[CML 036822] 明日3/26(木)エクアドル・フィリピン採掘現場調査報告会@PARC自由学校教室(淡路町)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 3月 25日 (水) 14:28:11 JST


紅林進です。

私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC)で
明日3月26日(木)に開催します下記報告会のご案内を転載さ
せていただきます。

お申込は下記からできます。

お申し込み:
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html


(以下転送)

PARCの浅田です。

明日開催のイベントのお知らせを再度みなさんにお送りいたします。

採掘問題、と聞くとなんだか縁遠い話のように聞こえますが、
身近な電化製品に、多くの鉱物資源が使用されています。
(例えばPC、携帯電話にはレアメタルもふんだんに使われています。)
一方、実際に採掘が行われる現場の人権侵害や汚染問題は深刻です。
エクアドルでは村長の不当逮捕、フィリピンでは生活用水と河川の汚染が進行しています。
現場で何が起こっているのか?
PARCからは田中が、ナマケモノ倶楽部からは宇野さんが、報告を行います。

是非ご参加ください!

(転送歓迎)・(重複失礼
)
□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆
□■◇◆
□■◇◆
エクアドル・フィリピン採掘現場調査報告会

3月26日(木) 19:00〜21:00
 @PARC自由学校教室

http://www.parc-jp.org/freeschool/event/150326.html

□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆

PARCでは2014年度から、
「採掘」をテーマに調査研究プロジェクトを実施しています。
私たちの身近な電子機器に使われている金属が
どこから来ているのか?

近年のスマホ需要拡大に伴って、
どこの鉱山が新たに開発されようとしているのか?

そこでは現地に何か問題は起きていないだろうか?

こうした問いに答えるべく調査を進め、
私たちが日々手にする携帯機器の裏側に潜む
環境・人権問題を調査してきました。

今年度はその中でも、
エクアドル、フィリピンの2ヶ国の鉱山現場を訪れ、
現地の方々の声を聞いたり、
採掘の様子を見てきたりしました。
そこで、それら2ヶ国訪問の結果報告会を開催いたします。
当日は簡単に近年の資源調達の傾向をご紹介した上で、
2ヶ国を訪問したスタッフ・協力者が、
現場の最新映像も交えて、
それぞれの現場で起きていることの紹介をいたします。

日時:2015年3月26日(木)19:00〜21:00

会場:PARC自由学校 2F教室
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
Tel:03-5209-3455
地下鉄 都営新宿線「小川町」、丸ノ内線「淡路町」、千代田線「新御茶ノ水」
※いずれの駅も地下でつながっています。
A5出口から徒歩2分
JR「お茶の水」聖橋口から徒歩6分

(地図)
http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

報告者:
宇野真介さん(ナマケモノ倶楽部 東京事務局員)
田中滋(PARC事務局スタッフ)

参加費:
一般 800円
PARC・ナマケモノ倶楽部 会員 500円

お申し込み:
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

主催・お問い合わせ:
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453
e-mail:office at parc-jp.org

協力:環境=文化NGO ナマケモノ倶楽部、エシカルケータイキャンペーン実行委員会

※この報告会は環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けた活動に関する報告会です。報告会も助成を受けて開催
いたします。

(以上)
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘


CML メーリングリストの案内