[CML 038159] 「永遠に知性ゼロ」に関するおふたりの論と「速報山中人間話」ひとつ

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2015年 6月 27日 (土) 22:41:25 JST


「永遠に知性0」の「百田馬鹿節」についておふたりの論者が以下のような論を稿しています。おふたりの論をご紹介するとともにあわせて私儀編集の「速報山中人間話」も掲載しておきます。百田尚樹=安倍晋三に象徴される自民党という政党のあまりのおぞましさ対する国民の怒りはいま沸点に達しようとしているのではないか。

おひとり目の論。

・永遠のゼロ。(藤原新也「Shinya talk」2015/06/26)
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php?mode=cal_view&no=20150626

安倍首相に近い若手国会議員らが党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」での百田尚樹の発言が問題になっている。同胞内輪の懇談会ということでいつもの百田馬鹿節が全開となったようだ。

曰く「安保法制に反対するマスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」(議員×百田 懇談)「沖縄の2つ
の新聞は潰さないといけない」かつて役場や小学校のほか、五つの集落が存在していた普天間は沖縄戦で住民は土地を強制接収され、基地の周辺に住まざるを得なくなった経緯があるが、百田曰く、「普天間はもともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした。基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな。ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。大金持ちなんですよ」

ここまで来るとこの男、元々学生テレビタレントの大阪出身だから時代の要請に従い「極右コメディアン」として吉本興業に席を置いた方がお似合いだ。あるいはここまで来ると今のまま世間に泳がしていた方が(極右の馬鹿ぶりが際立つので)よいのかも知れない。いずれにしても百田というのは近来希に見る「永遠のゼロ」である。

おふたり目の論。

・百田尚樹・自民党勉強会事件「経団連使って広告料収入締め上げて沖縄の2紙を潰せ」+安倍首相恐怖の発言
(徳岡宏一朗のブログ 2015年06月26日)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/043b46d087dea3d928f036c9dbb3b2c2

2015年6月25日に行なわれた自民党本部での勉強会でのやり取りが大きな問題になっています。この「勉強」会とは、安倍政権と考え方が近い文化人wを通し、発信力の強化を目指そうと、安倍晋三首相に近い若手議員wwが立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」(代表=木原稔・党青年局長)です。この会は作家の大江健三郎氏が呼びかけ人に名を連ねる「九条の会」などリベラル派に対抗するのが狙いで、憲法改正の国民投票まで活動を続けたい考えだというのですが、第一回講師があの百田尚樹氏!「永遠の(知性)0」で有名な!ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎に対抗して持ってきたのが百田尚樹!「永遠に知性0」の!!と二度叫んでしまってすみません。この時点で、実はわたくし爆笑していたのですが、中身があまりにもひどくて笑い事ですまず、本日26日午前の国会審議で安倍首相が「遺憾」といわなければならなくなりました。(略)

さて、安倍晋三首相は、勉強会翌日の26日午前の衆院平和安全法制特別委員会の集中審議で「党において、さまざまな議論が行われる。基本的には自由と民主主義を大切にするので、報道の自由は民主主義の根幹だと言うことでの議論だと思っている」「報道が事実なら大変遺憾だ。(勉強会は)党の正式会合ではない。有志の会合だ。発言がどのように報道されたかは確認する必要がある」
と述べたということなんですが、今回の事件で一番恐ろしいのは実はここかもしれない。だって、これって、正式の会合でなく有志の会合で非公開なのに、なぜ講演や出席者の会話の内容が漏れて報道されたのか、確認する必要があるということで、犯人捜しをするということでしょう?つまり、報道の自由が民主主義の根幹と言った舌の根も乾かないうちに、もう党内の言論を統制し、報道の自由を制約し、国民の知る権利を制限しようとしているわけです。いま、まさに、邪魔な新聞社は潰してしまえという、報道の自由侵害だとか言論統制だとか言うもおこがましい、物凄い弾圧が与党内部で議論されたことが明かされ、国会で問題になり、遺憾だと言わされたその総理総裁が、

「発言内容を確認する必要がある」

ではなくて、

「発言がどのように報道されたかは確認する必要がある」

と無意識に言ってしまったことに、私は震撼させられました。そして、それが国会で堂々と述べられたのに、誰もそれを気にも留めず指摘もしない今の国会とマスコミに慄然とせざるを得ません。

■百田氏発言をめぐる共同抗議声明 ――神奈川新聞にならって「速報山中人間話」を改めて記す。

・沖縄タイムス・琉球新報「弾圧に断固反対」 百田氏発言
http://t.co/whSU7aRZtP
— 朝日新聞(asahi shimbun) (@asahi) 2015, 6月 26

・百田氏発言をめぐる沖縄2新聞社の共同抗議声明
http://t.co/EgWfAz0pjm#okinawa#沖縄
— 沖縄タイムス (@theokinawatimes) 2015, 6月 26

・百田氏発言をめぐる沖縄タイムス・琉球新報共同抗議声明
http://t.co/m4RiZIe0Wi
— 琉球新報 (@ryukyushimpo) 2015, 6月 26

・【速報社説】報道批判 加速する為政者の暴走(カナロコ by 神奈川新聞) -
Yahoo!ニュース http://t.co/WG0i13upo0
— 國分功一郎 (@lethal_notion) 2015, 6月 26

・「一報道機関として、という以前に民主主義社会の一構成員として看過できない。」神奈川新聞が、明日掲載予定の社説を
前倒しでネット公開している。異例の対応だが、事態の重大さを正しく認識されている証しで、私もこの社説の内容に全面的
に賛同します。http://t.co/6gjSsz44Lc
— 山崎 雅弘 (@mas__yamazaki) 2015, 6月 26

・神奈川新聞が明日の社説をネットで配信した。「速報社説」なんて初めて聞いた。沖縄の2紙をつぶせという暴言にブチ切
れたのだろう。 【速報社説】報道批判 加速する為政者の暴走
http://t.co/GEGBInD6Ws
— 高文研 (@koubunken) 2015, 6月 26




東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内