[CML 036530] (2-2)【報告】第1414日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 3月 4日 (水) 11:38:56 JST


(つづき)
9.「環境相 石炭火力計画に懸念」中国新聞2015/3/4
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=135275&comment_sub_id=0&category_id=112
・・・記事はコピー不可。

この人が国会で、
10.「違法献金防止へ政治努力を=安倍首相「文書で規制伝えよ」―衆院予算
委」時事通信?3月3日(火)18時32分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2015030300726
「・・・一方、東京電力福島第1原発で放射能に汚染された水が海に流出した問
題に関し、首相は「汚染水の影響は、福島第1原発の港湾内に完全にブロックさ
れているという認識に変わりはない」と語った。・・・・」
・・・漏れていると東電が認めているのに。こんな人がいつまで首相で居座るの
でしょう?

福島第1原発、
11.「凍結開始、4月以降に 東電福島第一原発遮水壁」福島民報?3月3日
(火)12時0分配信 http://www.minpo.jp/news/detail/2015030321318
「東京電力福島第一原発の汚染水の増加抑制策として、「氷の壁」で1〜4号機
建屋の周辺を囲む凍土遮水壁について、東電福島第一廃炉推進カンパニーの増田
尚宏最高責任者は目標としていた今月末の凍結開始は困難とし、4月以降にずれ
込む見通しを示した。増田氏が福島民報社のインタビューで明らかにした。
・凍土遮水壁の凍結開始は厳しい状況となっている。・・・・・・・
・タンクにたまる高濃度汚染水の浄化完了の目標時期を今月末から5月に先送り
した。・・・」

東電、
12.「雨水流出非公表、漁協の放出了承と同時期…東電」読売新聞?3月3日
(火)9時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150302-00050139-yom-sci
「・・・・地元漁協は昨年4月、東電が汚染される前の地下水をくみ上げ、海に
放出する計画を了承しており、この日、予算委に招致された東電の広瀬直己社長
は「(デ-タを公表していなかったのは)苦渋の決断をしていただいたのと同時
期。大変反省している」と述べた。・・・」
・・・明確に「意図」があったことを示す!!「

13.●●「原発事故直後の作業員対象 初の長期的健康調査」3月4日 4時18分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150304/k10010003211000.html
全文「東京電力福島第一原子力発電所の事故の直後の緊急時に作業に当たった作
業員の被ばくの影響を長期的に調べる健康調査を、広島市にある放射線影響研究
所が全国でおよそ2万人を対象に、新年度・平成27年度から始めることになり
ました。
事故直後に作業に当たった人を全国規模で長期的に調べるのは初めてだというこ
とです。
この調査は、厚生労働省の補助金を受けて広島市にある放射線影響研究所が各地
の大学や医療機関などの協力を得て行います。
調査の対象は、福島第一原発の事故の直後の緊急時に発電所の敷地内でがれきの
撤去作業などに当たった作業員で、全国でおよそ2万人に上るということです。
放射線影響研究所は、すでに調査の内容を説明する文書を送り希望者を募ってい
ます。
調査では、いつ、どこで、どのような作業を行ったのか、実態を詳しく把握して
個別の被ばく線量を推定したうえで、継続的に健康診断を行うことにしています。
そして、被ばくの影響について疫学的に長期間調べるとともに、個人個人の健康
管理にも役立てたいとしています。
調査は福島県に住む希望者から始め、新年度・平成27年度から順次、全国で行
われることになっています。
厚生労働省によりますと、原発事故の直後の緊急時に作業に当たった人を対象に
した長期的な健康調査が全国規模で行われるのは初めてだということです。」
・・・“希望者を募る!!なんでも後出しで・・・・、2万人、少ない??。

