[CML 036662] いよいよ出版、前田朗『ヘイト・スピーチ法研究序説』

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2015年 3月 13日 (金) 02:55:47 JST


前田 朗です。
3月12日

宣伝です。

いつもお騒がせします。予告していた本がついにできました。ジュネーヴにいる
私にも「見本本」が届きました。16日配本です。

790頁、置けば「立つ」本です。1冊1キロ、枕代わりにも、重しにも使えま
す。両手に持てば筋トレにもなります。

前田朗『ヘイト・スピーチ法研究序説』(三一書房)
http://31shobo.com/2014/12/15/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81%E6%B3%95%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%BA%8F%E8%AA%AC/


「はしがき」冒頭に次のように書きました。

「本書はヘイト・クライム/ヘイト・スピーチ法研究の第一歩として、本格的検
討の前提となる基礎知識を提供することを目的としている。これまでの研究では
概念定義も不正確であり、時に恣意的な定義のもとに議論がなされてきた。憲法
論の中のごく一部の狭い枠組みでの議論も目立つ。比較法研究も始まったばかり
である。本質論抜きの法技術的解釈も目立つ。そうした現状を乗り越えるために、
ヘイト・クライム/ヘイト・スピーチ法の議論に不可欠な最低限の基礎知識を紹
介し、その土俵づくりを目指す。」

さらに「あとがき」には「出発点に立ったことがないのにゴールで颯爽とガッツ
ポーズを決めている議論の時代を早く終わらせたいものだ」と書きました。もち
ろん、多くの憲法学者のことです。と、ちょっと喧嘩売ってます(苦笑)。

出版記念シンポジウムをやります。ヘイト・スピーチ刑事規制賛成派だけではな
く、慎重派の方にも発言をお願いしています。刑事規制だけが目的ではないので、
この不寛容とレイシズムの時代にいかに向き合っていくのかを一緒に語る場にし
たいと思います。
http://31shobo.com/wp-content/uploads/2015/02/kinenkai.jpg





CML メーリングリストの案内