[CML 035902] 【報告】第1369目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 1月 18日 (日) 08:27:27 JST


青柳行信です。1月18日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

原子力規制委員会での川内原発許可の取り消しを求める
   1/21「異議申立て」意見陳述会

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1369日目報告☆
      呼びかけ人賛同者1月17日3696名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 
 青柳さん
お疲れさまです。
最近、のどをやられる風邪が私の近くでは流行っています。
お気をつけください。
原油の価格が下がっています。
景気が良くなくっても、原油は増産されて 余っているそうです。
アメリカとサウジなどオペックとの せめぎあいの様です。
あんくるトム工房
原油の価格  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3324
 
★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆神無月 神のお留守の間にも人とひととを繋ぐはたらき
      (左門 ’15・1・18−905)
※昔は年に一度、それも縁結びのために神々の不在の月が
ありました。しかし、現代は「無神」の時代ですから一年365日
神様が「お留守」なのです。そこへ天災と人災が追い打ちです
から・・・・。しかし、この無神の時代の災害の艱難・試練の中で
美しく・温かい人情が花咲いています。政治にもうすこし「仁」=
(「御仁恵」とも書く)があれば、さらに温かく希望が湧きますの
に・・・・。外国では大盤振る舞いしながら、国内は自己責任と
いうことで、冷たく他人事の様です。御仁恵のある政治へ!!

★ 仮面ライダ― さんから:
おはようございます。
ガソリンと灯油が値下がりしています。
セルフ店でガソリン1リッ―タ―129円、灯油77円
中東の混乱を目の当たりにすると、複雑な気持ちになりますが
低所得者は助かります。
九電さんも火力発電は原油が2割は下落しているので
相当、助かってますね。

一日川柳
〈御父さん出番よ灯油買ってきて〉
〈ただ今原発停止しでアベノミクスも絶好調〉
〈絶好調のまま廃炉にしたら九電株上昇〉

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2381】2015年1月17日(土)
┏┓
┗■.トリチウムは危険、内部被曝が大問題
 |  危険なトリチウムは、残念ながら閉じ込める技術がない
 └──── 槌田 敦(物理学者)
 (前略)
 第4番目の、しかも致命的な欠点はトリチウムである。
 トリチウムは平均6keV(キロエレクトロンボルト)という小さなエネルギーのβ(ベータ)線を出して崩壊する。そのため、体外被曝はほとんど問題にならない。したがって、これ
まで低位の毒性物質としてあまり考慮の対象にならず、許容濃度も大きく定められている。
 しかしながら、トリチウムが、科学的には水素であり、水素は生物体を構成する重要な元素であり、しかも、水素トリチウム交換反応がきわめて容易だということから、重大な結
果となってあらわれてくる。つまり、トリチウム水は口や鼻や皮膚から入ると、99%血液中に取りこまれ、体内各組織へ一様に分布して蓄積する。そして、ゆっくり排出されるの
で、内部被曝が大問題になる。
 したがって、1970年代に入って、トリチウムの危険性は大きくクローズアップされてきた。たとえば、1リットル中0.005キュリーのトリチウム水の中で飼育したメダカにも、生殖
細胞の欠如・萎縮が見出された(田口、江上、1975年)。
 もっとも心配なのは、遺伝子DNAの複製の際、トリチウムが入りこむことである。いったん入りこむと排出されにくい。そして、DNAを破壊する。たとえば、DNA中のトリ
チウムは、その放射崩壊当たり、2.1ヵ所のDNA鎖を切断する(Cleaver、1973年)。
 DNAの切断によって生体情報が混乱すると、死亡したり、異常遺伝になったり、ガンになったり、身体障害をおこしたりする。
 このような危険なトリチウムは、残念なことに閉じ込める技術がない。再処理工場ではたれ流しである。(後略)

※出典:槌田 敦著『原子力に未来はなかった』の133から135頁
    亜紀書房刊 2011年5月版より
   「第1表トカマク発電に必要な元素資源」の表(134頁)は省略しています。