被災地フクシマ、国が、
14.「東日本大震災:福島第1原発事故 営業賠償終了、先送り 国と東電、
地元の反発受け」毎日新聞2015年03月03日東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150303ddm001040159000c.html
長い記事「東京電力福島第1原発事故を巡る一連の損害賠償問題のうち、国と東
電は、主に避難区域内の商工業者に支払ってきた「営業損害賠償」を来年2月で
打ち切るとした素案について、当面適用しない方針を決めた。賠償打ち切りによ
り廃業が相次ぐなどの指摘が出たため。避難区域外の商工業者に対する「風評被
害賠償」も素案では1年後に打ち切ると提案していたが、棚上げする。・・・・」

14’.「営業賠償の打ち切り見直し=再建支援策も検討―政府・東電」時事通
信?3月3日(火)17時0分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_date2&k=2015030300738
「・・・・賠償終了に関する新たな提案は、事業再建のための支援策などと併せ
て再検討し、早期に提示したい考えだ。・・・・」
・・・なんだか、支払うのあたって、何らかの条件を付けるか? そんなこと勝
手にするな!!

15.「JR常磐線、順次再開へ=近く時期発表―太田国交相」時事通信?3月3日
(火)11時34分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015030300388
「太田昭宏国土交通相は3日の閣議後記者会見で、東京電力福島第1原発事故の影
響で不通となり、運転再開の見通しが立っていない福島県内のJR常磐線・竜田―
原ノ町間について「運転が可能となったところから順次開通する」と表明した。
再開時期に関しては「区間ごとに放射線量や除染の進み具合が異なる」と指摘
し、「もう少し検討して時期を発表する」と述べた。・・・・」

福島県、
16.「県外避難4万7219人 2月12日現在 前回公表比1484人増」
福島民報?3月3日(火)12時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150303-00000022-fminpo-l07
「東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う福島県民の県外への避難者数
(自主避難を含む)は2月12日現在、4万7219人で、前回公表の1月15
日時点に比べ、1484人増えた。神奈川県が今回から親類・知人宅への避難者
も追加したため増加した。県が2日、発表した。東京都が最多の6117
人。・・・・県内への避難者数(1月30日現在)は7万3077人で、県内外
合わせた避難者数は12万296人となっている。」

17.「仮設撤去5年でわずか10% 岩手・宮城、住宅再建遅れ」佐賀新聞
2015年03月03日 17時47分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10201/162280
「東日本大震災で被災した岩手、宮城両県で、5年間の集中復興期間の最終とな
る2016年3月末までに解体予定のプレハブ仮設住宅は約3600戸と、全体
の約10%にとどまることが3日、両県への取材で分かった。津波対策で大規模
な土地造成などを伴う高台移転や災害公営住宅の整備が遅れていることが要因。
不便な仮設暮らしが長期化し建物も傷みが目立ち始め、住民からは「住宅整備を
急いでほしい」との声が上がる。東京電力福島第1原発事故の影響が残る福島県
でも、16年3月末までの撤去数は未定としているが、住宅再建が進んでいない。」

18.「貸し付け納税猶予 中間貯蔵予定の農地、国が特例」福島民報2015/03
/03 08:55
http://www.minpo.jp/news/detail/2015030321323
「大熊、双葉両町にある中間貯蔵施設建設予定地で生前一括贈与を受けた農地を
国に貸したり売ったりした場合、これまで免除されてきた農地の贈与税の納税義
務が生じる問題で、環境省は2日、貸し付けた場合に限り、納税の猶予を延長す
ると地権者らに伝えた。ただ、地権者らは「売却した場合も納税が猶予されない
と不公平」と反発を強めている。・・・・」
・・・何をしても中途半端で、住民を分断してしまう!!

