Re: 障がい者の痛みは我慢できるのか?Re: [CML 038214] 人を批判するのであれば先ずは実名を明かしなさい

Sato Keyko j-y-k-s at mx3.nns.ne.jp
2015年 7月 1日 (水) 20:52:54 JST


檜原転石さん


差別用語と言うものは、誰に対しても使ってはならないという事が

よく分かりました。自分で言葉を創り出さなければならないという事ですね。

大変な仕事ですね。聞いていて嫌に思う人たちがいるのであれば、その

言葉は使わない方が良いでしょうが、国際金融マフィアや軍産複合体のことを

何と呼べばよいのでしょうか? 「強欲集団」はありきたりなので「人間疎外集団」

と呼べばどうでしょう? 人間の顔をしているかもしれないけど人間とは

思えないことを実行できる人たちだから。

 佐藤袿子



--------------------------------------------------
From: "檜原転石" <hinokihara at mis.janis.or.jp>
Sent: Wednesday, July 01, 2015 8:22 AM
To: "市民のML" <cml at list.jca.apc.org>
Subject: 障がい者の痛みは我慢できるのか?Re: [CML 038214] 人を批判するのであれば先ずは実名を明かしなさい

> 檜原転石です。
>
> 山崎さん、こんちは。
>
>
> 私はあなただけでなくツイートでも差別語をつかった木下黄太を批判しました
> が、彼にはブロックされました。テレビの報道局にいた人間が平気で差別語を使
> い、それを批判した私がブロックされるって、笑えるでしょう?
>
> 木下黄太のフォローワーが何人いるか知りませんが、私の言い分が正しいと思っ
> たら、彼にちゃんと指摘すべきでしょう。私だけがブロックされたなら、社会の
> 意識とはそんな程度に遅れているということです。反原発運動で差別語使われた
> ら、もうお手上げです。反原発運動とは差別構造そのものへの闘いでもあるから
> です。
>
> ★ツイート
>
> 檜原転石 ‏@hinokiharappa  · 16 時間16 時間前
>
> 檜原転石さんがリツイートしました
> 記者が“差別語”使っていいのかよ?
> https://twitter.com/KinositaKouta/status/615741369194184705>
> 檜原転石 ‏@hinokiharappa  · 16時間16時間前
> @KinositaKouta 以下どちらも度しがたい差別表現
> 新幹線で油をまいて自殺するような奴は「キチガイ」だ
> 新幹線で油をまいて自殺するような奴は統合失調症患者だ
>
> *****
>
> 世界一精神科病床の多い国「日本」を支えているのは、あなたのような人ですか
> ら、以下参考までに──
>
> ちなみに映画『人生、ここにあり!』を私も見ています。
>
> ▼精神科病院がなくなったイタリアから、何を学べるか
> 吉池 毅志(よしいけ たかし)
> 大阪人間科学大学社会福祉学科准教授
> http://www.hurights.or.jp/archives/newsletter/sectiion3/2013/05/post-210.html
>
>
> ▼塩見鮮一郎『作家と差別語』明石書房、1993年
>
> 頁108――
>
> ・・・筒井康隆は、「めくら縞」は「目の不自由な人縞」というのかと茶化す
> が、どんなに彼がおかしがって笑おうと、「めくら」を「目の不自由な 人」と
> 言いかえることで、そして、そのことを日本語を使う人が覚えることで、社会的
> に変化をあたえているのである。その心理におよぼされた変化は、実際に盲人と
> 接するときに微妙に影響してくるのである。また、筒井が「目の不自由な人縞」
> というふうな言葉を書くこと自体、彼がほんの少しでも盲人について考える時間
> を持ったことになる。被差別者にとって最悪な状態とは、差別者からしかと(無
> 視)されたり避けて通られることだから、 ちょっとでもふりむいてもらえれば
> それでよい。・・・
>
> ▼全国精神障害者家族会連合会
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E5%AE%B6%E6%97%8F%E4%BC%9A%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A
>
>
> 精神分裂病から統合失調症の名称変更
> 1993年(平成5年)、誤ったイメージを与え、誤解や偏見を生むとして精神分裂
> 病の病名を変更するよう社団法人日本精神神経学会に要望を出した。2001年
> (平成13年)、朝日新聞30面全面広告(10月9日付)にて日本精神神経学会との
> 連名で意見募集を行っている。さらに2002年 (平成14年)、朝日新聞19面(3月
> 20日付)には名称変更に伴うインタビュー記事を掲載、下段には全家連が単独で
> 広告を出している[4]。 2002年(平成14年)8月、日本精神神経学会総会の議決
> により、統合失調症に変更された。厚生労働省も、新名称の使用を全国に通知した。 
> 
>
>
> On 2015/06/30 21:30, 山崎康彦 wrote:
>> 檜原転石 さん
>>
>> 人を批判するのであれば先ずは実名を明かしなさい。
>>
>> 匿名の陰に隠れて揚げ足取りをするのは卑怯でしょう。
>
