[CML 038216] Re: 志位共産党委員長の外国特派員協会講演「政権を取っても自衛隊は当面維持します」論の問題性に関する15年前の指摘(2)――「どこへ行く日本共産党」(田口富久治名古屋大学名誉教授)

Masa BXI04376 at nifty.ne.jp
2015年 7月 2日 (木) 23:25:40 JST


東本高志が工作員と考えれば、つじつまが合います。
そういう人だったんだ。

自分が目立つために、魂を売ってしまういやらしさを感じます。

ちゃらんけ

On 2015/06/30 22:50, T.kazu wrote:
> 東本さま
> 長文ご苦労様です。
> あいや
>
> ご苦労なのは長文を読まされるほう。
> 長文をコピペするのは簡単だ。
>
> 民衆を長文では白痴化させようとする工作員があっちでもこっちでも跋扈して 
> いる。
> 工作員にとってはその中身なんかどうでもいい。
> 工作員でないのなら、如何に短い文章にして読ませようかと、呻吟し、
> その努力の跡が見えるはずだ。
> 表題からして、努力の跡がまったくない長さだ。
>
> こういう工作員の長期の活躍が、今日の政治状況を培っている。
> ni0615田島直樹 拝
>
>
> -----Original Message----- From: higashimoto takashi
> Sent: Tuesday, June 30, 2015 9:19 PM
> To: 市民のML
> Subject: [CML 038213] 志位共産党委員長の外国特派員協会講演「政権を取っ 
> ても自衛隊は当面維持します」論の問題性に関する15年前の指摘(2)―― 
> 「どこへ行く日本共産党」 (田口富久治名古屋大学名誉教授)
>
> 志位共産党委員長の外国特派員協会講演「政権を取っても自衛隊は当面維持し 
> ます」論の問題性に関する15年前の指摘は
> ほかにもあります。今回は1970年代は「赤旗」や「前衛」、「経済」など 
> の共産党系の機関紙誌にほとんど毎月のようにマルク
> ス主義の国家論や先進国革命論を発表し、共産党系学者グループの中でももっ 
> とも存在感のある論客のひとりとして知られて
> いた名古屋大学教授(当時)の田口富久治さんの論(大概)をご紹介させてい 
> ただこうと思います。
>
> 以下の田口論文の中でも私として特に注目していただきたいと思うのは「共産 
> 党は昔から相対的に多数の弁護士集団および
> 法律学者、とくに公法(なかんずく憲法)分野の論客をもっていることで有名 
> である。さきの投稿には、かなりの数の憲法学者な
> いし弁護士からのものが含まれており、それらの圧倒的多数は、このくだりに 
> 批判的であった。憲法第九条と自衛隊活用論を
> 論じた五〇を超える投稿の中で、原案賛成は一割程度であり、残りの九割は、 
> 反対ないしそのくだりの削除を求める意見であ
> る」という一節です。
>
> 憲法第9条と自衛隊活用論を論じた50を超える投稿の9割が反対ないし削除 
> を求めている決議案について、志位書記局長
> (当時)は党大会の中央委員会報告の結語において「決議案の立場が全党の共 
> 通の認識に」なったと述べています。たしかに
> 形式的には同決議案は党大会において圧倒的多数、というよりも全会一致で採 
> 択されたのでしょうが、憲法第9条と自衛隊活
> 用論を論じた議論の9割が反対ないし削除を求めている事実を前にしてよくも 
> これだけ白々しいことを堂々と言えるものだと私
> などは驚き呆れるばかりです。少なくともこの党大会のあった2000年時点 
> においては党大会の全会一致の採択にも関わらず
> 「自衛隊活用論」は理論的な共産党員の圧倒的多数が反対、もしくは拒否反応 
> を示していたことが以下の田口富久治さんの
> 論から読みとれることです。
>
> 先の6月23日にあった外国特派員協会での志位共産党委員長の「政権を取っ 
> ても自衛隊は当面維持します」宣言は、15年
> の歳月をかけて「自衛隊活用論」反対派の封じ込めは完遂したという自信の宣 
> 言と読みとるべきものでしょうか? しかし、私
> には「なにか」が狂っているとしか思えません。もちろん、「なにか」とは 
> 「民主主義的中央集権制(民主集中制)」という名の非
> 民主主義制度のことであることはいうまでもありません。
>
> 以下、「どこへ行く日本共産党」(『週刊金曜日』(2001年12月346号)の大 
> 概抜粋。
>
> http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/taguchi22.htm
>
> 日本共産党第二二回大会は、二〇〇〇年十一月二〇日から二四日までの五日 