19.「「復興補助金」使用率52% 本県単独4基金事業」福島民友新聞?3月3日
(火)11時42分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0303/news1.html
「原発事故からの復興に向け、本県だけに設けられている復興関連の4基金の22
事業を会計検査院が調べた結果、2011(平成23)年度から13年度に国庫補助金な
ど約1兆251億円が交付されたが、13年度末までに使用したのは約5361億円で、使
用割合にあたる「執行率」は52.2%だったことが2日、分かった。」
関連、
19’.「東日本大震災:11?13年度の復興予算8.6兆円未消化 会計検査
院指摘」毎日新聞 2015年03月03日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150303ddm041040142000c.html
「2013年度までに計上された東日本大震災の復興予算約25兆1000億円
のうち、約5兆円が使われていないことが分かった。会計検査院が2日、発表し
た。国の補助金で設置した基金や震災復興特別交付税約3兆6500億円の未消
化や国への返還も判明。国は13年1月、「復興の加速化」を掲げ、復興予算を
約19兆円から約25兆円に増やしたが、約35%に当たる約8兆6000億円
が使われていない実態が浮かんだ。
復興予算は所得税や法人税などの税率を一時的に引き上げるなどして財源を確保
した。重税化の一方、安倍政権下の13年度は復興予算の執行率が約60%まで
落ち込んでおり、識者から批判の声が上がっている。
11?13年度の復興予算の未使用額は約4兆9700億円。このうち約1兆
9600億円は次年度に繰り越された。放射性物質の除染関連事業費が多いた
め、検査院は「汚染土壌の仮置き場の確保などに時間を要した」と分析。一方、
道路建設で地権者との調整に手間取ったものもあり「見通しが甘かったのではな
いか」と指摘する。
一方、国の補助金で地方自治体や公益法人が設置した基金に関連する事業を調べ
たところ、執行率は約40%にとどまった。これまで調査対象外だった岩手、宮
城、福島の3県に設置された基金も初めて調べ、11?13年度に拠出された約
4兆7200億円のうち使ったのは約1兆8800億円。約2兆7100億円は
未消化のまま基金に残り、返還額も約1200億円に上った。」

20.「東日本大震災4年:除染・汚染土の現状 福島、除染作業に1万人超 
中間貯蔵へ13日搬入開始」毎日新聞 2015年03月04日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150304ddm010040008000c.html
長い記事「福島第1原発の半径20キロ圏の旧警戒区域などは「除染特別地域」
に指定され、国が直轄で除染を進めてきた。対象の11市町村のうち、福島県田
村市、川内村、楢葉町、大熊町は計画を達成したが、作業準備中の双葉町を除く
6市町村では、日々計1万人を超す作業員が除染を続けている。国は2017年
3月末までの作業完了を目標に掲げている。
同じ福島県内でも、市町村が除染を行う「除染実施区域」は36市町村にまたが
る。教育施設や公共施設の除染はかなり進んだが、例えば、昨年末時点での福島
市の進捗(しんちょく)率は住宅74・9%、道路30・9%。郡山市は住宅
51・7%、道路7・2%にとどまるなど、多くの自治体で今後も作業が続く。
福島県外で市町村が除染を行っているのは周辺7県(岩手、宮城、茨城、栃木、
群馬、千葉、埼玉)の計58市町村。昨年末時点で、学校や公園など子供の生活
に関連する施設の除染はほぼ終了。住宅(計約14万戸)▽道路(計約4200
キロ)の進捗率は約9割に達している。・・・・
国は除染の総費用を約2兆1000億円と見積もる。福島県内の汚染土の最終的
な発生量は推定1600万?2200万立方メートル。・・・」

21.「世界で高評価、福島の高校生が作った「防災ロボット」」TBS系
(JNN)?3月4日(水)0時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150304-00000003-jnn-soci
「福島の高校生が作った「防災ロボット」が世界で高い評価を受けています。開
発のきっかけは自ら体験した東日本大震災。地震や火災などから命を救うための
様々な機能が搭載されています。・・・・
福島県大玉村。4年前の3月11日、中学2年生だった鈴木さんは、ここで大き
な地震に襲われました。・・・・・
「いざという時にもちゃんと、すぐに使えるロボットを作っていきたいと思っ
た」(鈴木智弥さん)・・・
ロボット製作で有名な郡山北工業高等学校。震災の翌年、鈴木さんはこの学校に
入学。知り合った伊藤さん、上田さんと相談し、防災ロボットを作ることにしま
した。こうして誕生したプロロボには、防災機能に次ぐ第二の機能として非常時
に使う探査機能が備えられました。・・」

