[CML 036052] 原発は正常運転時でも長年放出された微量の放射能で健康に危害を与える/無害との立証責任は被告加害者側 

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2015年 1月 27日 (火) 20:51:33 JST


原発は正常運転時でも長年放出された微量の放射能で健康に危害を与える/無害との立証責任は被告加害者側にある との判決


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


原発は正常運転時でも長年放出された微量の放射能で健康に危害を与える施設であるという事実を法的に認めた判決

「無害との立証責任は被告加害者側にある。」

という勝訴判決を教えていただきました。


その報告会が明日1/28水曜日、大阪で行われます。
ぜひ多くの人に広げてください。

レイバーネット日本のホームページ
http://www.labornetjp.org/
より転載します。

記事URL
http://www.labornetjp.org/EventItem/1420519088314staff01


集会名称:韓国古里原発甲状せんがん訴訟勝訴原告イ・ジンソプさんに聴き学ぶ闘いの500日

開催日:2015年1月28日(水)

集会・行動名称:韓国古里原発甲状せんがん訴訟勝訴原告「イ・ジンソプさんに聴き学ぶ闘いの500日」

開催時間:午後6:00(開場5:30)〜8:30

開催場所(最寄り駅):大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分)

集会・行動内容:イ・ジンソプさんの講演会と質疑応答

参加費:500円プラスかんぱ

主催者団体:イ・ジンソプさん招聘実行委員会

連絡先住所:〒581-0024八尾市二俣1−50
連絡先電話番号:090-3974-1166
連絡先責任者名:弓場彬人
連 絡先E-mail:inotitoheiwa at sky.plala.or.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このたび奥様が原発放射能による甲状腺ガンになり、韓国釜山の古里原発の運営・管理会社を相手に勝訴し原告のイ・ジンソプさんが全国行脚の講演会で来阪されます。

この判決の勝訴要因は、
韓国の裁判所が

「無害との立証責任は被告加害者側にある 。」といった日本の裁判とは反対の立場を取ったことが大きく、

原発は正常運転時でも長年放出された微量の放射能で健康に危害を与える施設であるという事実を法的に認めた判決です。
 講演会は原告、活動家ではない日本の一般住民にも原発反対運動をより身近なものと感じ運動を更に推し進めてくれることになるでしょう。

 又、イ・ジンソプさんの司法での勝訴は原告、活動家にとって大変励みになるばかりでなく、運動を盛り上げ必ずや日本の司法にも一石を投じることになります。
1月28日(水)の講演会は会場をむんむんとした熱気に包む、原発反対運動の新たな局面を切り開く機会にしましょう。
みなさまの講演会へのご参加を心よりお待ち申し上げております。



※下記の関連記事も参照ください。

韓国:原発周辺住民が甲状腺がん発症、原発側に賠償命令
2014年 10月 19日
http://chikyuza.net/archives/48061



韓国原発周辺住民の甲状腺癌に賠償命ずる判決って?:訴訟の出発点になったデータの論文を読んでみました - Togetterまとめ
Twitterのつぶやきマッシュアップメディア!
http://togetter.com/li/733964




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内