[CML 038703] 【日刊スポーツ記事】 「公明党の支持母体である創価学会が安保法制反対の声を強めているといわれる。20日に行われた安保法制反対デモには、創価学会員の公明党決別宣言のプラカードが掲げられたという。共同通信の世論調査でも公明党支持層の94%が「説明不十分」としており、公明党支持層の安保法案への不信や危惧が大きい人を示唆している。」「加えて元公明党副委員長・二見伸明は週刊朝日のインタビューに答え「公明党から『平和の党』という看板は完全に失われた。山口那津男代表をはじめとする執行部は、総退陣すべき。今でも私と付き

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2015年 7月 25日 (土) 10:59:11 JST


【日刊スポーツ記事】 「公明党の支持母体である創価学会が安保法制反対の声を強めているといわれる。20日に行われた安保法制反対デモには、創価学会員の公明党決別宣言のプラカードが掲げられたという。共同通信の世論調査でも公明党支持層の94%が「説明不十分」としており、公明党支持層の安保法案への不信や危惧が大きい人を示唆している。」「加えて元公明党副委員長・二見伸明は週刊朝日のインタビューに答え「公明党から『平和の党』という看板は完全に失われた。山口那津男代表をはじめとする執行部は、総退陣すべき。今でも私と付き合いのある公明党の党員や支持者は、本心では全員が反対」としている。安保法制反対論を掲げる憲法学者・木村草太が創価学会系雑誌「第三文明」に登場したのも話題だ。」
http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1512557.html


何でものむ公明だったが…
   
 ★国会は正常化したものの、政界では全く別のささやきが続く。政界関係者が言う。「連立の中の自民党と公明党の関係だ。参院選挙制度の調整で自民党が10増10減を打ち出してきたことを猛反対したのは公明党だ。今まではそれでもげたの雪と言われ、なんでものみ込んできた公明党が、今回だけは反発したままだ」。公明党にとって選挙制度は重要だが、自民党との連立を優先させ、我慢を重ね安保法制でもすべてを受け入れてきた。その公明党が初めて連立のパートナー、自民党にたてついたのだ。

 ★その公明党を取り巻く環境も複雑化している。公明党の支持母体である創価学会が安保法制反対の声を強めているといわれる。20日に行われた安保法制反対デモには、創価学会員の公明党決別宣言のプラカードが掲げられたという。共同通信の世論調査でも公明党支持層の94%が「説明不十分」としており、公明党支持層の安保法案への不信や危惧が大きい人を示唆している。

 ★加えて元公明党副委員長・二見伸明は週刊朝日のインタビューに答え「公明党から『平和の党』という看板は完全に失われた。山口那津男代表をはじめとする執行部は、総退陣すべき。今でも私と付き合いのある公明党の党員や支持者は、本心では全員が反対」としている。安保法制反対論を掲げる憲法学者・木村草太が創価学会系雑誌「第三文明」に登場したのも話題だ。

 ★野党幹部は「明らかに今までの対応と公明党が変わってきている。無論来年の参院選を見据えた上での対応もあるだろうが、官邸がこれ見よがしに維新の党との蜜月を見せつけたり、公明党の代わりは維新と印象付けるような発言もあって不快感を持っていることは間違いない」。自公のきしみは亀裂に広がるか。(K)※敬称略



創価学会員の中に戦争法案反対の動き、大阪でデモ参加者に聞く
http://ideanews.jp/archives/6324

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年7月21日
 
公明党の支持母体である創価学会の会員の中に、安全保障関連法案(戦争法案)に反対する動きが広がりつつあります。facebookには、公開グループ「創価学会員だけど自民党が大嫌いな人、団結しましょう。」が作られ、東京や大阪のデモでは創価学会の3色の旗に「ファシズム反対」などの文字を書いたプラカードを掲げて歩く人が出てきています。
 
2015年7月19日、大阪市内の御堂筋などで行なわれた「SADL × SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」では、「公明党議員よ 人間革命 読み直せ」、「仏罰。公明党」などと書かれたポスターが掲げられました。
 
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
 
このデモで公明党や創価学会関係のプラカードなどを掲げた参加者のうちの数人に、お話をうかがいました。
 
--(男性に)創価学会の方ですか?
 
はい。そうです。
 
--いつから創価学会員なんですか?
 
生まれた時からです。
 
--今、おいくつですか?
 
42歳です。
 
--42歳。これまでずっと、生まれた時から創価学会員ということですか?
 
そうです。
 
--思いを聞かせていただけますか?
 