22.(飯館村)「(プロメテウスの罠)宮司は残った:12 オオカミの絵も
焼失」朝日デジタル2015年3月3日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S11629363.html?iref=comtop_list_ren_n10
「◇No.1201 2013年2月。和歌山大の教授、加藤久美(かとうく
み)(54)と特任助教、サイモン・ワーン(58)が福島県飯舘村にある山津
見神社を訪ねていた。観光学部所属の2人は環境学や文化人類学を専攻し、ニホ
ンオオカミの絶滅の過程を探っていた。山津見神社では、拝殿の天井に237枚
のオオカミの絵がはめられていた。1枚ずつ絵柄が違い、誰がいつ描いたかはわ
からない。文化財としての指定もされていなかった。・・・加藤とワーンは「老
朽化が進む前にオオカミの絵を残したい」と、天井の絵の写真撮影を願い出た。
2カ月後、機材を抱えて神社を再訪する。・・・試行錯誤しながらなんとか、す
べての絵を撮影した。・・・加藤は研究室でインターネットを検索しているう
ち、信じられないニュースを見つけた。「山津見神社が全焼」・・・山津見神社
は14年秋から、再建工事に入った。2人の写真を元に絵を復元し、奉納しよう
という計画も進んでいる。加藤は言う。「ニホンオオカミは1905年を最後に
絶滅したと考えられている。飯舘村の文化を同じように途絶えさせてはいけない」」

22’.「オオカミ絵、復元へ 火災で焼失、飯舘の山津見神社 東京芸大生ら
作業」福島民報2015/03/03 08:54
http://www.minpo.jp/news/detail/2015030321322
「焼失した飯舘村佐須の山津見神社拝殿にあったオオカミの天井絵が復元され
る。火災発生前、オーストラリア人写真家が撮影した写真を基に、東京芸術大の
教員と学生が描く。・・・・」平成25年4月に焼失した山津見神社の拝殿は明
治37年に建設された。オオカミの天井絵は237枚あり、当時の宮司、久米中
時が私財を投じ、絵師に描かせたとされる。・・・・・」

23.「原発避難の象徴「お城」取り壊し・楢葉」河北新報2015年03月03日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150303_65002.html
「福島第1原発事故に伴い全町避難している福島県楢葉町で2日、役場前の高台
にあった城のような木造3階の住宅が取り壊された。地滑りで一階の一部が崩れ
るように斜面にせり出し、東日本大震災と原発事故による避難を象徴する建物
だった。・・・・・」

24.「福島)27年産米も、全量全袋検査継続へ」朝日デジタル2015年3月4日
03時00分
全文「県は3日、米1袋ごとに放射性セシウム濃度を検査する「全量全袋検査」
を2015年産米でも続ける方針を示した。県議会定例会で畠利行・農林水産部
長が「県産米の安全性確保のため継続する」と答弁した。福島第一原発事故後の
12年に始まった検査は、すべての県産米を出荷前に調べ、国の基準値(1キロ
あたり100ベクレル)を下回る米のみを出荷に回してきた。14年産米の約
1100万袋は初めてすべて基準値を下回った。」

25.「(福島県)3日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量
測定値」福島民報3月4日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

26.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞3月3日17:45
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150303/1887504
「▼空間放射線量率(日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・」