◇地震と原発事故情報編集部から
 東京電力福島第一原発事故の処理で、放射能汚染水がたまりつづけている。
 タンク群が林立している。東京電力も原子力規制委員会も海に流す(捨てる)ことを近い将来に狙っている。そのため、「トリチウムは安全だ」のインチキ宣伝がおこなわれてい
る。
 迫りくる放射能毒水の海への放出に反対するため、「トリチウムの危険、内部被曝が大問題」の槌田 敦小文を著者の了解を得て、書籍より抜粋・紹介します。
 ご参考にして下さい。(柳田 真)

┏┓
┗■2.「原発事故由来放射性廃棄物の処理処分をどうするか」
 |  1/22「東電は責任をとれ」連続講座第12回のご案内
 |  原発事故と環境汚染(3回連続講座その2)
 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

講   師:藤原寿和(ふじわらとしかず)さん
日 時:1月22日(木)18時30分開場 19時開会
主 催:「経産省前テントひろば」、たんぽぽ舎
参加費:800円(学生半額)

 事故で発生した大量の放射性物質を含んだ廃棄物や除染で発生した汚染土壌等の処理処分をめぐって政府のロードマップが行き詰まりを見せています。
 大熊町・双葉町に決定した中間貯蔵施設の建設をはじめ、農林業系の汚染稲わらや牧草などの焼却処理や、宮城県、栃木県、千葉県など5県で環境省が計画している指定廃棄物の
最終処分場の建設をめぐって地元住民から反対の火の手が挙がっています。
 原子炉等で発生している高レベル放射性廃棄物を含めて、事故由来放射性廃棄物の処理処分をいったいどうするのか、考えたいと思います。
是非ご参加ください。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は時間が取れず、ざっと検索した結果です。下方に阪神大震災20年関連記事もあります。

1.「【金曜日の声 官邸前】燃料電池車の時代になぜ」東京新聞2015年1月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015011702000132.html
「東京都狛江市の無職 中林洋子さん(60) あれだけの事故があったのに再稼働をOKするなんて外国の人は驚くだろう。年末の総選挙の後、脱原発は無理だという雰囲気が広
がっている。いやだという思いを伝えたい。
埼玉県所沢市の会社員 上野芳人さん(60) トヨタが燃料電池車を発売した。新エネルギーの時代なのになぜ原発に固執するのか。立地自治体に他の活性化策を示せば脱原発は
可能。利権が根深いと思わざるを得ない。」

1’.「再稼働許せません 反原連が官邸前行動」しんぶん赤旗2015年1月17日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-17/2015011715_01_1.html
「首都圏反原発連合(反原連)は16日夜、首相官邸前抗議行動を行いました。原発を再稼働した場合に交付金を配る新たな枠組みをつくるなど、安倍晋三政権は2015年度政府予
算案で再稼働への動きを強めています。寒風が吹きつけるなか、1400人(主催者発表)の参加者は、「原発よりも命を守れ」「川内原発再稼働反対」と力いっぱいコールしまし
た。
福島県浪江町から東京都北区に避難している女性(71)は「原発さえなければ浪江で楽しく暮らしていたのに…。事故の前から原発反対運動をしていた夫は事故後うつ病になり、昨
年亡くなりました。すべて原発のせいです。夫の遺志をついで、子どもたちが安心して暮らせる自然エネルギー社会をつくっていきたい」と話します。
千葉市から来た女性(63)は「放射能汚染は福島以外にも広がり続け、12万の避難住民はいまも苦しんでいます。世界各国も福島がどうなるかを見守っている。再稼働は許せま
せん」と力強く語りました。
「僕は事故前から、心では原発に反対でした。今は行動しなければ意味がないと気づいた」というのは、千葉県松戸市から参加した男性(66)です。「原発は人にも自然にも動物
にもよくない。官邸前や地元で反対し続けます」・・・・・」

