[CML 038706] 公明党元幹部 安保強行採決に「公明党の行動は万死に値する」と怒り

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2015年 7月 25日 (土) 12:09:44 JST


信濃町で訴えていたときのことですが、創価学会員の年配の女性が公明党は間違ったことをしない、と怒りをぶちまけて通り過ぎていきました。

世界の中で米国に付き従って戦争外交を進める日本と、自民党に付き従って戦争政策を進める公明党は重なっています。日本の潜在力、公明党の潜在力が台無しです。

憲法を壊す政治に協力する見返りが消費税軽減税率の導入なのでしょうか。公明党支持者の皆さんには考えてもらいたい。


太田光征


公明党元幹部 安保強行採決に「公明党の行動は万死に値する」と怒り 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版
http://dot.asahi.com/wa/2015072200116.html

戦後70年の沖縄 報道特集 150627
https://www.youtube.com/watch?v=-jY_-KqZEmo
9:30〜
沖縄の創価学会員、安保法制について「平和党(公明党)もなくなるか、と怒るわけよ、おなし学会員の方でもよ」

「平和の党の看板、洗い直して」 公明離党し町議3選
http://www.asahi.com/articles/ASH756D5GH75OIPE01B.html
朝日新聞デジタル 7月9日(木)18時0分配信
 愛知県武豊町議の本村強さん(62)は創価学会員だが、与党として安倍政権を支える公明党には属さない。安全保障関連法案の国会審議で、違憲との指摘がやまないことに意を強くしている。


CML メーリングリストの案内