27.(栃木県)声なき声知ってほしい 原発避難者の証言集完成」産経新聞?3
月3日(火)7時55分配信
http://www.sankei.com/region/news/150303/rgn1503030036-n1.html
「・・・・記録集は、宇都宮大学国際学部付属多文化公共圏センターと、県外か
らの避難者らでつくる「栃木避難者母の会」が編集委員会を立ち上げて作成し
た。原発事故で長期避難を余儀なくされた30〜80代の女性7人に、約1年間
にわたって聞き取り調査を実施。震災発生時の状況や避難の決断、避難先での孤
立感などが100ページ以上にわたって赤裸々につづられている。・・・・
記録集は今後、大学で教材として活用するほか、出版も検討されている。同会代
表の大山香さん(49)は「震災と原発事故に翻弄された声なき声を消し去って
はいけないという思いで作成した」と話している。」
・・・昨日の37.の福島民報の紙面にあった記事です。

28.「原発事故避難者の証言、次世代へ 宇大と母の会が証言集」下野新聞3
月3日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20150303/1887484
「・・・・福島からの避難者らで組織する「栃木避難者母の会」と宇大の教員有
志がかかわる「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト」が編集委員会を組織。避
難生活の実情や苦悩を次世代に伝えようと、年齢や避難形態の多様性を考慮して
聞き取り、7人を収録した。「悩み抜いた末の自主避難」「賠償金への後ろめた
さ」「コミュニティー崩壊の痛手」など率直な思いがつづられている。・・・・・」

28’.【栃木】「原発避難 苦しみ語り継ぐ 事故から4年 県内7人の証言
集完成」東京新聞2015年3月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150303/CK2015030302000187.html

28”.【群馬】「被災者に関心を 福島から避難の歌手・牛来(ごらい)さん
 太田で8日 復興支援の無料コンサート」東京新聞2015年3月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20150303/CK2015030302000190.html
「東日本大震災の発生から四年を迎えるのを前に、太田市西長岡町の長岡寺で八
日午後二時から、復興支援コンサート「いま、私が望むのは」が開かれる。東京
電力福島第一原発事故により、福島県浪江町から太田市に避難しているシン
ガー・ソングライター・・・・・入場無料。・・・・」

29.「埼玉)4年経た被災現場見て 福島の高校生がバスツアー」朝日デジタ
ル2015年3月4日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH2W3QDTH2WUTNB007.html
「東日本大震災と原発事故で被害を受けた福島県いわき市に住む高校生たちが、
市内を巡るバスツアー「TOMOTRA(トモトラ、トモダチトラベル)inい
わき」を企画し、参加者を募集している。震災後に激減した観光客を取り戻し、
ふるさとの復興に役立ちたいと2年前に有志が始めた。毎年メンバーを加えなが
ら、コースを更新している。主催は学校も学年も違う男女12人でつくる
「TOMOTRA」。震災翌年の2012年、生徒の発案を知った旅行大手エイ
チ・アイ・エス(HIS)が、バスの手配など支援に乗り出し、商品化が実現。
13年5月から7回のツアーを開催し、東京や埼玉、神奈川、千葉、関西や九州
などの計約200人が参加した。・・・・
費用は温泉旅館の宿泊費などで1人1万8千円〜2万6千円。高校生たちは「4
年たった被災現場と、頑張る普通の人たちを見てほしい」と話す。今回は、地震
の被害を受けた湯本温泉の旅館に泊まる。高校生たちも一緒に入浴し、夜まで参
加者と語り合うことにしている。」・・・」

30.「新潟)防災カフェ、気軽にトーク 新潟市で11日」朝日デジタル2015
年3月4日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH2W4TK8H2WUOHB00K.html
「肩ひじ張らずに防災を考え、おしゃべりするイベント「防災カフェ」が11
日、新潟市東区で開かれる。東京電力福島第一原発事故後、新潟に避難した母親
たちと支援者らで始めた取り組みで、5回目の今回は「この日、みんなですご
す」と題した。・・・・
東日本大震災から間もなく4年を迎えるが、県内への避難者はいまも約4千人に
のぼる。大橋さんは「力まず、出会った縁を結びつけてやってきたイベント。自
分の身、家族の身をどうすれば守れるか、みなで考える場になれば」と話す。」」