玄海原発関連、
2.●●「(佐賀県)放射線防護施設に初退避 県、24日に原子力防災訓練」佐賀新聞2015年01月17日 10時10分???????? 
?全文「佐賀県は、24日に実施する九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の重大事故を想定した原子力防災訓練の実施要領を発表した。原発から30キロ圏内の住民避難のほか、唐
津市の離島などに整備した放射線防護施設への屋内退避を初めて行い、昨年7月に福祉施設などが策定した避難計画に基づき訓練する。
山口祥義知事は、県災害対策本部長として臨み、被ばくの有無を調べるスクリーニングや避難受け入れ先の状況など4カ所を視察する。
原発から30キロ圏内の自治体を抱える福岡、長崎両県と連携し、約80機関、2300人が参加する。住民避難(屋内退避は含まず)の参加者は千人規模になる。
放射線防護施設は、離島や福祉施設などで災害時に避難ができない場合、住民や入所者の被ばくを防ぐための一時避難所。訓練では、二重サッシや換気装置などを整備した七つの離
島の公民館や玄海町と唐津市の福祉施設に住民が避難する。福祉施設の避難は、計画でマッチングした避難先の施設と連携し、入所者の搬送などを実施する。被ばくリスクを軽減す
るため、高速道路を使って福岡県を経由する広域避難については、唐津市浜玉町の住民が参加する。前回は離島から漁船を使ったが、今回は馬渡島だけで行う。」

3.●●「(佐賀県)福島から佐賀への避難者 内部被ばく来月検査」佐賀新聞2015年01月17日 10時02分???????? 
全文「東京電力福島第1原発事故により、佐賀県内で暮らす福島県からの避難者を対象にした内部被ばく検査が2月5日から4日間、佐賀市の佐賀中部保健福祉事務所で実施され
る。福島県が2013年3月から県民健康調査の一環として進め、佐賀は26都道府県目。対象は原発事故時に福島県に居住し、その後に佐賀県へ避難した人。当時、胎児だった
12年4月1日以前生まれの2歳以上も含む。
検査には福島県所有の車載式ホールボディーカウンター(WBC)を使用し、大気や飲食物から体内に取り込んだ放射性セシウムを測定するほか、一生涯に受ける線量も推計でき
る。立った状態で2分ほどで終わる。検査は無料。結果は1カ月以内に郵送し、内容については専用のコールセンターで相談に応じる。
佐賀県内の対象者は38世帯、85人。福島県県民健康調査課によると、現在までに10人程度の申し込みがあるという。事故から3年10カ月が過ぎての検査となったことに関し
「福島県内もようやく本年度中に1回目の検査が終わる状況。できる限り進めてきたが、遅くなってしまったと思う」と説明している。
検査日時は2月5日が午前10時半〜午後4時半。6〜8日は午前9時半〜午後4時半。7、8の両日は会場の多目的ホールに避難者支援の相談窓口を開設する。検査日の3日前ま
でに電話で申し込む。専用電話080(5743)5867、080(5743)5868。」

政府の動き、
4.「原発比率20%軸に検討…再生可能エネと同程度」読売新聞?1月17日(土)9時55分配信 
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150116-OYT1T50175.html
「政府が、2030年の国内の発電量に占める原子力発電の割合について、太陽光など再生可能エネルギーと同程度の約20%を軸に検討を進める見通しになった。原発を可能な限
り減らすとの方針に沿って、東日本大震災前(10年度)の28・6%から引き下げることになる。
今月末から経済産業省に新設する有識者会議で、発電方法ごとにどの程度の割合にするかを示す最適な電源構成(ベストミックス)の議論に着手する。発電方法別のコストなどを検
証し、今夏までに結論を出したい考えだ。
政府は、14年4月に決めた新しいエネルギー基本計画で、将来の再生エネの割合を「約2割を上回る水準」と決めた。一方、原子力などは決定を先送りしていた。政府内では、
「原発を減らしすぎると電力供給に支障が出るが、脱原発の世論を考えると再生エネ以上の活用は難しい」(政府関係者)などの見方が強まっている。宮沢経産相は、原発の割合を
30%未満にする意向を昨年10月に表明している。」
・・・担当する官僚の誰かが、意図してこの新聞社に漏らしたようだ!
そして、この新聞社がこんな社説を、とんでもない、
5.「エネルギー政策 全原発停止を終わらせよう」読売新聞2015年01月18日 01時03分
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150117-OYT1T50120.html
「・・・電力不足に悩む新興国に安全性の高い日本の原発を輸出することは、日本の成長に資するだけでなく、国際貢献にもつながる。エネルギー資源の乏しい日本にとって、使用
済み核燃料を再利用する核燃料サイクルは必要な政策である。放射性廃棄物の容量削減など、メリットは大きい。・・・原発の活用では、放射性廃棄物の最終処分場の確保は避けて
通れない。候補地選定に道筋をつけることが肝要だ。」