> 間、静岡県熱海市の共産党伊豆学習会館
> で行なわれ、党指導部が提案した、同党第二二回大会決議と改定規約を、若干 
> の補強・修正個所を加えながらも、基本的
> には原案の骨格のままに承認した。
>
> 政権参加の道を探る
> 日本共産党(以下、共産党)の基本政策面および組織面における変化の兆し 
> は、一九九七年九月の同党第二一回党大会
> での宮本顕治議長の引退、不破哲三委員長、志位和夫書記局長の体制成立のも 
> とに始まった。なかんずく九八年七月の
> 第一八回参議院選挙では、自民党が惨敗し(橋本龍太郎首相退陣)、逆に共産 
> 党は、比例代表選挙では過去最高の八二
> 〇万票を獲得し、それ以降、政権参加の道を探ろうとする動きを顕著に示しは 
> じめた。
>
>
> 『朝日新開』(二〇〇〇年九月二〇日付)の「共産党の最近の歩み」を使え 
> ば、共産党は九八年七月の首相指名で民主党
> の菅直人代表(当時)に投票、同年八月『しんぶん赤旗』のインタビューで、 
> 不破委員長が「暫定政権では安保にかかわる
> 問題を凍結」と表明。同年九月には不破氏が日本記者クラブの講演で象徴天皇 
> 制を事実上容認する発言、九九年に入っ
> て、二月には不破氏が国旗・国歌の法制化を唱える新見解を提唱(これが自民 
> 党野中広務幹事長(当時)等に利用された)、
> 三月、不破氏が著書で自衛隊を事実上容認、と続く。ところが、政局はその 
> 後、小渕恵三政権における自自連立、自自公
> 連立の成立によって一応安定し、二〇〇〇年に入っての小渕政権の終焉後は、 
> 自民党内「密室協議」で森喜朗政権が誕
> 生し、それは自公保連合に支えられて、極端な低支持率のもとでなお続いてい 
> る。
>
> そして二〇〇〇年六月二五日の衆議院選挙においては、自民党は三八議席を 
> 失ったにもかかわらず、連合政権としては
> 国会で過半数を維持した。野党では民主党が躍進し、自由党、社民党も議席を 
> 伸ばしたが、共産党は二六議席から二〇
> 議席に低落し、小選挙区では当選者ゼロとなった。共産党はこの後退の理由の 
> 一つに「デマを前面に押し出した空前の反
> 共攻撃」をあげたが、いずれにしろ、第二一回党大会における「自共対決こそ 
> 日本の政治対決の主軸」という意気込みは
> 壁にぶつかった。
>
> しかし総選挙に先立つ三カ月前、『朝日新開』が行なった第一回世論モニター 
> 調査によれば(昨年三月一二日付)、共産党
> の拒否率(支持したくない政党)はトップで二四%(二位が公明党の一 
> 五%)、無党派層ではトップが公明党の一八%、二位
> が共産党の一五%という危険信号が点灯していたのである。有権者の四人に一 
> 人に拒否されているのでは、どうにもなら
> ない。その時の総選挙での後退はある意味では不可避であった。
>
> これに対する一つの対応として打ち出されたのが、同年九月一九日の同党第七 
> 回中央委員会総会における規約改定案―
> ―従来の規約前文の全面削除だった。それによって、共産党の前衛政党(注 
> 1)という自己規定や、社会主義革命、階級
> 闘争等の用語はなくなった。この改定案は、第二二回党大会に提案、承認され 
> たが、不破委員長は、九月二〇日の第七
> 回中央委員会総会結語で、党綱領の改定についても「やがて日程にのぼる」と 
> 発言したのだった。
>
> 「自衛隊活用論」への党内の反対意見
>
> 共産党第二二回大会で何が問題になったのか。そこでの中心的論点は何であっ 
> たのか。そのことを知るための資料として
> もっとも有益なのが、『しんぶん赤旗』別刷り「学習・党活動版臨時号」に掲 
> 載された計三四九通の「大会決議案、規約改定
> 案への意見(投稿)」(以下、意見)である。
>
> 引用者注:第22回党大会決議案公開討論 第1号~第4号
> http://space.geocities.jp/sazanami_tusin/congress2/22th/22th.htm
>
> ここでは当然のことながら、党員からさまざまな問題についてのさまざまな賛 
> 否の意見が寄せられているが、投稿が集中し
> ているのは、一つは、いわゆる「自衛隊活用論」にかかわるものであり、第二 
> は、党組織のあり方、とくに共産党の組織原
> 則とされている「民主集中制」の規定にかかわるものである。
>
> 第一の論点は、決議案第三章第九項、「憲法を生かした民主日本の建設を」の 
> (3)憲法九条と自衛隊の関係を論じた部分
> の末尾の、「そうした過渡的な時期に、急迫不正の主権侵害、大規模災害な 
> ど、必要にせまられた場合には、存在している
> 自衛隊を国民の安全のために活用する」のくだりである。この文章(草案では 
