[CML 036868] 偽旗作戦(自作自演の事件)と「良識派」の思想的頽落現象

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2015年 3月 31日 (火) 07:50:59 JST


檜原転石です。

桜井春彦はたびたび有名な偽旗作戦「ノースウッズ作戦」に言及していますが、
日本にも有名な自作自演の事件が2つあり(張作霖爆死事件・柳条湖事件)、
学校でこれらを現代史をちゃんと学べば、今の国際ニューズに接しても、
情報総てを丸呑みせず、眉唾で見る癖も身につけるでしょう。

さて話は変わり、私たちは反・安倍晋三だけをもってTPP推進(混合診療の解禁、
解雇規制緩和の推進、法人税減税の推進、農協解体の推進、郵政民営化の推進など
一貫した規制緩和論者)の古賀茂明などを持ち上げる愚は絶対避けるべきで、
たとえて云うなら、それは【「在特会」は駄目だが「一水会」は良し】というよ 
うなものです。

日本の「良識派」の思想的頽落現象は、労働権侵害を憂えてトンデモ和製英語 
「ブラック」を濫用してしまう
愚劣をみても明かですが、例えば以下のように性奴隷問題でも――


▼和解という名の暴力 ─ 朴裕河『和解のために』批判(徐京植)
http://east-asian-peace.hatenablog.com/entry/2015/03/7/234334…
・・・たとえて言えば、『スカートの風』(角川文庫)の著者である呉善花が「サ 
ンケイ新聞」の読者層である右派の需要を満たしてきたとすれば、朴 裕河は 
「朝日新聞」の読者であるような
リベラル派の需要を満たしてくれる存在であるといえよう。前者は国家主義に、 
後者は国民主義に対応しているのである。朴裕河現象は一九九〇年代以 降にお 
ける日本リベラル勢力の思想的頽落現象が、被害者側(と自称する人物)の口を 
借りてまで自己を承認しようとする、そして、しばしばそうした承 認を被害者 
側に要求しさえする水準にまで至ったことを示している。

 
▼偽旗作戦(自作自演の事件)

「張作霖爆死事件 松本記録1」より
http://www.geocities.jp/yu77799/siryoushuu/matumotokiroku1.html
張作霖爆殺事件
   -河本大佐犯行説、これだけの根拠-
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/chousakurin.html
張作霖爆死事件 松本記録
http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/MetaOutServlet

1962年 - ノースウッズ作戦 

1964年8月 - トンキン湾事件

▼柳条湖事件
関東軍の自作自演の柳条湖事件(1931年9月18日)首謀者――関東軍高級参謀・板 
垣征四郎大佐と関東軍作戦主任参謀・石原莞爾中佐実行グルー プは、買収した 
中国人2人を殺害して中国兵の服を着せ、爆破現場に2人を殺害して中国兵の服を 
着せ、爆破現場に2人の遺体を捨てて中国軍の犯行と 偽装した

小澤征爾の名は征四郎と莞爾から

▼桜井ジャーナル

TPPは巨大資本が国を従属させる仕組みで、巨大資本がカネ儲けのため、庶民に 
戦争を強いることに
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201503300000/


CML メーリングリストの案内