6.「固定買い取り、抑制に異論も 再生エネ、パブコメ3千件 新ルール、一部見送り」朝日デジタル2015年1月17日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11555207.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11555207
「再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、経済産業省は16日、新たに始める再生エネの出力抑制ルールに対する意見募集(パブリックコメント)の結果をまと
めた。3230件の中には反対意見も目立ち、経産省は一部地域で新ルールの適用を見送るなど対応を迫られた。
出力抑制は、火力発電を最大限減らしても、電気があまる時に、太陽光や風力の発電を一時的に止めてもらう仕組みだ。経産省は昨年、太陽光の申し込みが増えすぎて受け入れを中
断する電力会社が相次いだため、抑制をしやすくする新ルールを決め、今月9日まで意見募集をしていた。
公表された意見には、新たに住宅用の太陽光発電が出力抑制の対象になることに対し、「送電網への負担が小さい家庭用の出力抑制は不要」との指摘があった。経産省は、まだ再生
エネの受け入れに余裕のある東京、関西、中部の3電力管内では当分の間、住宅用など50キロワット未満を対象外とすることにした。
経産省が専門家と検証した電力各社の接続可能量についても480件の意見が集まり、「すべての原発の再稼働を前提とするのは問題だ」などの疑問が示された。政府がベースロー
ド電源と位置づける原発は太陽光や風力の給電より優先されるため、原発の稼働を見込むと、再生エネの接続可能量が少なくなるからだ。電力会社間で電気の融通に使う地域間連系
線の増強などを求める意見も108件あった。
■全原発再稼働が前提 今回の運用見直しで突出しているのは、原発の優遇ぶりだ。・・・・
福島県エネルギー課の佐々木秀三課長は「空押さえが再生可能エネルギー導入拡大の入り口を塞いでいる」と批判する。・・・・
太陽光発電などの事業者には不安が広がる。見直しで、「接続可能量」を超えた事業者には、どれだけ出力抑制を頼んでも、電力会社は補償金を払う必要がなくなるから
だ。・・・・
会津電力(福島県喜多方市)は、計画中の約1千キロワットの太陽光発電が無補償の対象になる。「東北電力で出力抑制がどれくらいになるかの見通しを示してくれないと、銀行融
資が厳しくなる」と折笠哲也常務はこぼす。「出力抑制が無制限になったら、もはやFITと呼べないのではないか」」

福島第1原発、
7.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月18日
「17日正午現在 1.118マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホームページから抜粋  前日は1.092マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
8.「漁業者、不満あらわ いわき・地下水放出で説明会」福島民友新聞?1月17日(土)13時17分配信 
http://www.minyu-net.com/news/news/0117/news6.html
「東京電力福島第1原発の建屋周辺の井戸「サブドレン」などから汚染地下水をくみ上げ、浄化後に海に放出する計画で、国と東電は16日、いわき市で漁業者に対して計画の運用方針
案を説明、海洋放出への理解を求めた。参加した漁業者からは「福島県だけに汚染水の始末を押しつけるのか」などと批判した。いわき地区の漁業者を対象とした説明会は3度
目。・・・・」
・・・安易な汚染水垂れ流しは世界中に迷惑をかけます。福島の漁業者の了解だけで流してよいものではない!

