[CML 036831] -日韓の「和解」のための歴史認識とはー 講演会&シンポジウムの案内(再送)

nakata mitsunobu mitsunobu100 at gmail.com
2015年 3月 26日 (木) 23:52:27 JST


日本製鉄元徴用工裁判を支援する会 中田です。

複数のメーリングリスト・個人に送らせていただい ています。
重複される方申し訳ありません。

日が迫ってきましたので、再度の案内です。下記により開催され ます。
関心のある方是非と もご参加ください。

-------------------------------------------------------------------------
―戦後70年、日韓基本条約50年にあたって―

日韓の「和解」のための歴史認識とは


●日時  2015年3月28日(土)13:30~17:30(開場13:00)

●会場  龍谷大学 アバンティ響都ホール(京都駅八条口南側すぐ アバンティ 
8F)

●プログラム

<第1部 基調講演 13:35~15:00> 

『架橋のない2つの日韓協定―1910年 併合条約と1965年日韓協定―』

 李泰鎭(イ・テジン)氏(韓国・ソウル大学教授、韓国近代史)


<第2部 パネルディスカッション 15:15~17:30>

日韓の「和解」のための歴史認識とは

【パネリスト】

韓国側:李 泰鎭氏(ソウル大学教授、韓国近代史)

日本側:戸塚 悦朗氏(元龍谷大学法科大学院教授)

    「歴史認識と日韓の『和解』への道―安重根東洋平和論研究は、日本を 
孤立から救うか?-」

    平田 厚志氏(龍谷大学名誉教授)

    「朝鮮侵略と真宗僧の戦争責任」

    【コーディネーター】 重本 直利氏(龍谷大学経営学部教授)


●参加費 500円

【主催】

龍谷大学社会科学研究所付属 安重根東洋平和研究センター

安重根東洋平和論研究会 立命館大学コリア研究センター

<連絡先>龍谷大学経営学部 重本研究室 

〒612-8577 京 都市伏見区深草塚本町67

Tel 075-645-8630 or 8519

Emailsigemoto at biz.ryukoku.ac.jp

協力:「韓国併合」100年 市民ネットワーク NPO法人丹波マンガン記念館



CML メーリングリストの案内