[CML 036088] 歴史の岐路で国民を見捨てるのか、日本共産党 (街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2015年 1月 30日 (金) 13:01:12 JST


M.nakata です。
メールをありがとうございます。
___________________
 <拡散歓迎>

街の弁護士日記(弁護士 岩月浩二さん)のブログから。
戦後補償裁判やTPP勉強会など、愛知で市民は、
岩月さんに長年さまざまにお世話になってきています。

共産党の持つ姿勢は、10数年前くらいから、名古屋に来て、問題をさらに、はっきり感じていました。
一般市民は、集団・組織の持つ悪を、日常では経験がないので、感じることはないと思いますが。
さまざまな、大きな労働運動組織や自治労などで、自分が実際動くことで、建て前と本音。イデオロギーの上からの狂信的信奉で、
力で押しつぶし、権力と裏で組織が巧妙に手を繋いでいる姿に、じわり、じわり組織の幻滅を感じていくものです。
一般市民は、あまりにも社会の汚さを見ようとせず、純粋だったり、理想の姿に党を重ねてしまいます。
信仰に近い心情で、事実をはっきり、自分の目を開いて、自分で見ようとしないからでしょうね。
敗戦後の日本の社会、共産党史など含めて、さまざまなどんなことをしてきたのか、自分で読んだりすると、
何故、沖縄では、共産党ではない独自の、小さな政党が、それぞれ敗戦後力をもっていったのかを学べます。
原発も事故前までは、共産党は大丈夫とまったく官僚の答弁でした。
自民党と共産党が、何故仲良く手をつないでいけるのか?
安倍政権批判についても、今、党は歌を忘れたカナリアです。

沖縄は懸命に辺野古基地阻止と、戦争と向かい合い、安倍政権に異議を突き付け、沖縄の現地は力を振り絞っています。
米国・CIAと日本の国家官僚支配からの独立。差別から、70年の植民地占領からの独立をめざしています。
沖縄は日本国民は、「本当に、人間を、いのちを踏みつけていくこの日本は、安倍内閣は許せない!」と心の底から怒って闘っています。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
<貼り付け開始>
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2015/01/post-74bb.html
2015年1月29日 (木)
◆歴史の岐路で国民を見捨てるのか、日本共産党
しばらくネット情報をとるのをやめていた。 Blog「みずき」のサイトを見て、とんでもないことになっていることを知った。 2015.01.27 共産党はもはや「井の中の蛙」となって「鴻鵠」の志を忘れてし...
» 続きを読む

しばらくネット情報をとるのをやめていた。
Blog「みずき」のサイトを見て、とんでもないことになっていることを知った。



2015.01.27 共産党はもはや「井の中の蛙」となって「鴻鵠」の志を忘れてしまったのか?――「日本人人質」事件に関連して共産党志位執行部体制を批判する 



政府が人質解放に向けて全力で(?)取り組んでいるさなかに、人質事件を招いた責任を問う政府批判をするのは不適切だというのが、どうも日本共産党の公式見解のようだというから、恐れ入る。



赤旗がさっぱりさえないのはたぶん、もう『テロとの戦い』という大義名分の虚構を暴く立場を放棄したからだ。
『テロとの戦い』に対して戦う前に、戦線離脱、挙国一致・大政翼賛への積極的役割を果たそうということなのだ。
なんだか、気が抜ける話だ。

<ご紹介>

◆東本「みずき」ブログ

http://mizukith.blog91.fc2.com/





”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””


CML メーリングリストの案内