[CML 037947] 今日の言葉 ――あなたは「炭鉱のカナリア」のたとえを知っていますか? 「真面目とはね、君、真剣勝負の意味だよ」という漱石の言葉を木村草太さんに贈る。

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2015年 6月 16日 (火) 15:40:09 JST


【標題について】
・いわゆる炭鉱のカナリアは、炭鉱においてしばしば発生するメタンや一酸化炭素といった窒息ガスや毒ガス早期発見のための
警報として使用されました。本種はつねにさえずっているので、異常発生に先駆けまずは鳴き声が止みます。つまり危険の察知
を目と耳で確認できる所が重宝され、毒ガス検知に用いられています(ウィキペディア『カナリア』から)。

・「真面目とはね、君、真剣勝負の意味だよ」という言葉は夏目漱石の『虞美人草』に出てくる会話の中の一節です。次のような文
脈です。「僕が君より平気なのは、学問のためでも、勉強のためでも、何でもない。時々真面目になるからさ。なるからと云うより、
なれるからと云った方が適当だろう。真面目になれるほど、自信力の出る事はない。真面目になれるほど、腰が据すわる事はな
い。真面目になれるほど、精神の存在を自覚する事はない。天地の前に自分が儼存(げんそん)していると云う観念は、真面目
になって始めて得られる自覚だ。真面目とはね、君、真剣勝負の意味だよ」。

     【高世仁さんと水島朝穂さんの木村草太(憲法学者)評】
     きょうは、「報道ステーション」を見なくては。放送に間に合うように帰宅。198人の憲法学者に、安保法制が違憲か合憲か
     を緊急アンケート調査した結果が発表されるのだ。最終的に149人から回答があり、違憲にあたる 129人 違憲の疑いが
     ある 19人 違憲の疑いはない 3人 順当な結果だ。まともな憲法学者なら、護憲派でも改憲派でも、第9条を変えないまま
     で安保法制を作るのはNGと言うに決まっている。憲法にもとづいて立法され、政治権力が行使されるという立憲主義が根
     本から否定されることになる。この結果について、きょうのコメンテーター木村草太氏(首都大准教授)が、ここまで専門家
     の意見が一致するのは珍しく、安保法制案を通したら法的安定性が崩れるので、廃案しかないとばっさり。ところで、木村
     草太氏については、ちょっと「けれんみ」のある議論をする人だなという印象があった。とくに集団的自衛権をめぐっては、
     いわゆるリベラル派のなかで、佐藤優氏(略)とならび「楽観論」で目立っていた。例えば、最近も木村氏は、『世界』6月号
     で、去年7月1日の閣議決定を評してこう書く。《閣議決定の文言を自然に読む限りは、「個別的自衛権の行使として許容
     される場合には武力行使してよく、その国際法的根拠を集団的自衛権としていいですよ」と言っているにすぎません。あの
     閣議決定の文言から、「集団的自衛権が行使できるようになった」と理解することに相当無理があるというのは、おそらく
     安倍首相も気づいていらっしゃるのではないか・・・》(p50)

     水島朝穂君(早大教授)が最新刊『ライブ講義 徹底分析!集団的自衛権』(岩波書店)で、佐藤、木村両氏の名前を挙げ
     て、「閣議決定で認められたものは、実際はこれまで政府が考えてきた個別的自衛権の範囲を超えるものではない」とい
     う主張は誤りだとして、説得力ある議論を展開している。この本は、《現状をまず「専守防衛」ラインに引き戻そうという見
     地》から書かれており、わかりやすく資料を整理してあるので、政治家が質問をするのに非常に役に立つと思う。(高世仁
     の「諸悪莫作」日記 2015-06-15)
     http://d.hatena.ne.jp/takase22/20150615

引用者注:高世仁さんの指摘する水島朝穂さん(早大教授)の木村草太さん(首都大准教授)批判は下記でも確認できます。

     個々の憲法研究者へのアンケート調査も始まった。テレビ朝日「報道ステーション」が先行した。6日にメールで、「安保法
     制アンケート調査 ご協力のお願い」が届いた。『憲法判例百選機Ν供戞瞥斐閣)に執筆している約200人が対象で、締め
     切りは12日正午。私は7日夜には回答した。15日夜、古館キャスターの隣に座るコメンテーターが分析すると見込んで、
     この人に対する批判も、質問Α兵由記述欄)に書き込んでおいた。この憲法研究者は「閣議決定を正しく使っていくこと
     が必要となります」といい、安保関連11法案に「一概に私は『賛成』『反対』と言えません」(『アエラ』6月15日号65頁)という
     立場なので、私の批判的意見を書き添えておいた。」(水島朝穂「今週の直言」2015年6月15日)
     http://www.asaho.com/jpn/bkno/2015/0615.html

【山中人間話】

     下記参照。
     http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1335.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内