9.「営業損害賠償打ち切り撤回を ふくしま共同センター 国と東電追及 藤野議員が同席」しんぶん赤旗2015年1月17日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-17/2015011704_01_1.html
「東京電力福島第1原発事故の被害とたたかうふくしま復興共同センターは16日、国会内で緊急の要請行動をおこない、経産省と東電に営業損害賠償の打ち切り撤回を求めまし
た。原発事故で生業(なりわい)を奪われた福島の中小業者や農民ら45人が上京し、被害者切り捨ての国と東電を厳しく追及しました。
経産省と東電は昨年12月、福島県商工会連合会への説明会で、2016年2月に営業損害賠償を打ち切ることを提案しました。
要請では、同センターの斎藤富春代表委員(福島県労連議長)が「賠償打ち切りは、原発再稼働を進める動きと一体のものだ。国と東電は『オール福島』に挑戦するのか」と迫りま
した。・・・・
経産省職員は、賠償打ち切りの理由を説明できず、「賠償が続くことで商売をやろうという気が起きないという意見もある」などとのべました。これに対し、「侮辱している。国と
東電は、お客さんとの信頼で築き上げてきた人生を奪ったんだ」「被害が続くかぎり、賠償するのが加害者の責任だ。なぜ、加害者が賠償の基準を決めるんだ」と、怒りの声が相次
ぎました。」
・・・経産省官僚の発言はとんでもないです!!

10.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:15 発掘、やっぱやらんと」朝日新聞デジタル?1月17日(土)11時30分配信 (有料記事) 
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11555080.html
「◇No.1157 「また、来てんのか」広野町長だった山田基星(やまだもとほし)(66)は苦々しく思った。役場で兵庫県教委の山本誠(49)を見かけたからだ。山田の
家業は建設会社だ。浜通りの方言は荒っぽいが、一本気で親分肌。それゆえに原発事故後は、町民の行く末を背負っているとの一念で走り続けてきた。2012年3月31日、町長
職権で出していた避難指示を解除した。年末までには全員に戻ってもらおうと考えて復旧・復興を進めていた。その矢先、山本が顔を出すようになった。兵庫県から福島県へ派遣さ
れているという。・・・・・
あの住宅は復興の第一歩だ。よその人間が勝手なこと言って、邪魔する気か。顔を見るのも嫌だった。・・・・
あれはいつの夜だったか。季節は秋になっていた。いつものように大好きな日本酒の一升瓶を取り出した。コップに氷を浮かべてグビリとあおる。腹に染み渡る酒のうまさを味わい
ながら、2人の孫のことを思った。・・・あの子たちが町の歴史を学んだら「広野っていいね」と思うだろう。ふと、そんな考えがよぎった。ふるさとの文化は、町への愛着も育て
るだろう。町民に帰ってきてほしいなら、遺跡を埋めて住宅を建てるのは逆なんじゃないか――。翌朝、山田は職員に言った。「発掘、やっぱやらんとな」」

11.「尾瀬入山、福島県側から10万1600人 23年以降最多、震災前の93%」福島民報?1月17日(土)10時33分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00000036-fminpo-l07
「平成26年の尾瀬国立公園の入山者数は、福島県側の登山口が10万1600人で、前年を5700人上回った。東日本大震災、東京電力福島第一原発事故が起きた23年以降、
最多となった。震災前の22年の10万9400人と比べて、93%まで回復した。環境省が16日、発表した。登山口別に見ると、福島県側最多の沼山口は7万1500人で前年
より6500人増えた。会津駒ケ岳に続く滝沢口は9900人で前年より1600人増加した。一方、御池口は1万4400人で1000人減、猿倉口は3500人で500人減、
馬坂口は2300人で900人減だった。・・・・」

12.「(福島県)17日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量測定値」福島民報1月18日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

13.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野新聞1月17日17:35
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150117/1842679
▼空間放射線量率(17日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

14.「(栃木県)指定廃棄物最終処分場問題 環境省、塩谷の質問書に「現地再確認したい」」産経新聞?1月17日(土)7時55分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00000051-san-l09
「福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場候補地に塩谷町上寺島の国有林が提示された問題で、環境省の小里泰弘副大臣が16日、町役場を訪れ、町が環境省に提出し
た質問書の回答を見形和久町長に手渡した。質問書の中で、候補地とされた国有林では処分場の必要面積(2・8ヘクタール)の確保が困難とした町の指摘について小里副大臣は
「近日中に現地を確認したい」との考えを示した。・・・・」

