[CML 038813] 人肉を食みたる彼ら「野火」を見て なにを思うか塚本映画

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 7月 28日 (火) 06:13:47 JST


上の句。「食みたる」 <http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/179314/m0u/>は、「はみたる」と詠む。

映画「野火」 <http://nobi-movie.com/> 監督・主演 塚本晋也
<http://eiga.com/movie/80686/interview/>

同居人が観たいと騒ぐ <https://twitter.com/Kawachi_Maru/status/625237650706821120>ので、
「ユーロスペース」 <http://www.eurospace.co.jp/>初日の初回に見参。

文豪大岡昇平 <https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E6%98%87%E5%B9%B3>
の原作を基に、塚本ワールドが展開。

26年前の奇作「鉄男」 <https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E7%94%B7>
が黒一色なのに比べ、うつくしい緑、きれいな花々。

そのなかで、ぼろぼろの日本兵たち。

人肉を食らう、「猿」と誤魔化すのは現地人差別。

友軍を殺して食べるのだ。

鬼畜米英を呼号した人間自らが、鬼畜に変貌してゆく。
<https://twitter.com/Kawachi_Maru/status/625237650706821120>



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内