[CML 036714] <テント日誌3月15日(日) 経産省前テントひろば1242日目、商業用原発停止546日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2015年 3月 16日 (月) 12:04:54 JST


(転送します)

テント日誌3月15日(日)
経産省前テントひろば1242日商業用原発停止546日

テントはにぎやか

朝から曇り空で雨の心配しながら出かけた。
テントに着いたら泊まり開けの方が3人待っていてくれた。
時々群馬から来てくれるTさんテントが心配で昨夜来てそのまま泊まって下さったそうだ。
10時過ぎ正清さん、A子さんが来てくれたのでMさんは帰る。
暫らくして何やら右翼の叫び声がしたので慌てて椅子を片付けたりしているといつもより近くに駐車していた警察車から警官が2人降りて来てテント前に立っていた。
テントのこと気にしているのですね。
それと同時くらいにK子さんが来て手作りの美味しいパイを差し入れてくれた。
彼女は農林省方面から来たので街宣車が怒鳴って通るのを見たそうだ。
彼らは通りすがりに罵声をあびせただけらしく一安心。

今日は川柳句会の日だったので1時過ぎから人が集まり始め賑やかになった。
乱さんの選んだお題は「夢」と「生きる」
簡単そうで難しい。
参加者は女性ばかり8人でした。

夢の部 
秀句
* 中東に平和が来る日現実に  乾草
* 放射能夢にはあらず人の罪  落葉
* いつの日か真の文明実現す  芒野
* この国が原発ゼロも夢でない わかち愛
* 夢じゃない核のない国四季の国 甲斐猫のら
特選 
* 裁判に買った夢見て目が覚める 草地

生きるの部 
秀句
* 日本で生きる苦しみ誰や知る      落葉
* 死ぬまでは生きて闘う心意気      乾草
* 後期高齢者となりてもいまだ議事堂前 ハテナ
* 放射能囲まれながら避けて生き     芒野
* 反原発生きとし生ける人の声      怪猫
特選
* この星は原発ゼロで生きられる     わかち愛 

昼過ぎから太陽も顔を出してやっと春の気配
アコーディオンドアを固定するため来てくれたSさん、埼玉のKさんもう一人のSさんなどが来て女性陣に混じってテント前でのおしゃべりが弾んでました。
5時からは早川由美子さんのお話会もありましたが、私とA子さんは失礼して帰途に着く。
お話会にはたくさんの人が集まった様で良かったです。
(I・K)

 約20人が集まり映画監督早川由美子さんからホットなインドツアー報告を聞いた。映画『踊る善福寺』がインド・ニューデリーで開催された第11回アジア女性映画祭で上映され、監督も初めてインドに渡った。毎日インドカレーを食しインドの街の生活を楽しみ人々の平和への願いを聞いた。カースト制度下でも、スラムにおいてさえ一人一人が自分の力で生活の糧を得る努力をしている。沢山の写真を拝見しながらの2時間半のインド旅行を終えた後、参加者から沢山の質問や経験談が飛び出した。
 会に続いて第2テントに多数が泊まる。それ故、トーク終了後も第1テントでも活発討論、遅くまで脱原発と反戦の談議が続いた。同じ敗戦国ドイツと日本とはどうして違ってしまったのか、ヒットラーと昭和天皇との違いは、辺見庸の私記「1★9★3★7―『時間』はなぜ消されたのか」(週刊金曜日連載)が強烈、豊臣秀吉による京都の耳塚を観た、日米合同委員会と日米原子力協定を監視しなくては、などなど。
 深夜にテントとコンビニ間を往復して途方もない矛盾を感じた。経産省は2つの階で明かりがみられるだけ、文科省前にはタクシーの列。深夜に仕事する官僚もいるが大半は平日のみの仕事で、彼らは高給をもらいながら結果責任をとらない。イチエフ事故の責任をとらず、今起こっている不適切な対応にも責任をとらない。放射能汚染水が60万トンも貯まる一方で海洋にじゃじゃ漏れ垂れ流しし、デブリの状態も不明で廃炉への道が見えない。日本学術会議の提言に反して「トイレなきマンション」の解消がおぼつかないのにまた原発労働者も不足しているのに、全国の原発の再稼働を容認しようとしている。
 その官僚たちが我々のささやかな表現である脱原発テントを撤去しようとしている。撤去すべきは原発、撤去すべきは東電や経産省だのに。
深夜にOさんが拍手を送る記述発見:
「おもてなし」は裏ばかり。
お=汚染水、も=漏れても、て=適当に、な=流して、し=知らん振り。
 月曜早朝からテントはにぎわった。判決が出て3.11も終わってそろそろ強制撤去が心配と、何人かが始発電車でテントに到着したのだ。
 官庁街に出勤する人たちへのチラシまきでは、「放射能汚染水管理もできない東電が柏崎刈羽原発を動かそうとしている、許せない」と訴えると手を出して受け取る人も現れた。
 ともあれ、Xデイ筆頭の朝は無事に過ぎ去った。
(K.M)





CML メーリングリストの案内