[CML 035935] 入墨をされた「慰安婦」写真みる 安世鴻の重重プロジェクト

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 1月 21日 (水) 06:21:27 JST


重重プロジェクト <http://juju-project.net/about/>

2012年に新宿ニコンサロンでの安世鴻写真展
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/b57616a9404a343721e5442d17a3c1b2>に行った。

昨日は彼の活動報告
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/b99ebf21b4384d7a1b89ff51abe15025>
を聴いた、ほんとうにたくさんの性奴隷「慰安婦」の写真を撮っているんだ。

長く中国に住んだハルモニは朝鮮語を忘れてしまっている。でも歌は覚えていると。、

インドネシアの写真は、十人くらいが全てスカーフを被っていた。モスレムなんだ、やはり。多数派の宗教に入るしか暮らしていけないのかも。

そして、*腕に入墨された写真。70年が経ってもまだ残っている。*

*少女に、勝手に日本名をつけて彫り、JAPANと彫る。*

*まるで家畜に烙印を押すかのように。ひどいなあ、*


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内