[CML 036066] 電源比率、意見公募 経産省 

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 1月 28日 (水) 23:50:01 JST


紅林進です。


本日1月28日(水)付の『東京新聞』朝刊に下記の「電源比率、意見公募 経産省」という
記事が載っていました。 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/scheduledstop/list/CK2015012802000133.html

パブリックコメントとは異なり、意見募集期間はなく、随時意見を出せるようです。
詳細は下記「長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)に関する意見箱」のサイト。 
http://www.enecho.meti.go.jp/notice/topics/031/

「長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)に関する意見箱」(送信フォーム)
https://mm-enquete.meti.go.jp/form/fm/enecho01/mitoshi

今の政府に何を言っても無駄という気もしますが、やはり原発をベースロード電源にすることなど、
原発を電源構成に入れること自体を許さないないという市民の意見を集中すべきでしょう!

(以下転載)
電源比率、意見公募 経産省
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/scheduledstop/list/CK2015012802000133.html「東京新聞 TOKYO Web」 2015年1月28日


『東京新聞』2015年1月28日(水)付朝刊第7面(総合面)
 経済産業省は二十七日、二〇三〇年に目指す原発や再生可能エネルギーなど
電源ごとの構成比率(エネルギーミックス)について、国民から意見を募集し始めた。
夏にかけ開かれる有識者の検討会で毎回、寄せられた意見を報告する。
 ホームページ上の「意見箱」から投稿できる。
 構成比率の目標は、昨年四月にまとめたエネ基では、経産省が「原発の行方が
見通せない」と先送りした。直近は震災前の一〇年につくった目標。三〇年の年間
発電量のうち53%を原発、21%を再生エネでまかなう青写真を描いた。
 このうち原発については、震災後の一二年に民主党政権が討論会などを通じ国民
の意向を調べ、三〇年代にゼロを目指す方針を決定。しかし自民党が政権に復帰、
原発維持に転じた。
 投稿方法はインターネットで「資源エネルギー庁意見箱」で検索、「エネルギーミックス
意見箱」のページの「送信フォーム」で送れる。同ページから意見書の原型をダウンロード
して、ファクスや電子メールで送ることもできる。現段階で応募期限は設けていない。全国
での意見交換会も開く予定。


CML メーリングリストの案内