[CML 036851] 【「3・28沖縄辺野古連帯☆花見大ゆんたく☆」で採択されたアピール】「No Base!沖縄とつながる京都の会」からアピール 5月、6月 沖縄連帯を示すため辺野古へ行こう・・・・

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2015年 3月 29日 (日) 10:57:12 JST


昨日の「3・28 沖縄辺野古連帯☆花見大ゆんたく☆」ですが、入れ替わり立ち代り人が来て、延べ30名くらいの参加者でしたでしょうか?とにかく楽しい花見でした!

 沢山の料理を用意された大湾さんのお連れ合いの方その他さまざまな持込をされた参加者、川口さんをはじめ場を盛り上げていただいた多くのミュージシャンの方に感謝です!

 闘争と学習ばかりではなく時には息抜きと会員や仲間同士の連帯交流の場を作りましょう!実行委員長の川口さん、本当にありがとうございました!.

 闘争と学習ばかりではなく時には息抜きと会員や仲間同士の連帯交流の場を作りましょう!実行委員長の川口さん、本当にありがとうございました!
  https://www.facebook.com/mayumi.kawaguchi.56/posts/758558950924743?pnref=story



「3・28沖縄辺野古連帯☆花見大ゆんたく☆」で採択されたアピールです。
https://www.facebook.com/events/1563826253868040/1565036547080344/


「No Base!沖縄とつながる京都の会」からアピール

 

5月、6月 沖縄連帯を示すため辺野古へ行こう・・・・

2015.3.28

 2014年、名護市長選、名護市議会議員選挙、沖縄県知事選、そして解散総選挙で沖縄全ての選挙区で「辺野古新基地建設反対」が沖縄の民意となった。

 3/23 県庁で翁長知事は「腹は固まった。岩礁破砕許可の取り消しも視野にいれて防衛省に工事中止」を申し入れた。

 

 これまで京都に限らず全国各地で多くの人々が声をからして「沖縄に連帯しよう!」「辺野古の海を埋め立てるな!」と叫んできた。そして集会とデモを繰り返し、学習もした。

 それにも関わらず安倍首相は「辺野古が唯一の選択肢」と言い、菅官房長官は、「(仲井真知事の)承認を得て法的に問題はない。淡々、粛々と進める」と言い放っている。

 そしてついに、中谷防衛相が「夏には(辺野古の海)埋め立て本体工事を行う」と国会で発言した。」 民主主義を踏みにじったのは政府だ。立憲主義は政府によって崩された。

 この政府の発言に沖縄では怒りの抗議が海とゲートで繰り返されている。

 

 私たちは、政府の暴挙をまだ止めるに至っていない。何が足りないのか。

沖縄・辺野古に行こう、ゲート前で沖縄の人々とスクラムを組もう。

 

沖縄から呼びかけが発せられている。

3/21 辺野古の瀬嵩で3900人が集まり「辺野古を埋めるな」の声響く。

 4月28日(屈辱の日)には、辺野古・瀬嵩又はキャンプシュワブ前で県民集会。その直後、全市町村議員と県議がシュワーブゲートを封鎖する超党派の議員総行動も確認された。主催者代表の照屋寛徳衆議院議員議員は、「新基地建設は母なる海を壊し、ウチナンチュの尊厳を大きく毀損する」と叫び、辺野古・大浦湾に新基地作らせない二見以北住民の会の松田藤子代表は「大浦湾の海が国家権力対民意(人民主権)の闘いの場になった。日本はこれで良いのか考えて欲しい」と呼びかけた。

 稲嶺市長は「私たちの勝利は目の前だ。誇りと自信を持って信念を貫き、辺野古が白紙に戻るまで皆で力を合わせていこう」と声を振り絞った。

 そして5月17日(日)平和行進の最終日には、「止めよう辺野古新基地建設実行委員会」は、沖縄セルラースタジアム那覇で大規模な大会を開くと発表し、全ての人々に参加を呼びかけている。

 

 沖縄の「大浦湾・辺野古決戦」は、4/28~5/17と確定した。

京都から近畿からあらゆる努力を駆使して辺野古に参じる準備を始めましょう。

 戦後70年、沖縄の基地解放闘争の正念場が設定されたのです。

これまで「沖縄連帯」を口ずさんできた全ての人々に呼びかけます。

 この期間に沖縄・辺野古に参じないでいつ沖縄に出かけるのか、いつ連帯を具体化するのか、と。 		 	   		  


CML メーリングリストの案内