[CML 038630] 桑満おさむさん(五本木クリニック院長)の山本太郎というカルト派参院議員と内海聡というカルト派医師批判 ――このカルト派の反知性の者たちを跋扈させているのは誰か?

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2015年 7月 22日 (水) 17:51:54 JST


以下、桑満おさむさん(五本木クリニック院長)の山本太郎(参院議員、元タレント)と内海聡(医師)批判です。下記の拙論と外部
リンク記事の続きとしてお読みいただければ幸いです。

・「緑の党」という新人政党の「脱原発」の主張に隠れたデマゴギー体質を批判する――レイシスト内海聡(医師)と三宅洋平、山本
太郎の泥濘の関係を通して(Blog「みずき」 2015.06.21)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1344.html
・内海聡(医師)とはどういう人物なのか?――小野昌弘さん(イギリス在住の免疫学者・医師)のコメント(Blog「みずき」 2015.06.27)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1356.html
・内海聡&三宅洋平の人非人ぶりがひどい【追記あり】(外部リンク:vanacoralの日記 2015-06-20)
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20150620

桑満院長は「数時間程度の対談で波動系医師(引用者:すなわち内海聡)の考えに洗脳されるようなピュアな脳の持ち主である山
本太郎が今後「危険な方向性を持った集団」(カルト)に属してしまう可能性を心配されていますが、桑満院長自身が実はそう思っ
ているように山本太郎はいまの段階ですでに十分にカルト的です(その証左のひとつが以下の対談ということになるでしょう)。私
としては、山本太郎とともに「ピュアな脳の持ち主である」市民がさらに洗脳の度を深めていくことの方を心配します。桑満院長の
山本太郎診断が山本太郎的、さらに内海聡的なカルト教の蔓延防止に少しでも役立つことを祈るのみです。それにしてもこうした
山本太郎、さらに三宅洋平(演奏家)のカルトの気を見破れずに彼を推薦候補としていまでも応援し続けている「緑の党」なる公党
の責任はきわめて重大なものがあると言っておかなければならないでしょう。

以下、省略。全文は下記をご参照ください。
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1402.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/



CML メーリングリストの案内