14’.「【栃木】塩谷町立ち会い再確認へ 最終処分場の面積で対立」東京新聞2015年1月17日 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150117/CK2015011702000167.html

15.「【千葉】原発事故の賠償 弁護士から学ぶ」東京新聞2015年1月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150117/CK2015011702000147.html
「東京電力福島第一原発事故による損害賠償を学ぶ「『一からわかる原発被害と損害賠償』勉強会」が二十一日午後一時半から、松戸市の交流サロン「黄色いハンカチ」で開かれ
る。参加無料。・・・・・」

原発立地地域、
16.「宮城・女川原発:国内最大規模800m防潮堤 識者が視察」毎日新聞2015年01月17日 10時14分
http://mainichi.jp/select/news/20150117k0000e040190000c.html
「東北電力女川原発2号機について、宮城県と、立地する女川町、石巻市が設置した安全性検討会メンバーの有識者が16日、現地視察し、防潮堤の工事など東日本大震災後の安全
対策の実施状況を確認した。
出席した座長の若林利男・東北大特任教授ら5人は、東北電の担当者から説明を受けながら、電源喪失時の訓練の様子や、2号機原子炉建屋の耐震工事の実施状況を視察。震災で押
し寄せた高さ約13メートルの津波を踏まえ、国内最大規模となる海抜約29メートル、全長約800メートルの防潮堤の建設現場にも立ち合い、工事の進み具合を見た。防潮堤は
地盤に直径2.5メートルの鋼鉄製の下くいを打ち込み、その上にもくいをはめ込んで並べていく。・・・・・
2号機の安全対策については、原子力規制委による新規制基準の適合性審査が進んでいる。審査合格後に実施される工事に、地元自治体として事前了解を出すかの判断材料とするた
め、検討会が視察も踏まえ課題を点検している。」

17.「浜岡原発再稼働許さず 静岡 島津議員が3市長と懇談」しんぶん赤旗2015年1月17日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-17/2015011704_02_1.html
「日本共産党の島津幸広衆院議員は16日、山村糸子・党静岡県委員長、党市議会議員とともに、牧之原、菊川、掛川の各市の首長と懇談しました。・・・・牧之原市の西原茂樹市
長は、「浜岡原発は議会が永久停止の決議をしていて、私も同じ立場です。再稼働しないよう愚直に言っていく。それでも、もし再稼働するということになるなら、住民投票をした
い」と答えました。・・・ 菊川市の太田順一市長、掛川市の松井三郎市長とも同様の懇談をしました。」

電力会社、
18.「プルサーマル実施時期「再検討が必要」 電事連会長 青森で報道陣に見解示す」デーリー東北新聞社?1月17日(土)12時55分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00010000-dtohoku-l02
電気事業連合会の八木誠会長は16日、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を原発で燃やすプルサーマル計画について、16〜18基で実施するとの現行目標を当面維持する方針
を示した。ただ、同時に「2015年度までに」と掲げる実施時期に関しては「難しい。再検討が必要だ」とあらためて強調した。新年のあいさつで六ケ所村役場と青森県庁を訪問した
後、報道陣の取材に答えた。・・・・」
・・・止めると言っているわけではない。このyぷに言わせるほどプルサーマルは危険なんでしょう!

海外、
19.「インド訪問の岸田外相、モディ首相と会談」TBS系(JNN)?1月17日(土)7時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150117-00000018-jnn-pol
「インドを訪問している岸田外務大臣は、日本時間の16日夜、首都ニューデリーでモディ首相と会談し、国連安全保障理事会の改革などで連携していく方針を確認しまし
た。・・・・日本の原発技術や新幹線などのインドへの輸出についても意見交換しています。」