> 「その時期に」、補正案では「そうした過渡的
> な時期に」)はきわめてあいまいな表現であった。
>
> その「時期」が、その前の文章の第一段階(将来の日米安保条約廃棄前の段 
> 階)、第二段階(日米安保条約が廃棄され、
> 日本が日米軍事同盟からぬけだした段階)の両方を含むのか、第二段階のみを 
> 指しているのかまずはっきりしない。この
> 第二段階に限定するというのであれば、「急迫不正の主権侵害」を行なう確率 
> のもっとも高い主体は、アメリカ(帝国主義)
> ということになるであろうし、第一段階のみを指すとすれば、主権侵害の主体 
> は、同盟国であるアメリカ(帝国主義)ではあ
> りえず、その他の国家ということにならざるをえないであろう。
>
> 共産党は昔から相対的に多数の弁護士集団および法律学者、とくに公法(なか 
> んずく憲法)分野の論客をもっていること
> で有名である。さきの投稿には、かなりの数の憲法学者ないし弁護士からのも 
> のが含まれており、それらの圧倒的多数は、
> このくだりに批判的であった。憲法第九条と自衛隊活用論を論じた五〇を超え 
> る投稿の中で、原案賛成は一割程度であり、
> 残りの九割は、反対ないしそのくだりの削除を求める意見である。
>
> 反対意見を要約すれば、
>
> ,燭箸┝衛のためではあっても、他国からの主権侵害に対して自衛隊を「活 
> 用」して立ち向かうことは、日本国憲法の前
> 文、第九条第一項および第二項前段・後段(戦力不保持・交戦権の否定)に違 
> 反する。日本国憲法は国連憲章よりさらに
> 進んで、「自衛戦争」も「正義の戦争」(「正戦論」。これについてはラミス 
> 著『憲法と戦争』晶文社、参照)も認めていない。違
> 憲の自衛隊を自衛のためであっても「活用」することは、無条件的に違憲であ 
> り、論理的自己矛盾に陥る。しかもそれは国
> 民の安全を保障することには決してならず、国民をいっそう危険な状況に置く 
> ことになる。
>
> △海糧紳个覆い刑鐔の意見を補強する論点として、共産党はその第一二回大 
> 会以来、直近のことでいえば第二〇回大
> 会(九四年)の決議およびそれを確認した第二一回大会(九七年)の決議にお 
> いて、「急迫不正の主権侵害にたいしては、
> 警察力や自主的自警組織など憲法九条と矛盾しない措置をとることが基本であ 
> る」としてきた。が、九九年になって不破委
> 員長(当時)の『新日本共産党宣書』(井上ひさし氏との共著、光文社)など 
> によって、この決議からの逸脱がおこり、今回の
> 決議の先の規定に連なっていく。これは前文および前大会決議からの明白な転 
> 換である。
>
>
> この転換の背景にあるのは、政権参加意欲を動機とする現状追認の流れ= 
> 「右転落への道」と解され、その結果として
> は、防衛庁筋にこの転換を利用する動きが出ていることと、党員および党内外 
> の平和運動、反基地運動等にかかわってい
> る人々のとまどいと落胆の様子が伝えられている。
>
> さて、この論点についての志位書記局長(当時)の中央委員会報告の関連部 
> 分、および討論についての同局長の結語、と
> くに後者は、「決議案の立場が全党の共通の認識に」なったと自賛している 
> が、憲法認識という点ではかなりレベルの高い
> 批判者たちが、これで納得したとはとうてい思われない。私自身の意見は、前 
> 述の「意見」に掲載された佐竹、梶山、南沢、
> I・M、S・Mなどの投稿に近い。とくに「決議案の戦争認識は恐ろしく幼稚であ 
> る」という評価には完全に同意する。そしてこの
> 「自衛隊活用論」が、護憲運動に与えるマイナスと混乱を恐れる。
>
> 党内民主主義は後退したのか
>
> つぎに、規約改定案についての「意見」を、いわゆる「民主集中制」について 
> の議論に即して見よう。おそらく戦後生まれの
> 読者は、その用語を知らない人が多いであろうから、簡単に解説しておく。
>
> これは昔、正式には「民主主義的中央集権制」と訳されていたことばで、一九 
> 一九年レーニンによって創立された「世界共
> 産党」(コミンテルン)の組織原則として樹立されたもの。重点は、役員選出 
> などに際して、一定の民主主義の導入よりも、
> 革命を実効的に担いうるような中央集権的で厳重な規律が――「鉄の規律」とい 
> う表現が用いられた――前衛政党の組織
> 原則とされていた。この組織原則は、第二次大戦後も権力をにぎったロシア共 
> 産党のみならず、各国共産党の組織原則と
> されていたが、その政治的機能は、現に党内権力をにぎっている集団の権力を 
> 保証することであり、それを可能にする具
