[CML 038616] 7/31ND日米エネルギープロジェクト訪米調査報告会のお知らせ

Akio Taba akio-taba1116 at nifty.com
2015年 7月 22日 (水) 00:06:55 JST


ND訪米団に同行してくださった鈴木達治郎氏(元内閣府原子力委員会委員長代理)を
ゲストに、
報告会を行います。ぜひ、ご参加ください。

(転送歓迎)
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

         新外交イニシアティブ(ND)訪米報告会
「ND日米エネルギープロジェクト訪米調査報告」
             
     2015年 7月31日(金) 17:30開場 18:00開演 (〜19:45)
             於:衆議院第一議員会館 

         http://www.nd-initiative.org/event/1860/
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

3年前、日本が「2030年代原発ゼロ」を打ち出した際、米国が圧力をかけ閣議決定が
見送られたと報じられました。ND「日米エネルギープロジェクト」では、日本の
原子力エネルギー問題を日米関係から紐解き、米国が日本の原子力政策に与える影
響について研究しています。

6月5日から約1週間、ND「日米エネルギープロジェクト」では訪米調査(ワシント
ン・ボストン)を行いました。米国の元政府関係者(エネルギー省・ホワイトハウ
ス・原子力規制委員会(NRC))や原子力専門家らにインタビューを行い、日本の
原発再稼働・再処理についての米国における見方や2018年に期限を迎える日米原子
力協定の行方等につき幅広く意見を伺いました。原発に対する見方が日米できく異
なる現実も目の当たりにしました。最新の調査報告に、ぜひ皆様ご参加ください。


●登壇者:
【訪米団】
・鈴木達治郎氏(元内閣府原子力委員会委員長代理、現長崎大学核兵器廃絶研究セン
 ター(RECNA)副センター長・教授)
・猿田 佐世(ND事務局長/弁護士)
・平野あつき(ND研究員)

●登壇者プロフィール
○鈴木達治郎氏
東京大学工学部原子力工学科卒。78年マサチューセッツ工科大学プログラム修士
修了。工学博士(東京大学)。原子力工学を専攻後、エネルギー環境政策、技術
と政策の関係を中心に研究。MITエネルギー環境政策研究センター、同国際問題研
究センター、(財)電力中央研究所社会経済研究所などを経て、2010年1月から
2014年3月まで原子力委員会委員長代理を務め、2014年4月RECNA副センター長に就
任。
2015年4月より現職。国際核物質専門家パネル(IPFM)共同議長、核廃絶を目的とす
る科学者グループ「パグウォッシュ会議」評議員。

○猿田佐世
ワシントン在住も経ながら、各外交・政治問題について、米議会等で自らロビー
イングを行う他、日本の議員や地方公共団体等の訪米行動を企画・実施。東日本
大震災後、日本の国会議員等の原発政策についての訪米行動のサポートを続け、
米国の原子力政策に関わる人々と日本の外交チャンネルを築いてきた。

○平野あつき
2014年秋よりND「日米エネルギープロジェクト」に参画。チームの一員として調査
及び訪米のコーディネートを担当。

●日時:2015年 7月31日(金) 17:30開場 18:00開演 (〜19:45)

●会場: 衆議院第一議員会館 国際会議室
 住所:東京都千代田区永田町2-2-1(国会側 正門からお入りください)
 TEL:03-3581-5111
 地図:
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm
 最寄り駅:国会議事堂前駅(丸ノ内線・千代田線)

●資料代:1000円(ND会員・今回のエネルギープロジェクト訪米にご寄付いただい
     た方・学生は無料)

●定員:90名(先着順)
※会員の皆様、および今回のエネルギープロジェクト訪米にご寄付いただいた方に
 おかれましては、優先的にご入場いただけます。

●お申込み:
下記ページ下部の申し込みフォームをご利用ください。
www.nd-initiative.org/event/1860
当日参加も受け付けますが、できる限り事前申込みをお願いいたします。 