阪神大震災関連、
20.「「3.11」に黙とう=二つの被災地「震災忘れぬ」−神戸」時事通信2015/01/17-16:59
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015011700219
「阪神大震災の発生から20年となる17日、追悼の集いが行われた神戸市中央区の東遊園地で、東日本大震災が起こった「3.11」をかたどった竹灯籠に火がともされた。地震
発生時刻の午後2時46分、参加者らは東北に向かって黙とうし、犠牲者らの冥福を祈った。
「東日本大震災でも既に風化が始まっている。忘れないでほしい」。ひょうごボランタリープラザの招きで訪れた宮城県名取市の仮設住宅に住む自営業長沼俊幸さん(52)は訴え
る。・・・・」

21.「「本当の復興 なお時間」 阪神大震災から20年」佐賀新聞2015年01月17日 10時26分 
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/146539
「6434人が亡くなった阪神大震災から17日で20年。神戸市東灘区で被災し、営んでいた食堂が全壊した溝部昭さん(78)は、震災後に唐津市浜玉町の山あいに移り住み、
うどん・そば店「狐狸庵(こりあん)」を開いている。当時の知人とのつながりを今も大切にしている溝部さんは、「本当の意味での復興にはまだ時間がかかる」と感じてい
る。・・・
4年前に起きた東日本大震災は「津波も原発もあって、神戸とは比較にならないほどひどい」。胸を痛めた。少しでも力になれればと店で福島の郷土料理を特別に振る舞い、売り上
げを義援金にした。原発事故で家族や友人と離ればなれになり、何年もふるさとに帰れなくなった人のことを思うと、何事もなかったように再稼働へと向かう流れに違和感を感じて
いる。・・・・
当時の友人たちとの会話の中で一つだけ気がかりなことがあるという。「震災を引きずっている人はたくさんいる。表面上は復興したといわれるが、庶民の問題はそっちのけのよう
な気もする」。」

22.「20年・約束:阪神大震災 2度の大震災経験、家族へ 頭井裕央さん」毎日新聞 2015年01月17日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150117ddm041040137000c.html
「・・・・2度の大震災を経験し、自宅の玄関内の物置スペースには、乾パンなどの食糧や水を入れた防災袋とオムツを用意しています。これからも防災を意識し続け、何があって
も家族を守り抜きます。
・・・・2度も被災、検索してどうぞ。

23.●「【特報】借り上げ復興住宅で退去期限 阪神大震災、20年後の二次災害を懸念」東京新聞2015年1月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2015011702000151.html
「阪神大震災から二十年。しかし、一部の被災者にとり、震災はいまも続いている。震災直後に入居した「借り上げ復興住宅」の入居期限は二十年。今年以降、順次、退去時期を迎
えるためだ。入居者は昨年末で、兵庫県内では計約四千二百世帯、五千九百人。圧倒的に高齢者が多い。強制退去となれば、近所とのつながりが絶たれ、「孤立」という二次災害が
発生しかねない。・・・・」
・・・詳細は紙面のようです。借り上げ住宅20年で追い出し・・・福島でも将来起きると思われる!

24.【1月18日】阪神大震災、救援態勢の遅れ露呈(1995年)」西日本電子版2015年01月18日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53900/1/

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
5面下方に、
25.「太陽光施設に指針作成へ」
・・・「環境省が国立・国定公園の特別地域にある希少野生生物の生息地で・・・」

2面の見出しに、
26.「米軍「自衛隊に核武装を」冷戦下50年代後半「米公文書」日米図上演習で原爆使用」「反核世論加速し幻に」
・・・・いつの時期にもとんでもない話が裏でされているようです。いま、原発のことはどう打ち合わせされいることか??

今朝は以上です。(1.18.4:30)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 色平哲郎 さんから:
そもそも2015年は沖縄から日本が動くかもしれない
http://www.dailymotion.com/video/x2db7rb_

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s  
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
         http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分〜(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
   地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
     第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
             原告総数 原告総数  8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● さよなら原発!3・11福岡集会● 
 <福島を忘れない・原発再稼働を許さない>
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から天神周辺
集会チラシ:http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会 
福岡市立中央市民センター 午後6時から20時30分
福岡上映会チラシ: http://tinyurl.com/lk26ckl

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
     ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       <九電本店前ひろば、2015年1月5日(月)から> 
        午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内