[CML 036104] イスラエル兵10歳の子ども逮捕

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2015年 1月 31日 (土) 18:10:49 JST


みなさまへ    (BCCにて)松元

▼10歳 の子ども逮捕

http://cpt.us6.list-manage2.com/track/click?u=cf2b03c2e5&id=c05d1b4e3c&e=bd89a9907a

昨年12月、 イスラエル占領地西岸ヘブロンで10歳の子どもが逮捕されるCPT
ニュースレター のビデオです。

2人の10歳 の子どもが石を投げたと、イスラエル国境警備兵が連行しようとしま
す。2人の少年たちは石を投げていない、学校で試験を終えてスナックを 買い
に行こうとしていただけだと涙ながらに訴えています。イスラエル兵に襟首を捕
まえられた子どもたちの手がふるえています。一人の少年 の年老いた父親が、
12歳以下の子どもを逮捕するのは違法だ、逮捕するなら「俺を撃て」と訴えて
います。結局、国境警備兵は子どもたちを 父親から引き離し車に乗せて連行し
ていきます。子どもたちはあとで釈放されますが、イスラエル国家とイスラエル
兵が日常的にやっている行 為です。すでに300万人がアクセスしているビデオ。

ちなみにヘブロンでは、イスラエル入植地のユダヤ人の子ど もたちがパレスチ
ナ人やその家などに石を投げるので、通りに面したパレスチナ人家屋の窓は何十
年も前から鉄格子と金網で頑丈に防護するほ かなく開けられない状態です。ユ
ダヤ人の子どもはイスラエル少年法で守られますから、彼らの投石は放置された
ままです。(2015年1月31日記)

※CPT(Christian Peacemaker Teams):メノナイト、クェーカー、ブレズレン
など平和を信条とする プロテスタント諸教派有志が1984年に創設した人権
を守るための非暴力抵抗運動の全世界的な組織。パレスチナでは、ヘブロンを拠
点に 日々の人権状況のウォッチング、非暴力仲介の活動をしている。1月の
ニュースレターには16歳 の少年が連行された写真も載っています。

▼CPTNewsletter

http://us6.campaign-archive1.com/?u=cf2b03c2e5&id=5eb695e53a&e=bd89a9907a



CML メーリングリストの案内