31.(京都)「鎮魂、京都に311個の明かり 7日にメモリアルキャンド
ル」京都新聞?3月3日(火)22時48分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150303000184
「東日本大震災から4年を前に、京都に暮らす被災者らが7日、伏見区の向島
ニュータウンで311個のろうそくをともす「3・11メモリアルキャンドル」
と講演会「福島原発事故4年目 私たちの思い」を開く。避難者グループ「笑顔
つながろう会」とまちづくり協議会らでつくるメモリアルキャンドルの実行委が
共催、今年で3回目。メモリアルキャンドルは午後6時から、京都銀行向島支店
前の広場で点灯する。・・・・
笑顔つながろう会代表の高木久美子さん(48)は「震災や原発事故を風化させ
ず、多くの人に被災地へ思いを寄せてほしい」と話す。当日午後3時からは、コ
ミュニティースペース「京都文教マイタウン向島」で講演会もあり、福島県出身
の写真家・飛田晋秀さんと木津川市へ避難する福島敦子さんが語る。無
料。・・・・」

32.(京都)「福島の大谷派5寺院、東電と和解 除染費用で紛争手続き」京
都新聞?3月3日(火)23時15分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150303000195
「真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)の福島県内の5寺院が東京電力
を相手に、福島第1原発事故に伴う除染費用の賠償を求めた裁判外紛争解決手続
き(ADR)の和解が3日、原子力損害賠償紛争解決センターで成立した。同派
によると、東電が約4100万円を支払う内容という。申立書では、南相馬、福
島、二本松、須賀川の各市の計5寺院で、いずれも市が定める除染実施区域に位
置する。・・・・
寺院側の代理人で原発被災者弁護団の大森秀昭副団長は、・・・・「まだ墓参り
ができない寺がある中、和解は寺院の除染促進へのはずみになるのではないか」
と話している。」

33.(岡山)「宗派や立場超え、70団体協力 8日に岡山で集い」朝日デジ
タル2015年3月4日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH324QKQH32PPZB00N.html
「2011年3月11日に起きた東日本大震災の犠牲者を悼み、未来への誓いを
新たにする集いが8日、岡山市内で開かれる。県内の仏教寺院やキリスト教会、
神社など、宗派や立場を超えた70の団体が協力する、全国でも珍しい追悼イベ
ントだ。「3・11への祈り おかやま―追悼と脱原発のつどい」は今年で3回
目。大震災を契機に、県内に避難・移住した人たちを中心に、支援者や趣旨に賛
同する人が集まり、企画した。・・・」

電力、
34.「関電に原発依存脱却要求 再値上げ公聴会で京都の消費者ら」京都新
聞?3月3日(火)22時43分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20150303000183
「経済産業省は3日、関西電力から認可申請を受けた家庭向け電気料金の再値上
げに関する公聴会を大阪市内で開いた。京都の消費者団体代表ら約30人が出席
し、関電に経営効率化に向けた一層の努力や原発依存体質からの脱却を求めた。
消費者団体「コンシューマーズ京都」(京都市中京区)の原強理事長は「原発に
依存してきたため火力発電の燃料を安く調達する努力を怠ってきた。経営の過ち
だ」と批判。NPO法人「使い捨て時代を考える会」(下京区)の槌田劭相談役
は「2013年の値上げ段階で原発再稼働を見込んでいたことが非常識。経営を
改める姿勢もなく、値上げは撤回すべきだ」と訴えた。
再値上げが暮らしや中小企業の経営に大きな影響を与えると懸念する声もあり、
関電の八木誠社長は「原発の再稼働に全力を尽くし、料金値下げに努めたい」と
理解を求めた。・・・・・」
・・・・“原発再稼働で値下げ”・・・とんでもない!!

