[CML 036849] 31日、都教委糾弾ビラまき「東京都の教育委員たちは?」

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2015年 3月 29日 (日) 00:16:17 JST


皆様
 こんばんは。犯罪都教委&1悪都議(2悪はすでに消滅)と断固、闘う増田です! これはBCCでお知らせしています。重複、長文、ご容赦を。

 東京都学校ユニオン月末恒例の都教委糾弾ビラまきを、3月31日(火)8:00〜9:00、都庁第二庁舎前で行います。

 以下、ビラの一面内容をご紹介します。どう見ても「人格が高潔」とも「識見を有する」とも、到底、思えない人物たちが都教委の無法地帯教育行政を担ってくれているのです・・・

************************ 


東京都の教育委員たちは、「人格が高潔」? 「識見を有する」?

 

★「公開の教育委員会では意見が言えない」都の教育委員たち

 当組合は、前回配布都庁前ビラ(15年2月)で、都教委が2013年6月13日の教育委員懇談会の資料を完全非開示とした事実を伝え、「都教委に疚やましいところがなければ、開示せよ」と主張しました。

 

 しかし、問題は、都の各教育委員たちの資質にもあります。地方教育行政法(『地教行法』)第四条によれば「委員は…人格が高潔で、教育、学術及び文化に関し識見を有するもの」となっています。 

 

 ところが「実教出版歴史教科書は『国旗・国歌強制の自治体がある』という事実を書いているから、文科省検定合格教科書であるが都教委は不合格にする」という重大な内容について、彼らは密室の談合である「懇談会」の場でなければ、意見を言えなかったのです。

 

 非開示理由を平たく言えば、「公開の教育委員会では都民(傍聴者)がいるから、自由に物が言えない、だから公開の委員会とは別に都民(傍聴者)を排除して自由に物を言うための懇談会が必要なのだ。そこの内容は秘密!?」ということでした。

 そして、この、都民(傍聴者)不在の懇談会で意見交換して教育行政の方向付けを決め、次回の定例会を「シャンシャン委員会」とし、議論なしの結論だけを全会一致で都民に公開するのです。

 

これは、都民(国民)の「知る権利」を明確に侵害するものです。また、密室の懇談会こそが教育委員会での実質的な意見交換、審議の場となっているのですから、地教行法第十三条の「教育委員会の公開」という重要な法的原則にも、実質的に違反しています。

 

東京都の教育委員は、木村孟(委員長、元東工大学長・文科省中教審会副会長)、

遠藤勝裕(元日本銀行)、竹花 豊(元警察官僚)、乙武洋匡(『五体不満足』の著者)、

山口香(柔道家)、比留間英人(教育長、元総務局長)の六人です。

 

 この委員たちが、本当に人格高潔で、識見がある、といえるのなら、「公開の教育委員会」の場で、堂々と意見交換すべきです! この2013年6月13日の密室の談合における意見交換の記録・資料を公開すべきです!

 

☆対都教委、実教出版教科書裁判の傍聴参加を! 

6月 30日(火)16:00  〜(東京地裁419号法定、霞ヶ関A1出口)

 		 	   		  


CML メーリングリストの案内