[CML 036539] 高齢化を進めた原発事故

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 3月 4日 (水) 23:35:11 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。

  東京電力福島第一原発事故は放射能汚染と共に、被災地の高齢化を進めました。
若い世代が被災地を去ったため、高齢者ばかりが残ってしまったのです。そのた
め被災地は全国平均よりも早いスピードで高齢化が進んでます。
 
 若者がいなくなったことで、被災地の介護体制は崩壊寸前です。介護する人が
集まりません。長引く避難生活で体調を崩したり、認知症が悪化したりして、介
護を必要とする老人が増えて行く現状に対処できません。

 地震、津波、放射能汚染に加え、介護体制の崩壊など重なる苦しみに直面する
被災地の高齢者を描きます。

NHK教育
ETV特集
「頑張るよりしょうがねえ〜福島・南相馬 ある老夫婦の日々〜」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2015/0307.html

 放送日:3月7日
 放送時間:23時〜
 再放送:3月14日(土)午前0時00分※金曜日深夜
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内