[CML 035982] 1/26(月)大逆事件とヘイトスピーチ(講師: 安田浩一)@議院議員会館

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 1月 23日 (金) 06:01:07 JST


紅林進です。

1月26日(月)に参議院議員会館で開催されます
下記講演会のご案内を転載させていただきます。

(以下、転送・転載・拡散歓迎)

関係各位

【重複送信失礼いたします】【拡散をお願いいたします】

福島みずほ事務所の中島浩です。
いつもお世話になっております。
さて、以下の日程で、講演会を開催いたしすので、是非ご参加ください。
よろしくお願い申し上げます。


「大逆事件とヘイトスピーチ」

日 時: 1月26日(月)16時~18時
場 所: 参議院議員会館 講堂(地下鉄永田町駅、国会議事堂前駅下車)
講 師: 安田浩一さん(ジャーナリスト)
資料代: 500円
                                               
幸徳秋水さんたちが思想弾圧されて処刑された大逆事件にあわせ、私たちは毎年1月に、
表現の自由と思想良心について考えるための集いを積み重ねてきました。
今年はジャーナリストの安田浩一さんを講師に迎え、「ヘイトスピーチ」をキーワードに、
思想弾圧と全体主義や排外主義の問題について共に考えていきたいと思います。
多くの市民、メディア、議員の皆さんとともに、自由闊達な議論を行っていきたいと思います。
たくさんの皆さんの参加をお待ちしています。

【安田浩一さんプロフィール】
1964年9月28日 生まれ。ジャーナリスト。『労働情報』編集委員。静岡県出身。千葉県在住。
主な著書:「告発!逮捕劇の深層 生コン中小企業運動の新たな挑戦」(アットワークス、2005年10月)、
「JRのレールが危ない」(金曜日、2006年4月)、「JALの翼が危ない」(金曜日、2006年11月)、
「外国人研修生殺人事件」(七つ森書館、2007年2月)、「ルポ 差別と貧困の外国人労働者」
(光文社新書465、2010年6月)、「ネットと愛国――在特会の「闇」を追いかけて」(講談社、2012年4月17日)
                                           
お問い合わせ・連絡先:福島みずほ事務所(03-6550-1111)


CML メーリングリストの案内