>
> 差別語糾弾と筆名が何か関係ありますか?
>
>
> 差別語糾弾が揚げ足取りですか?
>
> 筆名を使うと卑怯ですか?
>
> ちなみ私は実名でビラ配りをしていますし、もちろん反天皇のビラもまいていま
> すが・・・。
>
> 見苦しい論点ずらしをしてはいけません。
>
>
>> 私は100万人の命など虫ケラのようにしか考えない世界支配層をキチガイと呼ん
>> でいます。
>>
>> それ以外の言葉が見つからないからです。
>>
>> 私は安倍晋三のことをバカでキチガイでファシストと呼んでいます。
>>
>> それ以外の言葉が見つからないからです。
>>
>> 私はイスラム国と背後で操るネオコンやシオニストをキチガイと呼んでいます。
>>
>> それ以外の言葉が見つからないからです。
>>
>> 私はその他の人をキチガイとかバカと呼んだことはありません。
>
>
> 言葉は無数にあるし無ければあなたが作ればいいのですよ。差別語を使うという
> ことは、あなたにはその分野ことにはまったく無知であることを露呈しているだ
> けです。あなたに、多少とも精神疾患についての知識がありますか?
>
>
>>
>> あなたのように、差別用語だから一切使うなと言うのであれば、
>> 世界支配層や安倍晋三やイスラム国やネオコンやシオニストが持つ残酷さや
>> 異常性をダイレクトに表現することができなくなります。
>>
>> それは差別用語禁止を語った一種の言論統制でしょう。
>
> 言論統制?本気で言っている?
>
> あなたは王族と強欲拝金主義者が親戚だということを知らないのですか?強欲企
> 業独裁を企む連中がつけ込むのが人間の差別意識です。イラクの子どもの大量死
> へのオルブライトの冷酷無比な発言も根強い人種(民族)差別意識が横たわって
> いるのです。米国の憎悪犯罪も人種差別主義者の犯行です。米国の奴隷制が強欲
> 連中に案出されたように、差別は常に奴らに利用されるのです。あなたの精神疾
> 患への無知と偏見も同様に奴らに利用されます。
>
> ナチスが精神疾患の人間たち7万人をもガス室で殺したと教えてやったのに、あ
> なたがそれでも差別語「キチガイ」を支配者に使うなら、あなたは論理力なしの
> 愚者です。分からなければ、具体的に書きましょうか?
>
>
>> あなたの正体を知る由もありませんが、闘う側に言葉狩りを仕掛けるのはもうや
>> めた方が
>> 良いでしょう。
>>
>> 少なくとも私の記事に関してはあなたのコメンントは禁止します。
>>
>> 時間の無駄ですから。
>
> 反権力を闘う陣営が差別語を使っていてはお話もなりません。問題外の愚劣なこ
> とをしていて、批判されて居直るような糞のような運動なら、今すぐやめて下さ
> い。私はあなたが差別語を使うかぎり、これからも糾弾を続けます。
>
> テレビ・ラジオ・新聞に対して、「きちがい」という言葉を使わないで欲しいと
> いう切実な要望が精神障害者団体から出されたのは、もう40年も前のことで
> す。以下にその声を引用しておきます。よってテレビやラジオなどでこの差別語
> が使われることはほとんどありません。個人発信ができるネットであなたのよう
> な無知な連中が使いますが、個人発信を今後も続けるなら、以下の本は必携で
> しょう。
>
>
>
> ▼小林健治『差別語不快語』にんげん出版
>
> 頁17──
>
> なにが差別なのか、なにが差別語であるのかは、社会の進展によって大きく変化
> していきます。たとえば「めくら」にこめられた差別性は、近代になって、当事
> 者みずからが声をあげることによってはじめて意識され、“差別語”として問題視
> されることになりました。たとえば、障害者に対する差別語を無自覚に使用して
> いたテレビ・ラジオ・新聞に対して、大阪府の精神障害者団体などから、「『き
> ちがい』といったことばをテレビやラジオ等でもちいないでほしい」という要望
> がなされたのは、1974年のことでした。その主旨を下記に抜粋します。
>
> 「すべての障害者とその家族は、心身障害にかかわりのある表現が、興味本位や
> その欠陥を無能悲惨な状態を示すものとしてあつかわれることに対し、被差別者
> としての憤りを感じている。・・・・・・興味本位のゼスチャーゲームはろうあ者に対
> する軽蔑であり、メクラ判、メクラ縞ということばは無能悲惨な状態を示すもの
> と受けとっており、今まではそうした放送があるたびに、チャンネルを切り替え
> るといった消極的な態度を続けてきたが、今後は、社会の公器としての放送・新
> 聞に対し、用語のもつ意味と与える影響を訴えていきたい。不用意に『きちが
> い』という用語がもちいられると家族は萎縮し、回復期にある患者にはショック
> を与える結果を招いている。どうか被差別者の心の痛みを、みずからの痛みと感
> じとってほしい。」
> (1974年/全国精神障害者家族連合会の申し入れより抜粋)
>
>  1970年ごろのテレビ・ラジオや新聞では、障害者に対する差別表現が、まだま
> だ無造作に使用されていた様子がうかがえます。それから40年を経た今日では、
> “障害者”という言葉自体も、差別性をふくむとして、「障害者」から「障がい
> 者」へといった見直し作業がはじまっています。わたしたちは、「昔か使われて
> きた言葉だから」「辞書に載っているから」よしとするのではなく、いまの時代
> や社会意識状況に照らして、差別語の問題を絶えず問いつづけなければなりませ
> ん。 
>
> 



CML メーリングリストの案内