●ND編『虚像の抑止力 沖縄・東京・ワシントン発 安全保障政策の新機軸』(旬報社)
本書は、日米外交の多くの歪みを象徴的に表す沖縄の米軍基地問題を皮切りに、
同じように「抑止力」による説明が繰り返される集団的自衛権の行使容認、そし
て日米安保体制や日本の民主主義の在り方について、外交・防衛・安全保障の専
門的見地から疑問を投げかけ、問題の所在を解説するものです。(発売中。定価:
1,512円(税込))

柳澤協二(ND理事/元内閣官房副長官補)、マイク・モチヅキ(ND理事/ジョー
ジ・ワシントン大学教授)、半田滋(東京新聞論説兼編集委員)、屋良朝博(元
沖縄タイムス論説委員/フリージャーナリスト)、猿田佐世(ND事務局長/弁護
士)

・amazonにてご購入いただけます。
 http://amzn.to/1zaXDLf
・シンポジウム当日、会場でも販売いたします。
書籍詳細:
http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/931

●ぜひND にご入会ください。
NDでは会員を募集しています。(詳細
http://www.nd-initiative.org/onegai.html)
お申込みは、上記ページよりクレジット決済をご利用いただくか、事務局までお名
前・
ご住所・E-mail・電話番号をお知らせの上、会費を下記口座にお振込みください。

●NDへご寄付をお寄せください。
NDでは、現在下記プロジェクトを進めております。プロジェクト実施に際しての
各種文献調査や現地調査、ワシントンでの提言活動等について、皆さまからの温
かいご寄付をお寄せいただければ大変幸いに存じます。ご支援いただけます場合
には、上記ウェブページよりクレジット決済をご利用いただくか、下記口座にお
振り込みください。

・歴史認識問題政策提言プロジェクト
・日米原発プロジェクト
・日米地位協定 国際比較・政策提言プロジェクト
・普天間米軍基地返還に関する政策提言プロジェクト

【郵便局からのご送金】
 郵便振替口座 口座番号 00190-3-633335
 口座名義 New Diplomacy Initiative
【他行からのご送金】
 ゆうちょ銀行 〇一九店 (019) 当座 0633335
 口座名義 New Diplomacy Initiative

シンポジウムにご参加いただけない方も、ご入会・ご寄付をぜひご検討下さい。

●お問合せ:
新外交イニシアティブ(New Diplomacy Initiative / ND)事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
WEB:www.nd-initiative.org/
住所:東京都新宿区新宿 1-15-9 さわだビル 5F
TEL:03-3948-7255 / FAX:03-3355-0445
E-mail:info at nd-initiative.org
Facebook:www.facebook.com/NewDiplomacyInitiative
Twitter:@nd_initiative
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「New Diplomacy Initiative(新外交イニシアティブ)」とは(団体紹介)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新外交イニシアティブ(ND)は、日米および東アジア各国において、国境を越えて
情報を収集・発信し、政策提言を行うシンクタンクです。政策実現のため、国内
はもとより、各国における政府、議会、メディアなどへ直接働きかけます。これ
まで下記のイベントを開催しました。NDの詳細はウェブサイトをご覧ください。
http://www.nd-initiative.org/

