Re: [CML 038629] Re: 【抗議文】前・現事務局長の代理人を辞任した、原告弁護団に強く抗議します

Masa BXI04376 at nifty.ne.jp
2015年 7月 24日 (金) 09:02:13 JST


ユープランさんの動画です

20150715 UPLAN【前半】SEALDs 戦争法案強行採決の日国会議事堂前の夜と、冤
罪の現場
https://www.youtube.com/watch?v=0Aw5KOxUisM

20150716 UPLAN またもや危険な柵からはじまった本会議採決の日の総がかり抗
議行動
https://www.youtube.com/watch?v=tw-CE3B1718

デモ・集会の現場では、機動隊の弾圧・冤罪でっち上げとも対峙しています。
意見の違い、組織の違いを乗り越えて、総がかりで戦争法案を廃案にし
平和憲法を守るための市民運動が続いています。

民主党も共産党も山本太郎と生活の党も社民党もセクトも
そしてSEALDsの若者たちもいます。

東本さん、この現場に立って、SEALDsの若者たちに
MLで行っている批判をできますか?
目の前では、機動隊の不当なデモ弾圧が行われていますよ。

どちらを向いて運動するのか、
デモの現場に行けば、東本さんの態度があまりに頓珍漢なのは
歴然とするでしょう。

------------------------------------------------------------
私は、反原発・脱原発の運動のほうばかりに参加していますので、
SEALDsへの批判についてではなく、
脱原発運動への東本さんのひどい投稿により腹を立てています。

デモの現場、政府交渉の現場、国会議員事務所めぐりの現場に
参加していますか?

もし参加しているのであれば、第一線で活動している脱原発のための仲間を
簡単に批判・否定できないでしょう。
圧倒的にひどいことを目の前の官僚や自民党政治家、原子力規制委員会と
規制庁の職員が行っているのです。
機動隊のデモ弾圧と同じです。

インターネットに掲載された、ごく一部の情報を見つけ出して、
だから河合弘之はだめだ、山本太郎はだめだ、三宅洋平はだめだ
飯田哲也はだめだ、竹村英明はだめだetc........
と、レッテルを貼り続ける行為は、
戦うべき政府の暴政を放置して、民衆の運動の力をそいでいるだけです。

東本さん、たとえば竹村英明がどんな活動をやっているのか知っていますか?
具体的に知りもしないで、聞きかじりで批判する、あなたこそが運動を分断します。

内ゲバ体質
そう、全共闘世代は、セクト間でもセクト内でも内ゲバを繰り返しましたね。
安保をごり押しする自民党政府と官僚・米国を放置して、
運動の力をそぎ、結果的に国民からも見放されていったセクト

いまだに、中核派系や共産党系の一部の人は、運動を平気で分断します。
特に選挙になると、自分の党派と競合する別の脱原発候補を徹底的に批判し
自民党原発再稼動政策の批判よりも優先しているかのようでした。

東本さんのやっていることは、これと同じです。
全共闘世代の、頑固で、現場にも出ずに、だだただ批判を繰り返す
内ゲバ体質のパソコンじじいは、
現在進行している運動の邪魔だけはしないで、別のことで遊んでいてください。

