[CML 036532] レイバーネット総会特別企画 : フランス映画『スカーフ論争』を観てテロ事件の背景を考える

Akira Matsubara mgg01231 at nifty.ne.jp
2015年 3月 4日 (水) 12:24:28 JST


松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転載歓迎。

 3月7日「レイバーネット2015総会」の特別イベントは、「フランス映画『ス
カーフ論争』を観てテロ事件の背景を考える」。映画『スカーフ論争』上映とお
話の企画で、トークゲストは、パリ銃撃事件に関する鋭い論評「風刺の精神とは
何か」を発表した同志社大学教員の菊池恵介さんだ。パリで1月に起きた諷刺週
刊紙「シャルリー・エブド」襲撃事件は衝撃的だったが、その背景のひとつにあ
るのがイスラム移民問題。戦後、旧植民地から移民を導入したフランスでは、い
ま「第二第三世代」が登場し、学校にイスラムのスカーフを着用して登校する生
徒が現れた。これが大論争になった。「テロ・移民問題」で揺れるフランスの出
来事は、日本のきょう明日の問題でもある。ドキュメンタリー映画『スカーフ論
争』を観て、一緒に考えてみたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<レイバーネット2015総会>

●3月7日(土)14時〜17時(開場13時半)
●場所=スペースたんぽぽ(東京・水道橋7分 TEL03-3238-9035)
 http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=336
  千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル4F

第一部 総会 14時〜15時
  活動報告・財政報告・討論など
(休憩 15.00〜15.15)

第二部 特別イベント 15時15分〜17時15分
フランス映画『スカーフ論争』を観てテロ事件の背景を考える
 映画『スカーフ論争』上映+お話(菊池恵介)
 ディスカッション
 *参考「風刺の精神とは何か」(菊池恵介)
 http://www.labornetjp.org/news/2015/0115kikuti

参加費 会員無料(一般500円)
 *一般の方も一部から参加できます。

問合せ レイバーネット事務局 TEL03-3530-8588
  labor-staff at labornetjp.org

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*ドキュメンタリー映画『スカーフ論争〜隠れたレイシズム』について

 第二次大戦後、フランスは大量の移民労働者を北アフリカから導入した。やが
て「移民第二世代」が登場し、学校にイスラムのスカーフを着用して登校する生
徒が現れると、しだいに問題視されるようになった。学校でのスカーフの着用が
フランスで大きな論争を呼ぶのはなぜか。政教分離や男女平等などの理念に反す
るからなのか。あるいは、ムスリム系マイノリティーに対する人種差別として捉
えるべきなのか。スカーフをまとう当事者たちの声を拾い上げたジョローム・オ
スト監督の渾身のドキュメンタリー作品。今年1月の「シャルリー・エブド」テ
ロ事件の背景を考える上でも、示唆に富む。監督=ジェローム・オスト 2004
年・フランス・75分。日本語版2013年発行。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-- 
***********************
  松原 明 mgg01231 at nifty.ne.jp
 http://vpress.la.coocan.jp ビデオプレス
 http://www.labornetjp.org レイバーネット
***********************


CML メーリングリストの案内