●これまでに開催した主なシンポジウム・講演会・研究会等(報告や映像等をウェ
 ブサイトからご覧頂けます。映像:http://www.nd-initiative.org/video.html)
〈2013年〉
【1月】設立プレシンポ「新政権に問う―日本外交がとるべき針路は―」(東京)
 :鳩山由紀夫氏(元首相)、鳥越俊太郎、藤原帰一、マイク・モチヅキ
【7月】研究会「アジア・太平洋地域における新しい外交を求めて 第一回」(東京)
【8月】設立記念パーティ「オリバー・ストーンと語る もう一つの日米関係」(東
京)
 :オリバー・ストーン氏(映画監督)、ピーター・カズニック氏(アメリカン大学
  准教授)、藤原帰一
【10月】シンポ「民間大使が見た日本外交―これからの日中関係を考える―」(東
京)
 :丹羽宇一郎氏(前中国大使・前伊藤忠商事株式会社会長)、鳥越俊太郎、柳澤協
二
【10月】研究会「アジア・太平洋地域における新しい外交を求めて 第二回」(東
京)
〈2014年〉
【1月】シンポ「普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える」(名護市)
 :稲嶺進氏(名護市長)、前泊博盛氏(沖縄国際大学教授)、仲里利信氏(元沖縄
県
  議会長)、柳澤協二
【3月】シンポジウム「『沖縄』そして『日本』における米軍基地問題とは何か」
(那覇市)
 :平良朝敬氏(かりゆしグループCEO)、長元朝浩氏 (沖縄タイムス社専任論説委
員)、
  鳥越俊太郎
【4月】シンポ「今なぜ、集団的自衛権なのか−安全保障の最前線から考察する−」
(東京)
 :柳澤協二、鳥越俊太郎、山口二郎
【6月】訪米報告会「米国に声を伝える−名護市長訪米活動のコーディネート経験を
踏ま
   えて−」(東京)
 :猿田佐世(ND事務局長)、玉城デニー氏(衆議院議員)
【8月】シンポ「どうする米軍基地・集団的自衛権―オキナワの選択」(那覇市)
 :半田滋氏(東京新聞論説兼編集委員)、屋良朝博氏(元沖縄タイムス論説委員)、
  柳澤協二、猿田佐世
【9月】シンポ「基地の島、沖縄の今を考える−返還交渉当事者、ハルペリン氏を囲
んで−」
   (那覇市)
 :モートン・ハルペリン氏(元米国家安全保障会議(NSC)スタッフ)大田昌秀氏
(元沖
  縄県知事)、佐藤学氏(沖縄国際大学教授)、潮平芳和氏(琉球新報編集局長)
【11月】シンポ「安倍政権2年間の安保・外交政策を振り返る―沖縄米軍基地問題を
中心
    に―」(東京)
 :半田滋氏(東京新聞論説兼編集委員)、屋良朝博氏(元沖縄タイムス論説委
員)、柳澤
  協二、マイク・モチヅキ、
【12月】シンポ「安倍政権の歴史認識を問う―『戦後レジームからの脱却』と日本外
交―」
   (東京)
 :東郷和彦(京都産業大学教授/元オランダ大使)、マイク・モチヅキ、山口二郎
【12月】研究会「アジア・太平洋地域における新しい外交を求めて 第三回」(東
京)
〈2015年〉
【4月】シンポ「安保関連法制を考える―集団的自衛権とこれからの外交・安全保障
―」(東京)
 :佐藤優氏(作家/元外務省主任分析官)、柳澤協二
【4月】研究会「アジア・太平洋地域における新しい外交を求めて 第四回」(東京)
【7月】訪米報告会「米国に声を伝える―沖縄訪米団による訪米行動を終えて―」
(東京)
 :糸数慶子氏(参議院議員)、猿田佐世

●評議員:
・鳥越俊太郎(ジャーナリスト)
・藤原帰一(東京大学教授)
・マイク・モチヅキ(ジョージ・ワシントン大学教授)
・山口二郎(法政大学教授)
・屋良朝博(元沖縄タイムス論説委員)
・柳澤協二(元内閣官房副長官補(安全保障担当)・元防衛庁官房長)

●事務局長:
・猿田佐世(弁護士(日本・米国ニューヨーク州))

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===================
弁護士 田場暁生
東京都豊島区西池袋1-17-10 
エキニア池袋6階 城北法律事務所
TEL  03(3988)4866  FAX 03(3986)9018
Email  akio-taba1116 at nifty.com
===================




CML メーリングリストの案内