[CML 038410] 7/12(日)開催!TPPとくらしを考えるシンポジウム②『過去からよみとく未来予想図~外国貿易障壁報告書などを受けて~』

takeda kaori yytakeda at live.jp
2015年 7月 11日 (土) 14:10:10 JST


みなさま (重複ご容赦ください&転送大歓迎 )

これまでの米国からの対日要求で何が変わってきたのか。どんな要求だったのか。
いよいよ明日12日は、知財と郵政民営化・保険。
ぜひご参加ください!

●食と医療の1回目の報告は以下よりご覧ください。

<報告1>食料輸入と食の安全をめぐって
http://tpposaka.hatenablog.com/entry/2015/06/19/201622

<報告2>医療制度、医薬品をめぐって
http://tpposaka.hatenablog.com/entry/2015/06/24/111915

武田かおり AMネット


<以下イベント案内>

TPPとくらしを考えるシンポジウム
『過去からよみとく未来予想図 ~外国貿易障壁報告書などを受けて~』
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
http://tpposaka.hatenablog.com/entry/2015/05/27/170118

食の安全が脅かされ、お金持ちしか医療を受けられない?かんぽや郵貯が狙われている?
TPPと並行して進んでいる日米協議では、日本の大幅譲歩の報道も。

1980年代に始まった「日米構造協議」の歴史は何を物語るのでしょうか。
これまでの大店法改正や郵政民営化もその軌跡。
そしてまた「外国貿易障壁報告書」が更新されました。

このシンポジウムでは、米国の対日要求と日本社会の変化について、私たちの生活にどんな影響を与えていたのか、これからどうなるのかを明らかにしていきたいと思います。

◇日時:7月12日(日)13:30~16:00(13:00~開場)

◇各分野からの報告
●郵政民営化と保険商品の窓口販売
  松岡幹雄さん (郵政産業労働者ユニオン副委員長)

●知的財産権と司法
  和田聖仁 弁護士(東京弁護士会)

◇主催:ほんまにえええの?TPP大阪ネットワーク
◇参加費:500円
◇会場:国労会館3階大会議室
(JR天満駅下車、北側線路沿いに京橋方向へ徒歩3分) 



CML メーリングリストの案内