[CML 036482] 中継中/3/1京都「占領と人権」講演会パレスチナの長期占領―それが意味するものと私たちの課題―/ほか

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2015年 3月 1日 (日) 14:43:15 JST


中継中/3/1京都「占領と人権」講演会パレスチナの長期占領―それが意味するものと私たちの課題―/ほか

転送・転載歓迎

京都の菊池です。

3/1日曜、京都で、
「占領と人権」講演会
パレスチナの長期占領
―それが意味するものと私たちの課題―
が行われていて、
現在インターネット中継中です。

(後日、しばらくの間、
IWJ Independent Web Journal: 岩上安身責任編集
インディペンデント・ウェブ・ジャーナル(略称:IWJ)
http://iwj.co.jp/
から録画を視聴可能と思います)
ぜひ、ご覧ください。

(※別件ですが、
昨年末放送の
[CML 035460] 良き番組は作られてます。それに気づくかは私達に委ねられています。こころの時代ラジ・スラーニさんの話
http://list.jca.apc.org/public/cml/2014-December/035571.html

は、
占領され続けているパレスチナから来た
ラジさんが、
福島と向き合い語っています。
そのことの理解、
現状を見つめ、理不尽に対してどう向かっていくか
今回の話でさらに深めることができるかもしれません。)



■■■ 日刊IWJガイド 2015.3.1日号 〜No.900号〜 ■■■
 (2015.3.1 9時00分)
http://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/21904#more-21904

より、これを含め
紹介します。

【IWJ_KYOTO1】14:00〜「第13回人文地理学会政治地理研究部会 テーマ「占領と人権」 パレスチナの長期占領 ―それが意味するものと私たちの課題―」
 視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-kyoto1
 ※京都大学大学院人間・環境学研究科 岡真理研究室と大阪市立大学人権問題研究センター共催の講演会。岡 真理氏(京都大学 : 現代アラブ文学、パレスチナ問題)らが登壇予定

〜関連記事はこちら〜

・2015/01/26 「今度は、日本がガザを殺す立場になる」日本とイスラエルの協調姿勢を糾弾、「暴力の根源」を探り解決を見出す必要性 〜京都大学教授・岡真理氏に岩上安身が聞く

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/227872


【ツイキャス・IWJ_KYOTO1】14:00〜「米軍Xバンドレーダー基地反対!基地撤去のたたかいへ! 3.1京都集会」
 視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_kyoto1
 ※米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会主催の集会
 永井友昭氏(米軍基地建設を憂う宇川有志の会事務局長)が報告が予定

〜関連記事はこちら〜

・2014/05/24 【京都】「集団的自衛権・日米同盟の最前線で、主権を明け渡す安倍政権」 国民の頭越しに米軍「Xバンドレーダー」基地が27日に建設着工! 〜IWJによる「憂う会」永井友昭氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archives/141647
 ・2014/10/21 【京都】米軍Xバンドレーダー本体の搬入強行糾弾!京都市民は京丹後経ケ岬での米軍基地建設を許しません!緊急抗議行動(動画)

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/187232


【IWJ_HOKKAIDO1】 17:30〜「みんなで沖縄に、国にメッセージを送ろう! ―憲法学者・清末愛砂氏ほか」
 視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-hokkaido1
 ※清末愛砂氏(憲法学者 室蘭工業大学大学院工学研究科ひと文化系領域 准教授)による基調講演 「基地と憲法と人権について」他を予定


ご都合つきましたらご覧ください。



※案内を
転載します。



みなさま、

京都大学の岡真理です。
先日もご案内いたしましたが、リマインダーです。
講演会「占領と人権:パレスチナの長期占領」、明日開催です。

イスラエルによる占領の暴力的実態について、この機会に、ぜひ、知っていただければ幸いです。
講師のハマーイシー教授は、イスラエルのパレスチナ人です。
イスラエルにおけるパレスチナ人の状況についても、ご教示いただけると思います。

・・・

■転送歓迎■
======================================
「占領と人権」講演会

パレスチナの長期占領
―それが意味するものと私たちの課題―

日時:2015年3月1日(日)14:00〜17:00

会場:京都大学吉田南総合館西棟4階 共西41教室 
・・・
プログラム
情勢説明:「占領というテロル―反開発、スペィシオサイド、漸進的ジェノサイド」
発表者:岡 真理(京都大学 : 現代アラブ文学、パレスチナ問題)

講演:「イスラエルによるパレスチナ長期占領―その意味と課題」
    "The Israeli Long Occupation of Palestinian Territory:Implications and Challenges"
発表者: ラーセム・ハマーイシー(ハイファ大学:地理学、地域計画)
     (英語発表には逐次通訳がつきます)

*ラーセム・ハマーイシー(Rassem Khamaisi)氏紹介
1993 年にエルサレム・ヘブライ大学より博士号(地理学)取得。
現在、ハイファ大学地理・環境学部教授。専門は都市・農村地理学、
特にイスラエル領内、被占領下パレスチナ、およびエルサレムの都市・地域計画について研究。
また、イスラエルや占領地のパレスチナ人NGO のメンバーとして公共・環境政策、住民参加、地域計画・開発に取り組み、イスラエル内務省や土地行政局が助成するプロジェクトに携わる。
隔離壁がエルサレムやイスラエル国内のアラブ人に与える
影響の研究はじめ編著書・論文多数。

主催:京都大学大学院人間・環境学研究科 岡真理研究室
   人文地理学会政治地理研究部会
   大阪市立大学人権問題研究センター

協力 :(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)
     市民社会フォーラム

連絡先:飛奈裕美(京都大学)
tobina.hiromi[@]gmail.com (送信の際は[@]を@に代えてください)


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内