[CML 038545] 百田尚樹氏「アホらしくなった」小説家引退を宣言

Yabuta Tohru ynntx at ybb.ne.jp
2015年 7月 18日 (土) 10:25:31 JST


藪田です

百田尚樹の本が、1年ほど前は、都内の大手書店でも平積みで売られていました。百田尚樹のNHK経営委員会での発言や、先ごろの自民党勉強会での「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」発言で、この小説家モドキがペラペラの薄っぺらい中身しかないことが、世間一般に知られはじめ、アマゾンでの書評でもボロクソに書かれるようになりました。

そこで「アホらしくなった」小説家引退を宣言となったわけですが、もともと「小説家」などと呼べる中身は無かったので、(放送作家が本業)表現としては意味を成しません。

正しくは小説家モドキを引退するというのが、正しい認知というべきです。

安倍晋三の推奨する文化人というのは、この程度なので、日本が文化的、社会的、政治的にどれほどおぞましい状況か再認識させられる出来事です。

*****************************

「百田尚樹のトンデモツイート集」  お暇な方は、こちらもご覧あれ。(笑えます)

http://matome.naver.jp/odai/2138403790714522501   


*****************************

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1508656.html
百田尚樹氏「アホらしくなった」小説家引退を宣言
[2015年7月17日17時45分]
   
 作家の百田尚樹氏(59)が、「アホらしくなったので、小説家を引退します」と発表した。

 「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」といった発言で物議をかもした百田氏。これまでにも過激な発言で賛否を呼ぶことが多く、批判を浴びることも少なくなかった。

 そうした状況に嫌気が差してか、百田氏は17日にツイッターで、「マスコミやジャーナリストや文化人たちが百田尚樹をつぶそうと躍起になっています。ネガティブイメージキャンペーンに命がけです。 アホらしくなったので、小説家を引退します」と宣言した。

 さらに「Amazonの評価も組織的にひどい点数を付けられているし、マスコミや文化人たちは、百田尚樹のイメージを下げて本を売れなくするのに命がけです」「僕のイメージを下げるのに毎日必死でツィートしてる作家(?)もいる」と“被害”を受けていることを明かし、「百田が引退しても自分の人気は上がらない。他人を下げる努力をするよりも、自分を上げる努力をすればいいのに」とチクリと刺した。

 百田氏はこれまで、60歳で引退すると公言してきたが、58歳だった2014年12月には「もともとデビューした時、十年で引退と思っていた。来年で九年。一年早く辞めたってどうということはない」と引退時期の繰り上げも示唆していた。


CML メーリングリストの案内