34’.(大阪)「家計に影響、反対相次ぐ=関電再値上げ公聴会―大阪」時事通
信?3月3日(火)12時18分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015030300440
「経済産業省は3日、関西電力による家庭用電気料金の再値上げ申請について、
利用者の意見を聞く公聴会を大阪市で開いた。出席者からは「値上げは家計に響
く」など否定的な意見が相次ぎ、31人全員が反対した。・・・・
ある男性出席者は「脱原発経営に転換すれば、原発の維持管理費が減り、値下げ
できる」と強調。原発専業の日本原子力発電から電気を受け取っていないにもか
かわらず、関電が基本料金を支払い続けている点も問題だと指摘し
た。・・・・・」?

海外、
35.「IAEA 原発の新たな安全基準を承認」日本テレビ系(NNN)?3月4日
(水)1時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150304-00000004-nnn-int
「IAEA(=国際原子力機関)は、福島第一原子力発電所の事故を受け、原発
施設の「安全基準」の見直しを行ってきたが、3日の理事会で新たな基準を承認
した。施設の設計などでより安全性を求めているが、日本の原発の再稼働の手続
きには大きな影響はないものとみられる。IAEAが3日に承認した新たな安全
基準は、原発施設の「設計」や「立地」「規制機関のありかた」など6つの分野
で見直しが行われている。・・・原子力規制委員会によると、13年に策定した
原発の新たな規制基準は、今回のIAEAの見直しをすでにほぼ織り込んでいる
という。このため、日本で現在、進められている原発再稼働の前提となる審査に
は大きな影響はないものとみられる。」

36.◎◎●「福島事故、隣県でも甲状腺検査を 医師団体示唆」西日本新聞2015
年03月03日 23時17分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/153408
全文「【ベルリン共同】東京電力福島第1原発事故から4年となるのを前に、核
戦争防止国際医師会議(IPPNW、本部・米マサチューセッツ州)が3日、ド
イツの首都ベルリンで記者会見し「子どもの甲状腺検査が福島県に限定されてい
る」と懸念を表明、事故の影響の全体像把握には隣県での検査も必要との考えを
示唆した。チェルノブイリ事故などの健康被害に詳しいアレックス・ローゼン医
師は、福島県が事故後に同県内の全ての子どもを対象に実施した甲状腺検査の結
果を分析。甲状腺がんと診断が確定した子どもが、これまでに87人に上るとし
て「予想よりも多い数に驚いている」と述べた。」

参考記事、
37.プレスリリース「原発事故による住民の健康管理のあり方に関する環境省
の「当面の施策」に対して生活クラブ連合会が意見提出」産経新聞2015.3.3
15:40更新 http://www.sankei.com/economy/news/150303/prl1503030132-n1.html
「生活クラブ連合会は、「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康
管理のあり方に関する専門家会議の中間取りまとめを踏まえた環境省における当
面の施策の方向性(案)」についての意見募集(パブリックコメント)に対し、
1月20日に意見書を提出しました。・・・・」
・・・時間があれば検索してどうぞ。

38.「東京)「核」に捨てられた人追う記録映画 中野で上映」朝日デジタル
2015年3月4日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH2T01HLH2SUTIL06J.html
「ドキュメンタリー映画を手がけてきた坂田雅子監督(67)の新作「わたし
の、終わらない旅」が、7日から中野区東中野4丁目のポレポレ東中野で公開さ
れる。2011年の原発事故を機に、反原発運動に取り組んできた母親の思いに
触発された。17年前に亡くなった坂田監督の母・静子さんは、原発の危険性を
訴え、反対する市民運動を続けてきた。坂田監督は、こうした活動にあまり関心
がなかったが、大震災による福島の原発事故が起きて、改めて母親の活動を見直
すようになった。
ドキュメンタリーを制作しようと、初めは福島に向かった。避難している住民ら
に話を聞き、故郷への思いや、避難生活の苦労などを聞いて、ビデオを回し
た。・・・・」

39.プレスリリース(東京)映画「日本と原発」を自主上映  板橋区立文化
会館大ホール「定員970名」で開催」朝日デジタル2015年3月3日
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CATP20157933.html
「映画「日本と原発」上映会 in 板橋区 実行委員会(代表:鈴木 雄二)は、原子
力発電の推進・反対を問わず、広く市民に考えていただく機会を提供するため、
「日本と原発」自主上映会を東京・板橋区にて2015年3月17日に開催いたしま
す。・・・・・」