はい。公明党、私ども生まれた時からずうっと支援してきました。公明党の立党理念と創価学会の理念は、絶対に戦争反対ということで、これは私も小さい頃からずうっと教えられてきました。党の政策として、ほかのことなら構わないんですけどもね、この戦争にかかわることだけは学会員は絶対に反対していくということです。
 
マイク向けられたら普通にしゃべれないんですが(笑)、去年の閣議決定、4月1日の武器輸出と7月1日の集団的自衛権、これは太田昭宏(あきひろ)大臣が閣議決定に判(はん)を押しましたが、立党精神にもとるこの法案に賛成したということに、私はものすごい怒ってるわけなんです。
 
公明党を支援する創価学会は、思想としてはみなさん平和主義なんで、必ずみなさん(そういう思いは)あるんですけどね、どうしても宗教団体ですから、今、みなさん、その狭間で苦しんでおられると思うんです。
 
そやけどもやっぱり、私らの師匠は池田先生ですので、池田先生が人間革命という本を出されてますけれども、また、平和の対談をいろいろされてますけど、その中でおっしゃってる戦争反対、これを私らがやっぱり声あげていかなあかんという思いで今回、このデモに参加させていただいてるんです。
 
私ら(公明党を)支援したという責任もありますんで、学会員自身が声を広げていって、学会員自身が止めて行きたい、っていう思いで今回、参加させていただきました。
 
--ありがとうございました。
 
--(女性に)創価学会員ですか?
 
はい。
 
--いつから、創価学会員なんですか?
 
生まれた時からです。
 
--今、おいくつですか。
 
37です。
 
--(別の男性に)学会員ですか?
 
はい。
 
--学会員になられたのは?
 
10年前です。
 
--お持ちになっているものは?
 
(男性)「バイバイ公明党」です。
 
--こちらは?
 
(女性)「人間革命、読み直せ」です。
 
--ありがとうございました。
 
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
 
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
「SADL×SEALDs KANSAI『戦争法案』に反対する関西デモ」より=2015年7月19日、撮影・橋本正人
 
 
<関連リンク>
 
facebook公開グループ「創価学会員だけど自民党が大嫌いな人、団結しましょう。」 → https://www.facebook.com/groups/1490510651236516/
 
 
<アイデアニュース関係記事>
 
創価学会員の中に戦争法案反対の動き、大阪でデモ参加者に聞く
http://ideanews.jp/archives/6324
 
大阪での「戦争法案」反対デモ、2つにハシゴで参加してきました
http://ideanews.jp/archives/6217
 
SADL × SEALDs KANSAI、女子パレ、戦争法案に反対し大阪でデモ行進
http://ideanews.jp/archives/6218
 
柳澤協二・元内閣官房副長官補の講演「安保法制と日本の将来」 全文(1)
http://ideanews.jp/archives/5559
 
「サマーワでなく、ファルージャに行くというのが実感」 柳澤協二さん講演全文(2)
http://ideanews.jp/archives/5615
 
「自衛隊の服務は、我が国・憲法・法を守ること」 柳沢協二さん講演全文(3)
http://ideanews.jp/archives/5651
 
「来年の参院選に向けて、民意の抑止力を」 柳澤協二さん講演全文(4)
http://ideanews.jp/archives/5668
 
安全保障関連法案(戦争法案)に反対、大阪市内で「サウンドデモ」
http://ideanews.jp/archives/5330
 
——————————————-
 
<アイデアニュース有料会員向け「おまけ的小文」>  みなさん、顔は堂々と出されていましたが、写真ではトリミングしました(橋本正人)



公明党元幹部 安保強行採決に「公明党の行動は万死に値する」と怒り
http://dot.asahi.com/wa/2015072200116.html

  
(更新 2015/7/23 07:00)


 安保法制をめぐって国会前や全国各地で広がるデモ。政治と縁遠い若い世代が声を上げているのが印象的だ。強行採決を受け、元公明党副委員長の二見伸明さん(80)は公明党の罪を指摘する。

*	 *  *
 公明党から「平和の党」という看板は完全に失われました。山口那津男代表をはじめとする執行部は、総退陣すべきです。

 山口代表が1990年に初当選したあと、私の議員事務所に来て、集団的自衛権について議論したことがあります。そのとき彼は、「集団的自衛権の行使は、長い間にわたって政府が違憲と判断してきた。それを解釈改憲で認めることはできない」

 と話していました。弁護士らしく、筋の通った話でしたよ。それがなぜ、安倍政権の解釈改憲に賛成するのか。いつ変節してしまったのか。まったく理解できません。

 今でも私と付き合いのある公明党の党員や支持者は、本心では全員が反対です。法案の意味を理解しようと思っても、意味がわからないからです。今こそ党員や支持者は、昨年7月の集団的自衛権の行使を認めた閣議決定から強行採決に至るまでの経緯を検証して、公明党執行部がどういう役割を果たしたかを総括すべきです。

 今回の安保法案は、審議に116時間もかけたのに、安倍首相からはまともな回答は一つもなかった。それに協力した公明党の行動は、万死に値します。

※週刊朝日 2015年7月31日号

 		 	   		  


CML メーリングリストの案内