[CML 038244] Re: 差別語は階級社会が産み出すもの 追伸

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2015年 7月 2日 (木) 06:27:19 JST


佐藤袿子さん

ごめんなさい
お名前の文字を間違えました、石垣敏夫です。

追伸です、
ご存知だと思いますが
今の世の中、白人と男支配です(いずれも多数が権力を握っているということですが)。 

それゆえ『ブラック企業』のブラックは「悪」となり、
アフリカ系の人たちに対する差別語になります、

アフリカ系の方が支配階級になりましたら、
今度は『ホワイト企業』のホワイトが「悪」の象徴となるでしょう。

人間の歴史は階級闘争の歴史ですから、
誰もが、「抑圧者(権力者)側になるか」
「被抑圧者側になるか」常に問われています。
ですから『同じ言葉』も階級の立場で
見れば、その見解は異なります。


差別語は階級社会が産み出すもの

佐藤袿子さん
お世話様
今の社会は階級社会ですから、
差別は常に作られ、差別用語も常に作られます、
従って階級社会を撲滅しない限り、
差別はなくならず、差別用語もなくなりません。
ですから、差別用語に気づいた人は声をかけ、
正すことは必要ですが、階級に対しどう対峙するかが
主要な問題です。
矛盾が激化すればひとり一人の態度の決定が迫られます。
今「戦争法案」で「違憲か否かの」学者としての
態度決定が求められています。
「武力行使」も違憲でない、という教授は学生たちの手で
教壇から追い出されることでしょう。
石垣敏夫


障がい者の痛みは我慢できるのか?Re: [CML 038214] 人を批判するのであれば先ずは実名を明かしなさい

檜原転石さん


差別用語と言うものは、誰に対しても使ってはならないという事が

よく分かりました。自分で言葉を創り出さなければならないという事ですね。

大変な仕事ですね。聞いていて嫌に思う人たちがいるのであれば、その

言葉は使わない方が良いでしょうが、国際金融マフィアや軍産複合体のことを

何と呼べばよいのでしょうか? 「強欲集団」はありきたりなので「人間疎外集団」

と呼べばどうでしょう? 人間の顔をしているかもしれないけど人間とは

思えないことを実行できる人たちだから。

佐藤袿子



Subject: 障がい者の痛みは我慢できるのか?Re: [CML 038214] 人を批判するのであれば先ずは実名を明かしなさい

> 檜原転石です。
>
> 山崎さん、こんちは。
>
>
> 私はあなただけでなくツイートでも差別語をつかった木下黄太を批判しました
> が、彼にはブロックされました。テレビの報道局にいた人間が平気で差別語を使
> い、それを批判した私がブロックされるって、笑えるでしょう?
>
> 木下黄太のフォローワーが何人いるか知りませんが、私の言い分が正しいと思っ
> たら、彼にちゃんと指摘すべきでしょう。私だけがブロックされたなら、社会の
> 意識とはそんな程度に遅れているということです。反原発運動で差別語使われた
> ら、もうお手上げです。反原発運動とは差別構造そのものへの闘いでもあるから
> です。
>
> ★ツイート
>
> 檜原転石 ‏@hinokiharappa  · 16 時間16 時間前
>
> 檜原転石さんがリツイートしました
> 記者が“差別語”使っていいのかよ?
> https://twitter.com/KinositaKouta/status/615741369194184705>
> 檜原転石 ‏@hinokiharappa  · 16時間16時間前
> @KinositaKouta 以下どちらも度しがたい差別表現
> 新幹線で油をまいて自殺するような奴は「キチガイ」だ
> 新幹線で油をまいて自殺するような奴は統合失調症患者だ
>
> *****
>
> 世界一精神科病床の多い国「日本」を支えているのは、あなたのような人ですか
> ら、以下参考までに──
>
> ちなみに映画『人生、ここにあり!』を私も見ています。
>
> ▼精神科病院がなくなったイタリアから、何を学べるか
> 吉池 毅志(よしいけ たかし)
> 大阪人間科学大学社会福祉学科准教授
> http://www.hurights.or.jp/archives/newsletter/sectiion3/2013/05/post-210.html
>
>
> ▼塩見鮮一郎『作家と差別語』明石書房、1993年
>
> 頁108――
>
> ・・・筒井康隆は、「めくら縞」は「目の不自由な人縞」というのかと茶化す
> が、どんなに彼がおかしがって笑おうと、「めくら」を「目の不自由な 人」と
> 言いかえることで、そして、そのことを日本語を使う人が覚えることで、社会的
> に変化をあたえているのである。その心理におよぼされた変化は、実際に盲人と
> 接するときに微妙に影響してくるのである。また、筒井が「目の不自由な人縞」
> というふうな言葉を書くこと自体、彼がほんの少しでも盲人について考える時間
> を持ったことになる。被差別者にとって最悪な状態とは、差別者からしかと(無
> 視)されたり避けて通られることだから、 ちょっとでもふりむいてもらえれば
> それでよい。・・・
>
> ▼全国精神障害者家族会連合会
>
> 精神分裂病から統合失調症の名称変更
> 1993年(平成5年)、誤ったイメージを与え、誤解や偏見を生むとして精神分裂
> 病の病名を変更するよう社団法人日本精神神経学会に要望を出した。2001年
> (平成13年)、朝日新聞30面全面広告(10月9日付)にて日本精神神経学会との
> 連名で意見募集を行っている。さらに2002年 (平成14年)、朝日新聞19面(3月
> 20日付)には名称変更に伴うインタビュー記事を掲載、下段には全家連が単独で
> 広告を出している[4]。 2002年(平成14年)8月、日本精神神経学会総会の議決
> により、統合失調症に変更された。厚生労働省も、新名称の使用を全国に通知した。 
> 
> 



CML メーリングリストの案内