40.(広島)「核廃絶:京大の小出助教、8日・中区で講演会」毎日新聞2015年
03月03日 地方版
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20150303ddlk34040411000c.html
「原爆だけでなく、核の軍事利用や商用利用などによる世界の核被害者が集う
「核のない未来を! 世界核被害者フォーラム」のプレ企画として、同実行委は
8日午後1時半から、中区で京大原子炉実験所の小出裕章助教の講演会を開く。
被爆70
年に合わせて、広島・長崎の市民団体でつくる実行委が主催する。・・・・・
また、5月には広島市内で、憲法問題に詳しい浦田賢治・早稲田大名誉教授の講
演会「核被害の非人道性と国際法」も計画している。
フォーラムは中区の広島国際会議場で11月21?23日、国内外の核被害者や
専門家が参加し、開催を予定。原爆の被爆者や、福島第1原発事故の被害者、原
発労働者、旧ソ連のチェルノブイリ事故や劣化ウラン弾などの被害者を招くとい
う。・・・・」

41.(社説)「発送電分離案 安定供給体制の確保が前提だ」読売新聞2015年
03月04日 01時10分
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150303-OYT1T50121.html
・・・原発再稼働を電停に・・・。

42.【社説】「温暖化交渉 原発依存は通用しない」東京新聞2015年3月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015030302000138.html
「・・・・・原発事故は命や暮らし、自然をそれ以上に脅かす。福島の事故がそ
の実態を世界中に知らしめた。当の日本が原発頼みの削減目標を掲げても、国際
社会の尊敬も理解も得られまい。原発に頼らない温室効果ガスの削減案を世界に
問わねば、出遅れは取り戻せない。」

43.「【経済Q&A】「発送電分離」消費者への影響は? 料金多様化、選択
肢多く」西日本電子版2015年03月04日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/57113/1/
・・・時間があればどうぞ。

◆今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
3面左端に、8.の類似記事、
6面に、43.の記事、

30面社会面に、17.の類似記事。

◆いまとどいたしんぶん赤旗の14面に、福島第1原発の今の現場ルポ記事が掲載
されています。

今朝は以上です。(3.4.6:15)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。ご意見
などは⇒ ysykf at yahoo.co.jp へ 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

● さよなら原発!3・11福岡集会●
 <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から九電本店まで
集会チラシ http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会
 福岡市立中央市民センター 午後6時開場 上映6時30分
参加費:500円
上映会チラシ  http://tinyurl.com/lk26ckl

<託児室があります。>
事前予約申し込み連絡先 電話090-5721-6218(そがべ)
メール hendrix1965317 at gmail.com (あさの)
<24時間以内に確認メールを送りますので、
このアドレスからのメールを受信できるように設定お願いします。>

● 九州全体総行動 準備会(「民意は再稼働NO!」を見える形に)●  3月14
日(土)午後2時から
ユースピア熊本(県青年会館)3階の和室
熊本県熊本市中央区水前寺3丁目17-15)
http://tinyurl.com/m89unus
JRの水前寺駅から歩いて5分ほど。
参加出来る方は y-aoyagi at r8.dion.ne.jp(青柳)まで。

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
    判決公判 2015年3月20日(金)15時、佐賀地裁。
     ホームページ http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9018(2/27現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
        午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

     ☆九電本店前ひろばカンパよろしくお願い致します☆
    【カンパ振込先 】
         <郵便振替>
      口座記号番号 01770−5−71599
         加入者名  さよなら原発!福岡
      <通信欄に「ひろば」とよろしくお願い致します。>
           <他金融機関からの振込用口座番号>
  一七九(イチナナキュウ) 店(179) 当座 0071599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************


CML メーリングリストの案内