[CML 036683] 明日3/15(日)「樋口健二&広瀬隆with仲間たちのトークディスカッション」@武蔵野スイングホール (武蔵堺)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 3月 14日 (土) 08:03:10 JST


紅林進です。

明日3月15日(日)に開催されます、フォトジャーナリストの樋口健二氏
と作家、ジャーナリストの広瀬隆氏を招いてのママデモ主催による
トークディスカッションのご案内を転載させていただきます。

(以下、転送・転載歓迎)

「樋口健二&広瀬隆with仲間たちのトークディスカッション」 
 
日時:2015年3月15日(日) 18:00開場 18:20開演  22:00終了   
場所:武蔵野スイングホール 南棟11Fレインボーサロン
      (JR中央線・武蔵堺駅北口下車 西へ徒歩2分)
       地図 http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/swing/access.html
入場料:1000円
 
【出演】(敬称略) 
樋口健二、広瀬隆と仲間たち 
 ★仲間たち…川根眞也 ほか決定次第 随時追加していきます!
☆樋口健二....歴史の闇を追い続けるフォトジャーナリスト 
☆広瀬隆.....作家、ジャーナリスト
★川根眞也.....内部被ばくを考える市民研究会代表・理科教諭 
★その他 参加する人々随時追加します。
  
1970年代、原発がこれから売られ次々と作られようとしはじめたときに、
原発作業員の被曝が発覚し裁判が起こされた。   
これから原発を売りさばいていこうとする時に、被曝問題と被曝労働者
の存在は邪魔。そのためいくつもの裁判が棄却され隠蔽された。   
当時、田中角栄総理と原発の大企業や医者、弁護士、マスコミたちが
つるんでしたことはこうした国民ひとりひとりの労働力・労働者たちの被曝
を隠し、放射能影響の因果関係を認めないこと、労災認定しないこと、
特に❗❗ 労働者たちが被曝影響により死んでいくのまでが計算にあり、
死人に口無し❗となるのをみこして裁判を、長引かせたり棄却したりして
心労を更に起こし、諦めさせていくこと。長い長い計画だったのだ。
今、福島での裁判が次々棄却されていることは、まさに、この1970年代
から隠滅されている被曝問題と労働者の差別問題と同じなのである❗
そして現代は安倍総理と、同じ原子力ムラたちが、こうした国民たちを
棄てて無視し、病気が発病してもわからなくするために、放射能汚染の
有害ごみを日本中で焼却させ、大気中に放射能汚染をまきちらしている
のだ。労働者だけでなく、子どもたちまでも犠牲にしていっているのだ。
過去からの被曝問題を知っている樋口健二と広瀬隆のふたりとチェルノ
ブイリと福島から被曝問題に取り組んで事実を知っている人達が一緒に
トークディスカッションすることで、これまで 変えられなかった歴史を私たち
みんなの手で変えていこう❗❗❗❗❗ 
  
主催:ママデモwithハンナ☆樋口健二&広瀬隆トークディスカッション実行委員会
 
予約・連絡先:(メール) chie-suareangelsofthegod at ezweb.ne.jp (魚ずみ)
                (電話) 080-1948-5097 (ヒロオカ) 
  
ママデモホームページ: http://happymamademo.jimdo.com/


CML メーリングリストの案内