[CML 036667] 3/14(土)18:30~つながるトーク 移民をしろう、移民と語ろう「移住女性のエンパワメント」

KIM Boongang / 金朋央 boong at space.ocn.ne.jp
2015年 3月 13日 (金) 11:04:44 JST


コリアNGOセンターの金朋央です。

明日に東京・韓国YMCAで行なうセミナーのご案内となります。
ぜひご参加ください。


◆転送歓迎◆
------------------------------------------
 連続セミナー つながるトーク
 移民を知ろう、移民と語ろう(第5回)

 「移住女性のエンパワメント」
   2015年 3月 14日(土) 18:30〜20:00
------------------------------------------

 日本で暮らす外国人 206万6445人(2013年末)のうち、54.3%を占め 
る112万3008人が女性です。
 そのなかでも国際結婚により日本で長く暮らすようになった女性は多 
数を占めます。2000年以降の国際結婚数は毎年3万件~4万件で、日本に 
おける結婚総数の5%前後です。一方で国際 離婚数も国際結婚を上回る 
勢いで増 えています。
 その他、単身でやってきたり、出身国の夫や子どもと来日したり、家 
族を出身国に残してやってきたりした女性もいます。また、介護現場、 
工場、専業主婦など、様々な形で地域で働き、生活しており、NGOや行 
政で、相談者として移住女性を支援する移住女性もいます。

 ところが、移住女性が地域社会や家族のなかで孤立し、本来の力を発 
揮できず暴力や差別に晒されやすい背景にあることも事実です。こうし 
た移住女性の多くは日本社会の中で、移住者であること、女性であるこ 
となどによる幾重もの差別と偏見を経験しています。また、人身売買 
や、家庭、職場における様々な形態の暴力による深刻な被害に苦しむ女 
性たちも少なくありません。(「カラカサン」ホームページより)
 また、2011年3月の東日本大震災後にNGOが行った調査からも、被災地
に居住している外国人の多数が国際結婚女性であり、移住女性が孤立し 
て支援からもとりこぼされている現実が報告されました。
 移住女性をめぐる、制度や社会における課題はいま何でしょうか。日 
本に暮らす移住女性と子どもたちのエンパワメントをめざして、「カラ 
カサン」で活動する(自身も移住女性である)西本ドナさんから、ご自 
身のこと、現在の活動のことをお話いただきます。ドナさんとの対話を 
通して、参加者と一緒に考えましょう。

会場●在日本韓国YWCA 3階 教室
   アクセス●東京都千代田区猿楽町2-5-5
   JR中央線・水道橋駅東口徒歩6分、地下鉄・神保町駅徒歩7分
   地図●http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/map1.htm
   参加費●1,000円/大学院生以下は500円

○定員20名:事前申込みは必要ありません。

チラシ● http://www.repacp.org/aacp/pdf/20150314LinkableTalk.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■連続セミナー テーマとスケジュール

*基本的に土曜日18:30開始の予定で調整中
(1) 子ども     2014年 10月 25日 (土) 18:30~/終了
(2) 非正規滞在者  2014年 11月 15日 (土) 18:30~/終了
(3) 難民      2015年  1月 24日(土)18:30~/終了
(4) 外国人被災者  2015年  2月 28日(土)18:30~/終了
(5) 移住女性    2015年  3月 14日(土)18:30~
(6) 在日コリアン  2015年  4月 18日(土)18:30~
(7) 留学生     2015年  5月 23日(土)18:30~
(8) 移住労働者   2015年  7月 11日(土)18:30~
○順番・日時は変わる場合があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「つながるトーク 移民を知ろう、移民と語ろう」趣旨

 2012年7月、在日外国人に対する「新しい在留管理制度」がスター ト 
しました。その影響は、外国人の生活の各方面に及び、さまざまな問題 
が生まれています。
一方、政府は2020年東京オリンピック・ パラリンピック開催準備にと
もなう労働力不足を埋めるため、海外 から人を受け入れる方針を決め 
ました。オリンピック・パラリン ピックに向けては、“ヘイトスピー 
チ”という形で注目を集めている人種差別問題も当然避けては通れません。

 既に200万人を超える外国籍の人たちが暮らしている日本。多民族が
共に尊重し合い権利が守られながら住める社会になるためには 、どの 
ような法制度や、意識の転換が必要なのでしょうか?

 〈在日外国人〉を多様な側面からスポットを当て、外国人当事者 の
声を聞き、研究者やNGO実務者の意見を聞きながら、〈多民族・多文化 
共生社会〉について話し合う連続セミナーを開催します。
 とくに外国人・移住者問題に関心を持つ学生の方の参加を歓迎しま 
す。ぜひご参加ください。


主催●
移住労働者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
在日本韓国YMCA
RAIK(在日韓国人問題研究所)

問合せ●
在日韓国人問題研究所(RAIK):Fax.03-3202-4977/e-
mail:raik@kccj.jp <http://kccj.jp>
移住連Tel.03-3827-2316/email:smj-office@migrants.jp
<http://migrants.jp>


CML メーリングリストの案内