[CML 036075] 「プリズンの満月」はるか仰ぎみて 戦犯たちと刑務官たち

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 1月 29日 (木) 20:29:49 JST


「プリズンの満月」 <http://bookmeter.com/b/410111739X> 吉村昭
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/3a76727867d79fb80aa25e904135457f> 新潮文庫
<http://www.shinchosha.co.jp/book/111739/>

さいきん国家による殺人
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/8b500f913eef7dd21593e5b32f3491f9>
が気になっている。

西の足利事件とされた彼
<http://www.nichibenren.or.jp/activity/criminal/deathpenalty/q12/enzaiiizuka.html>
は、2008年に縊られた。

無実の林眞須美・死刑囚
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/a48c8ab3774d419069639611ba70adb6>
は、大阪拘置所の独居房に収監されている。

がんがん死刑が執行されたころのセミ・ドキュメント。

----------------- 備忘メモ ----------------------------

17 腹部にさらし木綿の布を何重にもきつく巻いて登庁

70 旧軍式に膝を曲げて行進して米国人に笑われる日本人刑務官たち

76 おはようございますでが規則違反だと 左翼の完全黙否みたいだ

78 戦争の勝利者が敗北者を裁く 戦勝国では敵国の将兵を殺すほど英雄なのに インドのパール判事

87 松島トモ子 5歳の慰問

124 A級戦犯の同時処刑のための5基の特設絞首台

171 野球観戦は、監獄法
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/a832ab1d174975ce066e954c9243bb29>
の規定の累進処遇令の1条の集団散歩

182 モンテンルパの夜は更けて

207 主人公の刑務官は同僚に誘われても、二度と拘置所の門をくぐる気になれない

213 絞首台を作った男の末期
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内