことなど―とんでもな い。ジョージ・
W・ブッシュによって、核の脅威以上のもの―当然イスラエルの全面的支援をと
もない悪の枢軸の環となったその国を推し測っ て口実がでっち上げられねばな
らなかった。メディア操作によって強化されて、イスラエルとその地域すべてに
とってだけでなくアメリカ地域 の合州国にとってもまた、イランは核の脅威と
なった。約15000キロ離れた帝国 にとってのその脅威は、その時点でイラン最強
の長距離ミサイルはわずか2000キ ロの射程能力だった。

合 州国に対する差し迫った脅威だとベネズエラを非難した最近の[不愉快な]
オバマのジョークは同じように聞こえる。実際、そんなに犯罪的で 嘆かわしい
ことでないなら、そんな非難は馬鹿げたことであろう。この嘘は対ロシア制裁と
同類の経済戦争に続いたものだったので、―それは ―結局は「制裁する側」自身
に裏目に出た懲罰となった。ヨーロッパの場合、とくにそうであった。「制裁」
の実際の影響が明らかになったと き、MSM(主流メディア)は要するに沈黙
してしまった。人々は簡単に忘れる。目を開かない限り彼らは次の嘘に騙される
ままなのだ。

ド ルは帝国の世界覇権の最終的な支柱である。それなくして、命運は断たれ
る。ワシントンはそれを知っている。ひとはイランのそれに類似した 例を探す
ためにわざわざ遠くへ行く必要はない。1990年代後半にサダム・フセイ ンがイ
ラクの石油をユーロで売却すると公表したとき、2000年にはすぐにも通商 禁止
が終わりを迎えた。理由は彼の国の侵略が悟られる必要があったからだ。けっし
て存在しなかったWMD(大量破壊兵器)の脅威が、国連 安保理をはじめ世界
中に宣伝された。そして―ビンゴ―西側メディアの殺人機構はイラク侵略とサダム
殺害の動機を発明した。これで十分では ないかのように、サダムは突然9・11の
―巨大なミラクルに結びつけられた。アメリカ人はさらにこの嘘に騙された。

ム アンマル・カダフィは、自国の主権を主張したためにもうひとりの犠牲者と
なった。彼はアフリカのために確固とした新たな通貨、ディナール 金貨をリビ
アの金で保証したと発表した。リビアとアフリカの石油など炭化水素は、ドルに
代わる通貨、ディナール金貨で取引されるはずだっ た。カダフィはまた、リビ
アが支援した低価格モバイル・ネットワークをアフリカ中に導入して、西側の略
奪巨大電話企業からアフリカを解放 するつもりだった。2011年10月20日、カダ
フィはCIAの手先によって残虐に殺害された。今日、リビアは市民の不安と殺
害の温床である。(地中海ではリビアからヨーロッパへ逃亡しようとする膨大な
難民の犠牲者が難破している。=訳者)

イ ランのケースはもうすこし複雑だ。イランはロシアと中国の支援を受けてい
る。それにもかかわらず、プロパガンダ機構に世界への核の脅威だ と塗りつぶ
されてイランは屈服させられた、よろしい。たとえどれほど論理的に語っても、
まだ言い続ける。米国の15の主要諜報機関がイランには核兵器製造計画などまっ
たくない、イランはその濃縮ウラン を電力発生と医療目的に利用することでは
誠実だった、と当時のブッシュ政権に保証したことなど(彼らにとって)たいし
た問題ではない。

イ ランの濃縮プロセスがたった20%の純度に近づいた。医療目的に十分として
も97%を必要とする核兵器にはほど遠い。たとえそうであっても…イランは圧力
を甘受しなけ ればならなかった。そして嘘で張りめぐらされた罠を背負って世
界にとって危険なのけ者国家にさせられた。それが平均的なアメリカ人、ヨー
ロッパ人が現在信じていることである。恥ずかしいことだ。中東における唯一の
核の脅威、イスラエルについてだれも公然と語らない。それが もうひとつの恥だ。

た とえ、ローザンヌ合意がきょう、または次の6月、緊張の3か月よりもっと後
であっても、無駄な交渉だ。たとえ、国連決議が合意について制裁解除に つい
て何かを語ったとしても―ワシントンはイランを圧迫し続ける口実をつねに探し
出すだろう。ソラヤ・セパプール・ウルリッヒが語ったよ うに、「国際協定は
西側の人質となっている」―世界で唯一のならず者国家、残虐で犯罪的な米帝国
が、その哀れな貪欲を満たすその道を圧し 潰して行くのを阻むような国際協定
も国際法も存在しない。

