[CML 038656] Re: FW: 出版情報 「昭和天皇は戦争を選んだ!裸の王様を賛美する育鵬社教科書を子どもたちに与えていいのか」

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2015年 7月 23日 (木) 22:49:02 JST


 檜原転石様

 こんばんは。増田です。返信、ありがとうございます!


> アマゾンでは中古品(ほぼ新品)で約5600円にもなっています。
>

 え〜〜っ!? うっそ〜〜!? と思って、検索してみましたら、あら、不思議…ホントでした。アマゾンって、どうなってるんでしょう?


 社会批評社では、もちろん、定価で普通に売ってますし、ネットの丸善&ジュンク堂書店は、普通に「送料無料・在庫有り」です。面白くなって、ブックオフを見ましたら「定価より13%オフ ¥326おトク」「在庫がありません」って(笑)…どうも、こういう業界は、私には謎…



 
> 以下、志村建世のブログでも『昭和天皇は戦争を選んだ!』が取り上げられています。
>

 ご紹介、ありがとうございます! 気がつきませんでした。



> ▼志村建世のブログ
> 「昭和天皇は戦争を選んだ!」を読む
> http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55644827.html
>
 とても、的確にまとめてくださってますね。私は、学者でも研究者でもないので、学者さんや研究者さんが調べて発表されているのを元にして、満州事変〜1989年の天皇の死去までをまとめたのです。学者さんや研究者さんが、やってくださらないかな、と期待してたんですけど、それぞれの専門分野で詳しく研究発表されているのですが、私の期待に応えてくださる方はいらっしゃらないかったので、私がまとめるしかないかな、と…



 しかし、史料には自信があります! 学者さんたちの著作では史料そのものを出してある、というのが少なくて「注を見よ」とか、一例だけ挙げますと「風流夢譚事件」にしても「中央公論社は全面屈伏する広告を出した」とあっても、その広告そのものは載せてくれないのです。でも、モノを言うのはその証拠物件(笑)ですから、私は国会図書館まで行って、新聞に載ったその全面屈伏の謝罪広告を確認し、コピーして載せました。



 ですから、拙著に載せてある史・資料は、絶対にお役に立ちますよ!(笑)



 ただ、私のもう一つの目的である、育鵬社の歴史偽造教科書に対する徹底批判についても触れてほしかったなぁ、というのが、志村建世氏の「『昭和天皇は戦争を選んだ!』を読む」を読んでの私の感想です! 		 	   		  


CML メーリングリストの案内