[CML 036594] 本日3/9(月)「地域を破壊するTPPは止めよう!−公約も国会決議も踏みにじる「合意」はあり得ない−」@東京ウイメンズプラザ・ホール

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 3月 9日 (月) 02:07:52 JST


紅林進です。


本日3月9日(月)に東京・表参道の東京ウイメンズプラザで開催されます、
TPPに関する下記フォーラムのご案内をPARC会員MLより転載させていた
だきます。

*詳細はHP→ http://stop-tpp-forum.blogspot.jp/
*申込は→ http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

(以下転載) 
*********************
(転送・転載大歓迎!)

  地域を破壊するTPPは止めよう!
−公約も国会決議も踏みにじる「合意」はあり得ない−
 http://stop-tpp-forum.blogspot.jp/

**********************

●日時:3月9日(月)18時30分〜20時50分(開場18時)
●場所:東京ウイメンズプラザ・ホール
    渋谷区神宮前5-53-67 (地下鉄「表参道」B2出口など)
アクセス http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx

「3月大筋合意」も視野に、日米政府は協議を重ねています。その裏には、日米
が合意すれば12か国合意も見えてくるとの思惑も。
日本政府は、国会決議で「除外あるいは再協議」とされている米、牛肉・豚肉ま
で一方的に譲歩を重ねていると伝えられています。これら農産品に限らず、TP
Pは地域経済・雇用、医療、さらには司法権など国家主権をも脅かすと心配され
ています。
4月は、統一地方選挙です。これまで多くの自治体議
 会が、TPPには「反対・
慎重に」の決議をしてきました。「地域を壊すTPPはいらない」の声で、TP
P推進勢力に審判を下しましょう。
いま、3月にも「大筋合意」をめざした閣僚会合が取りざたされる中、地域を守
るためにも、「情報開示もしないまま国会決議を踏みにじる合意は許されない」
の声を、今一度発信しましょう。

◇基調講演:「TPPは地域に何をもたらすか」
      京都大学大学院教授・岡田知弘氏
◇パネル討論・・地域農業、地域医療を考える

◇資料代:500円
*できるだけ事前にお申し込み下さい。
*詳細はHP→ http://stop-tpp-forum.blogspot.jp/

★主 催:3.9 TPPを考えるフォーラム実行委員会
★よびかけ:醍醐 聰(TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会)
        中野和子(TPPに反対する弁護士ネットワーク)
        山根香織(主婦連合会)


★連絡先事務局:アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453 E-mail:office at parc-jp.org

*****転送ここまで*************


CML メーリングリストの案内