帝 国が生き残る限り、常に―こうである。そう、経済が生き延びることはたんに
時間の問題に過ぎない。15年 前、世界中の準備保有資産のほぼ90%が米ドルま
たはドル表示の有価証券で保たれ ていた。2010年には比率が約60% に減少し、
今日それは50%に近づいている。それが50%以下に落ち込むなら、過去100年 間
あったと考えられてきたドル紙幣がもつ信用は世界中の政府から徐々に失なわれ
るだろう。いずれにせよ、それはシオニストに支配された西 側金融システムの
召使いが詐欺に用いるミッキー・マウス(シンボル)貨幣、まったく役立たない
紙切れ同然の貨幣、勝手気ままに「非-同盟」世界を貧窮させることに悪用され
てきた貨幣、にほかならない。

イ ランはこれを知っている、ロシアも理解している。―直接対決しなくても、イ
ラン合意が最終的に予定している約20〜30年もの長いあいだ帝国の 統制力は持
ち応/えないかもしれない。したがってイランが 「和平」に向かわなければなら
なかった大きな/譲歩―その濃縮プロセスを核燃料プラントに十分な3,37%に減
速すること、また20%に濃縮した医療用ウランのその備蓄を海外に売却または移
転すること―というこの「輝 かしい」暫定合意に達するこれらの譲歩はさほど重
要ではない。イランのモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ、同じくロシアのセ
ルゲイ・ラ ブロフ両外務大臣が公表したように、勝者はイランの側にある。も
しワシントンがつぎの3か 月以内に、あるいはありうることだがいつでも気まま
に合意を頓挫させるなら、イランは世界的な信用という闘争に勝利したことにな
る。イラ ンがすでに署名した合意を進んで固守するなら、たとえどれほど妨害
されようと問題ではない。

事 実上、これらの方向が印刷されようとしているとき、帝国の腐敗した宮殿は
崩壊している。過去2年 のあいだに、アジアを基盤とした新たな二つの国際的な
開発・投資銀行が創設された。2014年7月に、BRICS開発銀行が―ブラジル、
ロシア、インド、中国、および南アフリカ ―BRICS5か国の指導者によって
ブラジルで成立した。今年初めには、中国と他 の20か国に出資され上海で開業
するアジア・インフラ投資銀行―AIIBが創設さ れた。イランはAIIBの創
設メンバーである。

ま た、ベネズエラが出資したバンコ・デル・スール―ラテンアメリカ半球のため
の開発銀行―が、2015年 中に操業開始になるだろうと、ちょうどエクアドルの外
務大臣が公表したところだ。これら三つの銀行は、ワシントンが支配する
IMF、世界 銀行、そしてIDB[米州開発銀行]に 直接挑戦するものだ。考え
ても見よ、ワシントンのもっとも悪名高い「同盟国」の者たちが、ホワイトハウ
スの意志に逆らってAIIBの約40か国の創設メンバーに合流しているではない
か?それらの国々ー英国、フランス、ドイ ツ、イタリア、およびスイス―は、ネ
オリベ・ヨーロッパの縮図だ。

ワ シントンの見せかけの覆いと不合理な傲慢は、もっとも緊密な同盟国を
「敵」の陣営に追いやっている。2015年4月2日、FED(連邦準備銀行)は、ワ
シントンが制裁した国々―キューバ、スーダン、および イラン―との取引の廉で
ドイツのコメルツ銀行に17億米ドルの罰金を科したと発表 した。

こ れは、すべての国際銀行業務が米国の銀行を通して運用される限り、またロ
スチャイルド支配のBIS―国際決済銀行によって管理される必要 がある限り生
じたことに過ぎない。ロシア、中国と他のSCO[上海協力機構]提携諸国は、
石油・ガスなど炭化水素取引を含む国際契約およ びマネー移転のためにすでに
ドル・システムから離脱している。彼らは、西側が支配し非公式に所有している
SWIFT(国際銀行間通信協 会)移転方式に代わるものを開始しようとして
いるのだ。新たなシステムには、略奪するドルの鉤爪から自由になることを望む
どんな国でも合 流するにちがいない。

帝 国のもっとも信頼に足る手先でさえ東側で提携を求めるとき、経済の風向き
は変わっており、構造上の大変革がやがて起こりうるという不吉な 前兆もある
が、いずれにせよ予見できる将来、イラン核合意は実際にはなんら重要ではない。

(以上、翻訳終わり)



CML メーリングリストの案内