> 体的メカニズムが「党内分派」の禁止、より具体的には上級――下級の連鎖とし 
> て組織されている組織単位の横断的連絡
> を断つことにあった。
>
> 今日、世界の先進諸国の共産党の中で、この組織原則を堅持しているのは、日 
> 本共産党とポルトガル共産党だけだと言
> われている(その他、若干の泡沫(ほうまつ)共産党もあるかもしれない)。今 
> 度の日本共産党大会では、すでに述べたよう
> に、これまでの規約の前文を削除し、「民主集中制」については改定規約第三 
> 条のように規定した。この規定では、かつて
> のような峻厳(しゅんげん)な調子は影をひそめている。しかし基本的骨格は、 
> とくに第四項によって存続させられている。そ
> の点では基本的変化はないと言っていいだろう。
>
> ところで、前述の「意見」の中には、規約全体がソフトムードで書かれるよう 
> になったにもかかわらず、規約改正によって党
> 内民主主義の後退ないし、空洞化が見られるのではないかという意見がかなり 
> 見られた。その一部は解決された(規約第
> 一三条「選挙人は自由に候補者を推薦することができる」という規定に、自分 
> を推薦する権利が含まれることの再確認)。
> が、「機関紙誌での討論権の削除に反対」や、改定規約第四章第一九条「前大 
> 会の代議員によって、三カ月以内に臨時
> 党大会をひらく」という規定に対する反対などがあった。
>
> さらにより積極的に党内民主主義を拡充すべしとする提案としては、「党内議 
> 論の公開」「少数意見の存在、量、大きさを
> 報告する仕組みを望む」とか、党活動におけるIT(情報技術)の積極的活用な 
> どの提案(後述)が見られるが、そのような
> 党内民主化と党の公開化を求める意見の真意は、次のような表現に示されてい 
> るといえよう。
>
> すなわち「我が国の民主的改革の実現には、伝統的な護憲勢力、平和運動との 
> 共同が必要であり、党に不信を抱く無党
> 派の人々、市民運動、外国人労働者などとの新たな連帯が必要となる。だが、 
> 共同や連帯は、党内民主主義への信頼を
> 党内外に獲得しなければ実現不可能である」。共産党の評価できる点の一つ 
> は、こういう共同可能な他者との連帯を可能
> にするためにも、党内の真の民主主義が必要だという認識が党員の良質な部分 
> に存在するところである。
>
> ところで共産党指導部にとって頭の痛い問題は、最近のIT革命、インターネッ 
> トの発達の中で、現に党籍をもっている党員
> たちがホームページを立ち上げ、党員あるいは関心をもつ支持者等に彼らの意 
> 見を伝え、また当面の課題について討論
> を呼びかけていることである。たとえば「さざ波通信」がそれである。直接党 
> 員がやっているもの以外にも、「JCPウォッチ」
> 「共産党へのヤング意見掲示板」のようなホームページがあり、内容的にはた 
> いへん興味深い。しかし、この「さざ波通信」
> の言動に共産党指導部は神経をとがらし、二〇〇〇年一〇月二〇日付の『しん 
> ぶん赤旗』は、党員がそこに意見を発表
> するな、という警告を発している。
>
> しかしさきの「民主集中制」の政治機能の話との関連でいえば、インターネッ 
> トが横断的コミュニケーション禁止の壁をやす
> やすと越えてしまっていることは共産党も認めざるをえないであろう。もしそ 
> うであるとするならば、さきの「意見」欄への一
> 投稿者が論じているように、共産党は民主党、自由党、社民党などとくらべ 
> て、いちじるしくインターネットの活用が立ち遅
> れている。党中央だけではなく、地方党機関、国会・地方議会の議員、さらに 
> は基礎組織レベルでもホームページを立ち上
> げ、責任をもって運営し、党員、党支持者、さらに関心をもつ全市民に開かれ 
> た、つまり公開のメディアとで、その閉鎖性を
> 打破し、その活動の公共性と公開性の発展に努力すべきであろう。
>
> 社会民主主義政党への道をたどるのか
>
> 予定していた論題の前半をひとまず終えたところで紙幅が尽きつつある。後半 
> の論題として予定していたのは、近く(参院
> 選前か後か)行なわれるであろう、党綱領改定問題で何が問題になるのか、そ 
> の際、どんな視点が必要になるのか、とい
> う問題である。詳論は次の機会にゆずって、問題点だけ箇条書きにしておこう。
>
>  共産党現綱領が制定されてすでに四〇年経っている。現綱領は、六〇年代 
> 初頭の刻印を――その後のたび重なる部
> 分修正にもかかわらず――間違いなく帯びている。この四〇年間のグローバル 
> な、あるいは日本の巨大な変貌をかえりみ
> つつ、日本の現状規定、二段階連続革命規定(注2)などをどうするのか?
