[CML 038725] 私たちが教育内容を決める

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 7月 26日 (日) 03:01:58 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 右であれ左であれ、学校教育は知識や道徳の「注入」であると思う人が大勢い
ます。子どもは主体的に学ぶことができることを忘れています。

 福井県勝山市にある私立「かつやま子どもの村小中学校」は、プロジェクトと
呼ばれる体験学習を中心とする教育を行っています。教員が「注入」するのでは
なく、子どもが勉強する内容を自分で考え、議論し、実践するのです。

 子どもたちがミーティングで議論し、考え、感じることで勉強している姿を追
います。

 NNNドキュメント
 『僕らのミーティング 「話す・聞く・想う」 心の授業』
 http://www.ntv.co.jp/document/
 放送日:7月26日
 放送時間:24:55〜 
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内