[CML 036047] JR東海山梨事務所に、再要請に行ってきました。

Sato Keyko j-y-k-s at mx3.nns.ne.jp
2015年 1月 27日 (火) 16:07:47 JST


みなさま


リニア震撼線は、南アルプス連峰に巨大な穴をあける。しかも非常口、保守基地、

変電所とつなぐトンネルも掘られるため、想像以上に山が荒らされる。

ですので、大阪の自然保護団体の方などが、危機感を持って視察に山梨にまで来ています。

南アルプス連峰は誰のものか? 人類みんなのもの。

一部の人の金儲けのためと、一部の人の便利さのために、多大な自然破壊と

沿線住民への犠牲を押し付けることが許されないことは明らかです。


国の事業にすると国会で論議をしなければならない(?)ので、一企業にやらせて裏で 


こそこそと指導をしているのでしょうか? 国交省という官僚がすべてを支配

しているように見えます。

去る、1月22日甲府市にあるJR東海の山梨事務所に市町単位の事業説明会を

開くよう再要請に行ってきました。

国土交通省関連の事業のせいか、受け取りのサインも出来ないし、要請文に

対する回答も文書ではしないを、全国津々浦々に徹底しているようです。


リニア中央新幹線事業説明会の質疑応答がインターネットに公開されていると言ってますが

検索しても出てこないようなので、どなたか検索で開くことが出来ましたら

リニアとんちんかん線研究会の佐藤まで(090−3513−5033)かメールで連絡して

下さいませんか? お願いします。


やくざではないですが、脅しとだましと無視と札びらで問題を解決できると

思っているのでしょうか?

再要請文を添付します。ご覧になっていただければ幸いです。


 佐藤袿子 


CML メーリングリストの案内