>
> ◆△修料按鵑箸覆詭簑蠅箸靴董△修發修發い錣罎襯哀蹇璽丱螢次璽轡腑鵑と 
> めどもなく進行していく時代に、「一国革命」―
> ―「一国社会主義」「一国革命路線」(注3)なるものが考えられるのか。 
> 「革命」という概念、たとえば「多数者革命」(注4)が
> 今日の諸条件のもとで実現可能と考えられるのか。革命概念を残すのか。それ 
> とも、「根本的変革」「構造的改良」というよ
> うな用語に置きかえるのか。
>
> 、二二回大会決議と改定規約を通じて、「社会主義」という用語はでてくる 
> が、その内容規定はまったくされていない。現
> 綱領のもとでは、社会主義と規定する指標は、それなりに与えられていた。こ 
> の問題を裏返していえば、資本主義経済、資
> 本主義的商品経済の二一世紀における命運、そしてそれに代替する歴史的経済 
> 体制の輪郭だけでも展望できるかどうか
> ということだ。この辺の理論問題をつめなくてはならないであろう。
>
> ぁ共産党の幹部諸公の現代政治観、政治感覚は、その「機構人間」的人間類 
> 型とも照応して、古色蒼然たるものである
> かに見える。彼らは、八〇年代ごろからはじまる、「新しい政治」=ニュー・ 
> ポリティクス(新しい政治的価値観、環境問題・ジ
> ェンダーの問題、新しい政治的アクター〈たとえば緑の党の問題〉、市民的公 
> 共性の問題とNPO〈非政府組織〉の問題、グロ
> ーバル・ガバナンス(注5)の問題、情報化の問題)、そしてそれについての 
> 「新しい政治学」には、ほとんど関心をもたない
> かのようである(この点については賀来健輔(かくけんすけ)・丸山仁(まるや 
> まひとし)編著『ニュー・ポリティクスの政治学』(ミ
> ネルヴァ書房、二〇〇〇年一〇月、参照)。これらの問題についての理論の学 
> 習が必要ではないのだろうか。
>
> ァ∈埜紊法↓ ↓△量簑蠹世箸盍慙△靴董共産党は二一世紀に向けて社会主義 
> の理念は放棄しないとしても、古典的
> な意味での孤高の「革命政党」の道を歩むのか、それとも「構造的改良」ない 
> し「民主化改革」を目指す「社会民主主義政党
> 化」の道をたどるのか。私の総合的判断では、同党は第二二回大会を出発点と 
> して後者の道を歩みだしたように見えるの
> だが。
>
> (注1) 階級闘争で指導的な役割を担う政党。
> (注2) アメリカ帝国主義と日本独占資本の支配を打倒する反帝・反独占の 
> 民主主義革命を連続的に社会主義革命に転
> 化させる路線(一九六一年綱領)。
> (注3) 一つの国だけで革命を成し遂げようとし、成し遂げることができる 
> と考える革命路線。
> (注4) 国民多数の支持を背景に、議会=平和的方法によって革命を達成し 
> ようとする路線。
> (注5) 環境問題、南北間題など地球規模の諸問題を、国際機関・地域機 
> 関・国民国家・地方団体などの協力によって管
> 理・解決を目指すシステム。
>
>
> 東本高志@大分
> higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
> http://mizukith.blog91.fc2.com/
>
>
>
>


---
このEメールはアバスト アンチウイルスによりウイルススキャンされています。
https://www.avast.com/antivirus



CML メーリングリストの案内