[CML 038591] 内部報告書「イラク復興支援活動行動史」全容

伊藤 厚志 atsushi-i at oregano.ocn.ne.jp
2015年 7月 20日 (月) 19:56:04 JST


伊藤厚志です。

国内外からの多くの批判・抗議の声を無視して
強行された、陸自イラク派遣(2004年~2006年)の
内部報告書「イラク復興支援活動行動史」
(08年5月、陸自)全容が明らかになっております。
との報道です。

今朝の富山新聞では、
「参院安保関連法案の審議に影響を与える可能性あり」と
報じています。

参院で大いに問題にし、徹底追及し、2008年4.17名古屋高裁の
航自イラク派遣違憲の画期的な判決文とともに、安保法案撤回・
廃案への力にしてほしいものですね。

「人道復興支援」「非戦闘地域」の名目とは、程遠い、
「純然たる軍事作戦」、戦場そのものへの派遣であった実態が
具体的に、あらためて、明るみとなっています。
直接の戦闘での犠牲者がでなかったことは偶然だったとしか
いいようがありません。

報告書概要は以下。
◆宿営地への砲弾攻撃が10回以上
「一つ間違えば甚大な被害に結びついた可能性」
◆情報統制
◆多くの指揮官は「危ないと思ったら撃て」と指導。
 一方、武器使用によるイラク側との信頼関係崩壊を
 懸念する指揮官もいた。
等々。


★辻元清美さんのブログに
この「イラク復興支援活動行動史」完全版が
「黒塗り版」とともに紹介されています。
↓
www.kiyomi.gr.jp/blog/5969/



15日衆院特別委で安保法案が強行採決された後、

数時間経ってから、黒塗りなしの「完全版」が防衛省から

届けられたとのことです。




CML メーリングリストの案内