[CML 036517] Re: 富岡幸雄『税金を払わない巨大企業』:実効税負担率の低い大企業の1位が三井住友フィナンシャルグループで、純利益は1479億8500万円なのに納税額は300万円、負担率は0.002%。2位はソフトバンクで純利益788億8500万円なのに納税額500万円、負担率は0.006%――などなどだ

ohata ohata-yu at r5.dion.ne.jp
2015年 3月 3日 (火) 14:06:25 JST


大畑です。

『税金を払わない巨大企業』ってどんな本だろうと、ググってみると、

> 出版したことによって、様々な誹謗中傷に晒されているとも語っていた。

と雨宮さんが書かれていたようにトンデモ本と批判するサイトが上位に来ました。

そんななか、Japan Business Pressのサイトが参考になると思います。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42809
> 不平等への正義の一撃かトンデモ本か、
> 『税金を払わない巨大企業』の衝撃データ大企業と富裕層が優遇されている日本
> 2015.02.03(火)  湯之上 隆 

批判にも一理はあるが、偏っているとし、本書を評価している。
湯之上氏は最後に以下のようにまとめている:
【 何度も言うが、私は会計についてド素人である。その私の主張が的を射ているかどうかは分からないが、あえて言おう。

 管見の限りでは、日本の大企業の国税負担率が、中小零細企業より負担率が著しく低いのは由々しき問題である。大企業は、もっと税金を払うべきである。このような状態だから、法人税率を20%台に低減する必要はない(特に大企業については)。

 また、個人の所得についても、消費税を10%に上げる前に、株式の譲渡所得にもっと課税して、富裕層から税金を取るべきである。

「富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなる」。日本はこういう社会には、なってほしくない。】


On Mon, 2 Mar 2015 22:04:28 +0900
uchitomi makoto <muchitomi at hotmail.com> wrote:

> 雨宮処凛がゆく!第327回
> 
> ピケティ・ブームと税制。の巻
> http://www.magazine9.jp/article/amamiya/17757/
> 
>  昨年から、世の中は「ピケティ」ブームだ。
>  持ち歩くだけで筋トレになりそうな分厚い本の値段は5940円。それが飛ぶように売れていると聞くと、思わず印税を計算したくなってくる。しかも、1月に来日してからは様々なメディアで目にしない日はないというほどの露出度だ。
>  そんな『21世紀の資本』、あなたは既に読んだだろうか?

-- 
ohata <ohata-yu at r5.dion.ne.jp>


CML メーリングリストの案内