[CML 038835] 「宇宙と平和」国際セミナー@京都のご案内 

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2015年 7月 29日 (水) 01:50:45 JST


東京の杉原浩司です。連投すみません。

直前のご案内となり恐縮ですが、7月30日から8月1日まで、京都で以下の
国際セミナーが開催されます。世界各地からの参加者を交えた充実した
プログラムが組まれています。私も参加します。

ご関心をお持ちの方は、大至急登録のうえでご参加ください。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

--------------------------------------

「宇宙と平和」国際セミナー@京都 
宇宙戦争も核戦争もNO!――「ミサイル防衛」「集団的自衛権」の真実を探る

 2015年5月に国連の場で開かれた「核不拡散条約の再検討会議」は、核
廃絶を訴える市民運動の高揚にもかかわらず、明確な合意が得られぬまま
に終わりました。対衛星攻撃兵器や宇宙戦闘機の開発など、宇宙分野の軍
拡が進み、日本政府も本年1月に、宇宙戦争への参戦を想定した「第3次宇
宙基本計画」を決定しました。このままでは、宇宙を舞台に史上最大の軍
拡競争が展開されることは必至です。

 他方、イランでは米国との間で「核問題の合意」が結ばれ、外交の力で
紛争を解決する道が開かれました。北朝鮮の核開発をめぐる紛争も、65年
目を迎えた朝鮮戦争を外交の力で終結させるならば、解決は容易です。紛
争の大元の朝鮮戦争が終われば、東アジアの平和と経済発展に新しい可能
性が広がるでしょう。

 ”Global Network against Weapons and Nuclear Power in Space”
(以下GNと略)は、兵器と核エネルギーの宇宙配備に反対する市民組織
で、1992年に米国で設立されました。その23回目の年次大会を、今回初め
て日本(京都)で開催します。

 米国・英国・ドイツ・チェコ・スウェーデン・イタリア・カナダ・イン
ド・ネパール・韓国などから、35名の専門家や市民が、京都に集まります。
この機会を活かして、私たちは、2015年7月30日から8月1日にかけて、
「宇宙と平和・国際セミナー@京都」を開き、広く日本の市民の皆様に参
加を呼びかけたいと思います。
 
 日本で問題になっている「ミサイル防衛」や「集団的自衛権」の問題点
を、宇宙的視野から立体的に考える絶好の機会です。通訳の態勢も整えて、
ご参加をお待ちしています。

 なお以下のプログラムは7月16日時点での暫定案であり、変更がありえ
ます。最新のプログラムについては、
本実行委員会のホームページ http://space-peace-kyoto.blogspot.jp/
をご参照ください。

-----------------------------------

◆京都セミナー1 
「ミサイル防衛」の真相―「宇宙でも戦争する国」日本へ
と き: 2015年7月30日(木)午後1時~5時(登録デスク 正午~)
ところ: 同志社大学(今出川校地)志高館112教室
◇歓迎挨拶(1)天空の平和、神の計らい 原 誠(同志社大学神学部教授)
◇歓迎挨拶(2)被爆70周年、核のない世界をめざして歩む  
               ステーィブン・リーパー(前広島平和文化センター理事長)
◇米国の「ミサイル防衛」の真実と神話――宇宙戦争に日本は参戦するのか  
  デイブ・ウエッブ(GN代表、英国核廃絶キャンペーン議長) 
◇韓国へのTHAAD配備の狙いと米国主導の北東アジアでのMD(ミサイル防衛)    
  コ・ヨンディ(高 永大、朝鮮の平和と統一を開く人々・共同代表)
◇宇宙の軍事利用は戦争への道――新「宇宙基本計画」の示すもの
  前田佐和子(元京都女子大学教授、地球惑星科学)
◇京都・経ケ岬における米軍MD基地と反対運動の現状と課題    
  大野光明(大阪大学、スワロウカフェ)
司会:秋林こずえ(同志社大学、婦人国際平和自由連盟/WILPF 国際会長)

◆経ヶ岬ツァー 2015年7月31日(金)

◆京都セミナー2 
宇宙規模で構築中の米軍戦争システムの全貌――点と線、地と天をつなげて考える
と き:2015年8月1日(土)午前9時半~12時50分(登録デスク 午前9時~)
ところ:立命館大学(衣笠)敬学館1階の225・226・227教室
         