ちゃらんけ

On 2015/07/22 17:42, higashimoto takashi wrote:
> 佐藤和之さんの原発メーカー訴訟の会事務局長の朴鐘碩さんの原発メーカー訴
> 訟弁護団に対する「抗議文」と「声明」の ご紹介
> に関連して、私も先に同訴訟弁護団の理不尽を批判する記事を書いていますの
> で下記にご紹介させていただこうと思います。
>
> なお、私の下記記事の中でも触れていますが、「基本的人権を擁護し、社会正
> 義を実現することを使命とする」(弁護士法第1条)
> 弁護士としてあるまじき理不尽の行為に及んでいる島昭宏、河合弘之共同代表
> をはじめとする同訴訟弁護団メンバー22名の
> 弁護士の氏名を先に示しておきます。許しがたい弁護士たちだというのが私の
> 評価です。
>
> 原発メーカー訴訟弁護団共同代表     島昭宏、河合弘之
> 原発メーカー訴訟弁護団弁護団弁護士  小野寺利孝、吉田理人、片口浩子、
> 吉田悌一郎、鳥飼康二、谷田和一郎、海渡雄一、
>                           只野靖、山添拓、青
> 木秀樹、寺田伸子、佐藤美由紀、岩永和大、奥山倫行、山本行雄、
>                           笠原一浩、小林哲
> 也、木村夏美、林良太、砂川辰彦(以上22名)
>
> 以下、私の過去記事から抜粋。
>
> ・第三者から見た原発メーカー訴訟弁護団(島昭宏弁護士・河合弘之弁護士共
> 同代表)の「原発メーカー訴訟の会」に対する理不
> 尽な横やりについて(Blog「みずき」 2014.12.23)
>
> 「原発メーカー訴訟」問題で同訴訟を提起している「原発メーカー訴訟の会」
> と同訴訟弁護団(島昭宏弁護士・河合弘之弁護士ほか
> 20名)との間でもはや修復不可能というべき大きな亀裂が生じているようで
> す。そのことは同「訴訟の会」事務局長の崔勝久さんの
> 個人ブログ「オクロス」で確認できます。私は注意深くこの5月ぐらいから続
> いている崔勝久さんと島昭宏同訴訟弁護団長との論争
> を熟読してみましたが、どう見てもこの争論の非は同訴訟弁護団側、具体的に
> は島昭宏弁護団長の側にあるように見えます。端的
> に言って、この両者間の争論は、島昭宏弁護士の弁護士としてあるまじき越権
> 的な横やりから生じた争いであると結論せざるをえ
> ません。
>
> 「原発メーカー訴訟の会」の組織内の内紛のようなものにもちろん組織外の第
> 三者が口出しするべきではなく、口出しするつもりも
> 毛頭ありませんでしたが、同会事務局長の崔勝久さんが同訴訟弁護団長の島昭
> 宏弁護士について「私の人格を貶め、嘘で固めた
> 理由で私を原告から追放しようと諮る」「これは名誉棄損」とまで弾劾し、弁
> 護団側も崔勝久「訴訟の会」事務局長との「信頼関係の
> 喪失」を「弁護団声明」で糾弾するに到っている以上、両者にはもはや亀裂の
> 回復する見込みはないものと判断するほかありませ
> ん。したがって、第三者の判断をいま述べるとすれば、中立の立場ではなく、
> 「正論を述べているのはどちらの方か」という立場から、
> この争論の黒白については私は明確に「原発メーカー訴訟の会」事務局長の崔
> 勝久さんの側を支持することを言明したいと思いま
> す。
>
> 私が崔勝久さんの側を支持するゆえんは以下の「オクロス」に掲載された原発
> メーカー訴訟の会各原告の2本の論に委ねます。以
> 下、その論の引用です。
>
> なお、付記しておけば、原発メーカー訴訟弁護団の中には弁護団長の島昭宏弁
> 護士、同弁護団共同代表の河合弘之弁護士のほ
> か脱原発訴訟で有名な海渡雄一弁護士なども名を連ねています。崔勝久さんの
> 「それにしても、日本の原発裁判の中心にいる河合、
> 海渡弁護士のような方がどうしてこのような幼稚で、悪意に満ちた文書に同意
> し、名前を載せているのか理解に苦しみます」という
> 批判と疑問の言葉にも私は強く同意することも述べておきたいと思います。こ
> の問題は、私は、3・11以来のこの国の脱原発運動
> に蔓延っている「反原発正義」(うそでも誇張でも「反原発」を唱えさえすれ
> ば「正義」だとするニセの脱原発主張)とも強く関係してい
> る事態だと認識していますが、ここでの主題から外れてしまいますのでここで
> はその旨だけを述べておくにとどめておきます。
>
> 以下、省略。全文は下記をご参照ください。
> http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1113.html
>
>
> 東本高志@大分
> higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
> http://mizukith.blog91.fc2.com/
>
>
> From: Kazuyuki Sato
> Sent: Wednesday, July 22, 2015 3:17 AM
> To: qurbys at yahoo.co.jp ; CML ; uniting-peace at freeml.com ;
> info_mosaku at freeml.com ; popular-election-movement at notnet.jp
> Cc: 活憲左派 ML
> Subject: [CML 038619] 【抗議文】前・現事務局長の代理人を辞任した、原告
> 弁護団に強く抗議します
>
> 佐藤和之(佼成教職組)です。
>
> 日立就職差別糾弾闘争の元当該・朴鐘碩さん(原発メーカー訴訟の会・事務局
> 長)から、抗議文と声明文が出されています。
> いずれも、拡散歓迎です。
>
> @抗議文「前・現事務局長の代理人を辞任した、原告弁護団に強く抗議します」
> http://blogs.yahoo.co.jp/tocka_jikkoi/65732867.html
>
> @声明文「原発メ-カ-訴訟・弁護団による前・現事務局長の代理人辞任に対す
> る声明」http://blogs.yahoo.co.jp /tocka_jikkoi/65733788.html
>



CML メーリングリストの案内