分科会A(敬学館225教室)
(1)核と宇宙分野におけるドイツの平和運動に携わって    
   ウォルフガング・シュラップ・ハック(ドイツ、平和市長会議「2020ビジョン」実現運動)
(2)天空への兵器配備――インドの現局面   
   J.ナラヤナ・ラオ(インド、GN理事) 
(3)情報化時代のテロリズムをどう克服するか  
   S.ナラヤン・シャー(「ネパールにおける社会開発の道」事務局長) 
(4)誰が冷戦の復活を策しているのか――ウクライナ・中東・東アジアの軍拡競争の危険    
   ヨシ・マッキンタイア(米国、ジャーナリスト)
司会:大野光明(大阪大学、スワロウカフェ)     
通訳:尾川寿江・汐崎啓子(コードピンク大阪)

分科会B(敬学館226教室)
(1)韓国済州島カンジョン村への海軍基地設置反対運動の成果と課題    
   チェ・ソンヒ(崔 誠希、韓国、GN理事)
(2)沖縄の戦い――辺野古の海を埋め立てさせないために    
   大湾宗則(京都沖縄県人会)
(3)GNの連帯ツアーで感じ、考えた「沖縄」    
   GN沖縄訪問団
(4)佐賀空港へのオスプレイ配備問題と住民の動き   
   豊島耕一(佐賀大学名誉教授)
司会兼通訳:サトコ・オカ・ノリマツ(カナダ、ピースフィロソフィセンター)

分科会C(敬学館227教室)10時20分開始
(2)米国の宇宙覇権の道具に変貌しつつあるスウェーデンの北極圏地域  
   アグネッタ・ノーバーグ(スウェーデン平和委員会副議長、GN理事)
(3)イタリア・シシリア島で米軍の M.U.O.S. (mobile users objectives system)
   施設の設置を拒否できた理由――反対運動の映像を鑑賞しつつ
   ヴィンセンゾ・サンティグリア(イタリア、MUOS反対運動)
(4)戦争と平和への岐路に立つ日本――集団的自衛権をめぐる運動の現局面  
   杉原浩司(集団的自衛権問題研究会、GN理事)
司会:石野はるみ(大阪国際大学名誉教授)  
通訳:谷川佳子(平和友の会)

◆京都セミナー3 
宇宙戦争も核戦争もない平和な地球を築こう
と き:2015年8月1日(土)午後2時~6時  
ところ:立命館大学(衣笠)敬学館210教室
歓迎挨拶(1)君島東彦(立命館大学国際関係学部教授)
歓迎挨拶(2)ピータ・カズニック(アメリカン大学歴史学教授)  
(1)反テロ地球戦争の失敗、ユーラシア連合の台頭と米国の「巻き返し」戦略    
   ブルース・ギャグナン(米国、GNコーディネイター)
(2)冷戦後の米軍の宇宙戦略の特質    
   スブラタ・ゴシュロイ(米国、MIT研究員)
(3)MDは新型核戦争(衛星軌道上の核爆発と原発炎上)を招く   
   藤岡 惇(立命館大学)
(4)2009年のチェコ共和国で米軍のMD基地の阻止に成功した経験    
   ヤン・タマス(チェコ、ヒューマニスト党代表) 
(5)軍事化が進む日本の宇宙政策のもとで、何をなすべきか     
   池内 了(総合研究大学院大学名誉教授)
(6)地上と天空の軍事基地の解体めざして    
   J・ナラヤナ・ラオ(インド、GN理事)     

資料・通訳費:各セミナーとも1,000円。 学生は半額。
※このセミナーは市民開放のプログラムですので、どなたでも参加できます。
通訳がつきますので、英語が得意でない方も、気楽に参加してください。

最新プログラム詳細と参加登録は http://space-peace-kyoto.blogspot.jp/

緊急連絡のためのメールのアドレスは s.a.p.kyoto at gmail.com

申込用紙はこちらからダウンロードしてください。↓
https://drive.google.com/file/d/0B2K90eFCoaDPWWNEeTh1dUNtalE/view?pli=1

同時通訳機手配の関係上、事前の参加登録をお願いします

-----------------------------------

宇宙と平和・国際セミナー@京都実行委員会 
  代表:藤岡 惇(立命館大学特任教授)
共催: Global Network against Weapons and Nuclear Power in Space 



CML メーリングリストの案内